ブログ村

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

社会

2017年10月24日 (火)

やはり台風で犠牲者が・・・NHK衆院選バイト男性

 22日の台風で、衆院選のためにやはり犠牲者が出ていた。

台風21号:6人死亡、衆院選アルバイト男性も (毎日新聞 2017年10月23日 21時55分 )

>三重県度会町鮠川(はいかわ)では23日朝、県道脇ののり面に乗用車が転落しているのが見つかり、車内から同県玉城町久保、山口貴大さん(29)の遺体が発見された。県警伊勢署によると、現場道路は台風の影響で約3メートル冠水。山口さんが水没した車中に閉じ込められたとみて調べている。

>NHK名古屋放送局広報部によると、山口さんはNHK津放送局が選挙の開票報道の一部を委託した会社のアルバイト従業員で、22日は衆院選の出口調査や開票取材を行っていたという。

気の毒に、安倍が必要のない選挙をしなければ死ななかったはずの命だ。まだ前途ある若者が犠牲になったのは残念でならない。ご冥福をお祈りします。

だが、委託先の会社の指示によるものとはいえ、NHKにも責任がないとはいえない。あのような台風が猛威を振るう中、とくに川の氾濫している中を無理な仕事をさせるべきではなかった。少なくとも安全管理を優先させた上で業務を依頼するべきだったろう。

開票作業について政府が台風対策をとっていれば、また、NHKが無茶な取材をさせなければ、と思わずにはいられない。

思うのは最近の台風報道を見ていると、無理に強風現場に出て報告するのが視聴者のためだと勘違いしているように思うが、あまりにも人命を軽視してはいないか。「仕事だから台風の中でも行かなきゃいけない」というような考えは日本人特有だと思う。精神論で語り、人命を考えない。問題が起きてからのリスクを考えないのだ。

最近はこの手の若者の事故死が多過ぎる。いつも企業側の不手際のために犠牲になっている。
NHKはこの間過労死の問題が取沙汰されたばかりなのに、まったく反省がないらしい。

受信料を払う方の落胆はすさまじい。

web拍手 by FC2

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2017年10月23日 (月)

TBS元記者山口レイプ事件の投稿映像次々削除。独裁社会はもう始まっている

 最近の選挙タイフーンで知らずにいたが、例の山口敬之氏関連の投稿映像がyou tubeからどんどん消されているらしい。テレビでモーニングショーなどで以前報道された映像を視聴者が上げていたのだが、政権がこのどさくさで削除に動いているようだ。

我がココログの@n○ftyさんですらこの件の記事をいつの間にか削除している。何かお達しがあったのか運営側の忖度かわからないが、いい傾向でないのは確かだ。

安倍政権になってから国会議事録は平気で後からいじるし、ウソをついても平気で居直るし、レイプ事件はもみ消すし、オトモダチには税金上げるし、モラルはどうなっているんだと言いたい。こんな政権が居座ればそりゃ警官が横領しても知らん顔、教員は暴力を振るっても責められないし、会社役員が不正しても追及されないだろう。

拙記事(1) (2)で書いたように、良心的な通販サイトですら消費者を軽んじ出すのも無理はない話だ。このままいけば生活が苦しくなるというよりも、買い物自体がおぼつかなくなり、戦後まもなくような闇市が立つような胡乱な世の中になりかねない。

きっと近いうち、このような批判記事を書くブログなど消されてしまうだろう。

悪いことは悪いんだと自信を持って表明することが、良心ある社会を守る唯一の方法なのかもしれない。

web拍手 by FC2

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2017年10月17日 (火)

「反日左翼」「パヨク」この手の言葉はみな可哀そうなオジサンたちの断末魔(2018 5月29日加筆)

最近聞く話で驚くのは、若者たちに安倍自民を応援する声が多いらしいということです。
なるほど、彼らの立場になってみると、受験勉強中の高校生や、やっと大学へ通い始めたばかりの若者、社会へ出て仕事に追われる人たちなどは、選挙と言われても情報を集める暇も手段もわからないでしょう。


そんな汚れに染まらぬ彼らの耳に、自民を始めとする政権側の人間が「野党はだめ」「民進はクズ」「立憲なんて烏合の衆」「共産はアブナイ党」と囁きかけるのです。


とくに近頃ネット上でよく見かける下品な罵倒の言葉、タイトルに挙げた「左翼」「反日」「パヨク」「売国」などの数々は、見る人にネガティブイメージを与えるいやな言葉です。ちょっとブログやツイッター上で政権批判などをすれば、すかさずこれらの罵倒語が並び、たちまち炎上の憂き目に遭うのです。



①彼らは「何者」なのか?

いきなり示し合わせたようにウンカのごとくやってくるあの人々、正体が謎です。

数々の証拠がネットユーザーから届けられ、その一端は

『自民党が創設した自民ネットサポーターズ』

あるいは

『選挙中、不利な情報がないか見張るためにつくられたT2ルームと呼ばれる内閣府の一部署(第二次安倍政権誕生時の衆院選の前後にできたはずが、なぜか現在も解散されていない)』

が担っていると言われています。


しかも最近では日本青年会議所が暗躍していることが暴露されました。

この国の根を腐らすもの――徐々に明らかになる『ネトサポ』の正体 日本青年会議所公式キャラクター『宇予くん』騒動から


(ほかにも・・・)
歪んだ日米関係 ここまで不平等な地位協定は世界で日本だけ。このアンフェアさは岸・吉田レジームにあった /五輪にかこつけてネット監視する政府

「日本の報道の自由に懸念」安倍政権、ついに国連人権審にメディア規制を指摘される。自民ネトサポの正体とは。一方、人権問題でも日本が集中砲火。日本「そんな事実はない」




さらには

『ヤフコメ批判コメ潰し一記事300円。あるいは時給2000円』として、政府から指示を受けたらしき業者がアルバイトを募集していたことも暴かれ、だんだん『政府がネトウヨを作り出している』という言説が真実味を帯びてきました。
Photo




また、この間安倍サンの演説の際、SPが「いまどこにいる?ちょっと来てくれ」と無線連絡すると、すぐに謎の男たちが『朝日偏向報道』のプラカードを持ってどやどや現れたという目撃ツイートもありました(もちろん写真付きで)。


しかも安倍批判のヤジが飛ぶと、すかさず「この反日が!」と強面黒スーツのオジサンが罵声を飛ばしたそうです。その人の胸には『日本会議』のバッチが光っていたとの目撃情報が。



何にしろ、多少自分たちと意見が異なるからといって、人のサイトに土足で入り込み、火をつけて逃亡するのですから完全な嫌がらせ、暴力行為です。ネットの匿名性を利用した犯罪といっても過言ではないでしょう。



ここで思うのは冒頭にあげた話、若者たちがこの下品な言葉を発するオッサンたちの言い分を鵜呑みにし、自民を応援する恐ろしい現象です。


そもそもこのおっさんたちの中には政府の雇った人材だけでなく、政府側の洗脳を真に受けて信じ込んでしまった方も交じっていると思われます。


時々検索でヒットするサイトの中で「朝日に騙されないために」などと書かれているのを見ると悲しくなります。なぜ自分が「フジ産経・読売」に騙されていないと思うのでしょうか。偏向の割合が違います。




なお、なぜか米軍も沖縄の反基地運動を敵視し、沖縄二紙の社説を逐一チェック、グラフ化までしているのですが、朝日新聞についても『左寄りの新聞』とどこかの総理と同じことを言っています。なんででしょうね。



沖縄を理解するための「五つの物語」 CIAが示した、その内容とは 2018年5月28日 15:45 沖縄タイムス 
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/258264



(アメリカは戦後特に「赤狩り」に力を入れていて、反米感情を特に警戒していました。先行して自国でも「赤狩り」を行った結果、『やり過ぎだ』と国内から反発があり、渋々控えたという歴史があります。)



最大に悲しいのは、ネトウヨからすれば、安倍さんに逆らう天皇陛下ですら「反日左翼」、右翼で有名な小林よしのり氏も、「反日左翼」だそうです。ついでに言えば安倍さんを批判する海外メディアも「左翼紙」だそうです。



②彼らの身の上

社会学者や心理学者の分析では、現在の不遇な身の上を受け入れられない貧困層が主な支持者で、自分で自分の首を絞めているのに気付かないそうです。トランプ政権の支持者と似た傾向があるという話でした(もっとも問題は複雑で、安倍政権で恩恵を受けた高所得者層にも支持者が多いという)。


ネット分析 子供があって裕福な人ほど…「炎上」参加者はこんな人 毎日2016年4月2日』 https://mainichi.jp/articles/20160402/mog/00m/300/003000c



しかし、最近問題になった『弁護士炎上大量懲戒請求事件』において、何千通もの懲戒請求を送ったネトウヨたちが、実は一番若くて40代、50~60代の人が多かったことが判明して世間を驚かせました。



『暇のある4代目経営者』というのは青年会議所に入っている率が高い、ということで、上で触れた『宇予くん事件』の関連性を思わせます。


ネトウヨは決して『引きこもりの若いニート』という偏見通りではかったのです。
Photo_2

Photo_3


若者でなくとも、他人を根拠なく汚い言葉で罵倒するだけの人間など、実生活では相手にしませんでしょう。


『ネトウヨ』と呼ばれる彼らの言葉は時に矛盾だらけです。


とにかく『安倍さんを批判する者が悪い』『悪いのは野党』と思考停止のコメントばかり。



何を根拠にそう言っているのか、あるいはとにかく束の間スカッとしたいから叩いているだけなのか。どちらにせよ卑怯で許されざる振る舞いです。






政権を批判するのは、管理される側である国民の、最大限身を守るための自衛行為です。


政府の通達一つで翌年の給料、雇用環境、税額が大きく変わるのですから。政府の力は、我々の思っている以上に大きなものです。

権力者の指示ひとつで無罪を有罪に、社会保障を半年後には減額でき、法律を都合よく改変できるのです。


③人を「左翼」と呼ぶ、彼らの心の歪み

人を「左翼」と呼び続ける人の言動を見てください。



彼らの口から「国を守る」という単語は出てきても、弱者の側に寄り添った発言は出てきません。



障害者や事件被害者への酷い罵倒、差別。



生活保護を受けている方々への暴言。



原発事故の被害者や沖縄で苦しむ人々へも「プロ市民が」「金をもらってんだろ」などの酷い偏見が並びます。


いつ何時、事故や天災で家や家族を失い、障害者になったり生活保護や補助金のお世話にならないとも限らない。



そのための救済制度が生活保護や補助金、奨学金制度であり、そのために我々は税金を納めていることを忘れてはいけません。



簡単に人に偏見や差別を向ける彼らとて、「今は」運よく世話になっていないにすぎないのです。生活が苦しいからといって、国の補助を受けている人を妬んで悪く言うのは恥ずかしいことです。



生活保護カットで最低賃金が上がらなくなるのに…安倍政権に騙され弱者が弱者バッシングに走る日本社会 (リテラ 2017.12.11.)


東京新聞のコラム『筆洗』で示唆的なことを言っています。

>総合研究大学院大学で動物行動学を研究する沓掛展之(くつかけのぶゆき)さんらが、東アフリカの湖で集団生活を送るカワスズメの一種で実験を重ね、世界で初めて確認したという

>大・中・小と体長に差がある三匹のカワスズメを水槽に入れておくと、「大」が「中」を攻撃する。すると、「中」は「小」を攻撃し始める。この八つ当たりには大切な意味があると分かったそうだ

>つまり、集団内での自分の地位を守るために「中」は「小」に当たっているというわけだ 
 (東京新聞 筆洗 2018年2月3日)



では具体的に気を付けねばならないデマ記事とは何か。

その大抵は野党の政策の中身そのものへのきちんとした検証をせず、とりあえず「民主時代より云々」と述べているもの、記事タイトルに「立憲は~」「左翼が~」「韓国は~」「在日は」などと書かれているのは危険です。




沖縄の事件をまともにとりあげず、基地反対派を貶めようとデマ記事を書く産経新聞も感心しません。



『産経新聞が削除、おわび 「沖縄米兵が日本人救出」記事』東京新聞 2018年2月8日 夕刊 http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201802/CK2018020802000254.html?ref=rank



読売も最近政権をアシストするあまり、前川・前文科省事務次官を貶める記事を書き、批難されました。

全国版で一斉に当該記事を載せたことから、読売は上の指示で書かされたのではとも言われています。



多くの新聞・報道に視野を広く持ち、根拠のない政権擁護や野党批判は耳を貸さない分別を身に着けたいものです。

web拍手 by FC2

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

介護の実態は知られるな。「選挙に響く」厚労省の本音

またもや省庁の政権への忖度が明らかに。もういい加減にして欲しいです。

介護経営調査 公表先送り、厚労省「選挙に配慮」 (毎日新聞10月16日)

>2018年度介護報酬改定の基礎資料となる介護事業経営実態調査の結果公表を厚生労働省が衆院選後に先送りしていたことが、同省関係者への取材で分かった。社会保障費抑制の観点から介護報酬は厳しい改定になる見通しで、今回の調査結果は財務当局が報酬引き下げを主張する後押しになるデータも含まれる。引き下げ論が強まれば介護事業者らの反発も予想され、同省幹部は「選挙に影響を与えないため、公表を遅らせた」と明かす。

厚労省といえば年金や介護、労働、生活保護など、我々の生活に密接に関係する事柄を預かっている部署です。なのにこの記事からは、彼ら官僚が私たちの側ではなく、政権の顔色を窺って仕事をしていることが垣間見えました。

つまり政権に不利な情報は選挙中に出したくない、現政権にはずっと続いて欲しいと考えている連中が多いということです。安倍サン大発明の内閣人事局の創設により、安倍サンの覚えめでたくなって出世したいと考える邪な輩がいるのかもしれません。実際、森友問題の追及に耐えた佐川財務局長が、国税庁長官になったのも記憶に新しいです。

以前の選挙でも、不利な情報は出さないよう、わざと自民が公約に触れなかった憲法改正や秘密保護法制定などがあった気がしますが、勘違いでしょうか。

とにかく、国民、いえこの国土に生きる全ての人たちを馬鹿にする政治家・官僚たちを一掃したいと本気で思った一日でした。

web拍手 by FC2