ブログ村

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 教育崩壊! 教委に失望して高校生が死に、教師が教師をいじめ抜く | トップページ | 八ッ場ダムありがとうの嘘 安倍、二階「まずまず」発言について「コメントは控える。確かめていない」 »

2019年10月15日 (火)

二階「台風被害まずまず」の安倍自民 去年の「赤坂自民亭」に続き、国民軽視

 最強台風一過で、河川氾濫、死者がかなりの数にのぼっている中、政権与党・二階がおととい13日、「予測よりまずまず」と発言した。

政権を担う側の発言として見識を疑う発言で、批判が集中したものの、二階は今朝の段階では「発言を撤回するもしないもない」とか言って意地になっていたが、ついに撤回した。


二階氏「まずまずに収まった」発言を事実上撤回 - 毎日新聞

>「被災されたみなさまに誤解を与えたとすれば、表現が不適切だった」



これが政権中枢を担う政治家様のご発言だ。

しかし、この「誤解を与えたとすれば」という言い方。「誤解」っていったい何だ? 被害が想定よりまずまずだったんだろ?それ以外の意味がその発言の中にあるとでもいうのか。しかも誤解した方が悪いってか。改めて、この政権は国民―わたしたちに対し、冷淡で他人事なのだな、と認識させられた。


しかも、これが初めてではない。去年のいわゆる『赤坂自民亭』のオトモダチ飲み会についても、二階は「目くじら立てるな」と発言、顰蹙を買っている。

018年7月18日 (水) 反省の色なし!あ然とする自民の他人事感 麻生「(自民亭が)あんな風にとられ甚だ残念」二階「目くじら立てるなや」アベ「知っていたからこそ万全だった」






そりゃ軍事費だけ上げてカジノで金儲け、肝心の社会保障を削減して、『年金支給開始を遅らせて75歳まで受け取りを遅らせられるよ、お得だよ』って平気で言える政権だよ。


みなさん覚えてますか? あの時、野党が災害対策のため 国会審議の延期を申し入れたのに、 与党が『いや、やる!』と拒否したのを。じゃあどんな重要法案を審議したか? カジノ法案ですよ。被害がものすごかったというのに、赤坂自民亭をやった挙げ句、カジノ法案が可決されたのです。被害のあったその月、7月中にです。これは異常なことなのです。



2018年7月11日 (水) 人命よりカジノと選挙 アベ、静岡県議と会食 「誤解を与えた」西村官房副長官、飲み会写真で謝罪 参院6増案可決。石井国交相、災害放っぽいてカジノ審議

2018年7月20日 (金) 被災地軽視に山本太郎激怒 わずかな審議でカジノ・参院定数増が可決。約束も守らず、アベの中身空っぽの支援策



見てください。今も野党が災害対策のため 『予算委員会の延期』を申し入れているのに、 与党はやはり『いや、やる!』と拒絶しています。

あらたな予算を組むことなく、わずかな予備費でまかなおうとしています。


去年の大阪地震と台風被害、まだ被災者の家にはブルーシートがかけられています。私の親戚の家もそうです。補助金はわずかな額しかもらえず、損壊した箇所をどうにかするには難しい状況です。



二階をはじめとして、自民の幹部はこんな酷薄で金儲けのことしか頭にない連中ばかり。


まだ被害状況が明らかになっていないのに、二階も安易に結論づけるからいけない。そもそも、安倍は台風接近に関してまったくツイートを呼びかけず、ラグビー勝利のコメントを優先し、「被災者に元気と勇気与えた」などと他人事。被災者はテレビ見る余裕ありませんよ。


安倍首相が台風被害拡大の中「ラグビー」勝利に大はしゃぎツイート! 「夜を徹して救助」命じながら自分は私邸に帰り試合観戦|LITERA/リテラ

>「夜を徹して作業に当たってほしい」などと指示しておきながら、安倍首相自身はなんと、17時34分に首相官邸を後にし、富ヶ谷の私邸に帰宅

>、台風上陸時には一切何も発さなかったというのに、日本代表が勝利するとすぐさまツイートを更新


安倍さんは12日、とくになにをするでもなく公邸でやすらかにお過ごしになった。確か去年の7月の赤坂自民亭のときも私邸でのんびりしていたな。


12日の首相動静 〈午前8時現在、公邸。朝の来客なし。 午前中は来客なく、公邸で過ごす。 午後も来客なく、公邸で過ごす。 午後10時現在、公邸。来客なし。〉

2018年7月 8日 (日) アベ「時間との戦いだ!」 でも昨日は私邸でのんびり。さらには外遊優先のため『緊急』災害対策本部でなく『非常』対策本部を設置?



・・・いやいや、あんた総理なんだからやることあるだろ。他人事だから、何やったらいいかわからないんだ。






振り返ると、本当に安倍自民は国民を軽視している



安倍首相「災害ないがしろ」の歴史 国民が被災してもオトモダチとの会食優先|LITERA/リテラ

2014年2月に起こった山梨県の豪雪では、その最中に支援者らと赤坂で天ぷら料理に舌鼓

同年8月の広島土砂災害では「災害応急対策に全力で取り組む」と宣言したあと、富士桜カントリー倶楽部で日枝久・フジテレビ会長(当時)や笹川陽平・日本財団会長らとゴルフ

2015年の関東・東北豪雨では、孤立して救助を待つ人びとや不明者も多数いたというのに、インターネットテレビ「言論テレビ」に生出演して櫻井よしこや田久保忠衛・日本会議会長とともに安保法制の必要性をアピール

>2017年も、G20首脳会談出席のための外遊中に九州北部豪雨が発生したが、G20閉会後も外遊を続行。緊急性もない外遊から帰国しなかったのは、加計問題追及の閉会中審査に出席したくないから

赤坂自民亭(ブログ筆者注:2018年7月)

昨年9月、関空など西日本を直撃した台風。台風直撃の翌日、平成最大規模の約50万軒で停電がつづき、関空にも多くの人が取り残されているなか、安倍首相はなんと総裁選の票固めのため新潟県に。ホテルの宴会場で開催された「安倍総裁の3選を実現する新潟県民の集い」に出席

今年9月の台風15号。安倍首相は事前に関係閣僚会議も開かず、総理指示も出さず、非常災害対策本部を設置することもせず、そのことで停電復旧が長引き、10日には熱中症による新たな犠牲者まで出す事態となっているにもかかわらず、上陸2日後の11日内閣改造を強行。ところが、安倍首相は初動対応の遅れを批判されても、相変わらず関係閣僚会議の開催を拒否し、ついには自身のTwitterアカウントでも台風15号に一切言及することなく現在にいたっている。



関連:

NHKが台風19号接近のさなか台風情報に安倍政権PR紛れ込ませ! 高市早苗総務相の無内容な災害対策会議を強引に報道|LITERA/リテラ



あと、台風に関連して、妙なツイートが出回っている。

民主党政権時、揉めに揉めた末、結局野田政権がゴーサインを出した『八ッ場ダム』が、この度の台風で活躍したという話だ。

これはまだ試験運用で、効果のほどを結論づけるには早いと思うのだが、なぜか「公共事業は最高」「八ッ場ダムありがとう」「感謝だね」などというコメントがあふれている。あるいは上の事情を知らず、野党批判に利用しているものも散見された。

なんか妙だな、と思っていると、同じように疑問を覚えられた方がツイートしていた。



西島和さんのツイート: "ダムが洪水ためた!ダム万歳!みたいなツイートをみかけますが、試験湛水中だし、ピークカットしないと意味ないし。運用開始後は、非洪水期で治水容量すらあいておらず、下久保ダムのように緊急放流検討という状況になる可能性も。ダム中止して5000億円を一般堤防の整備・強化にまわすべきだったのに… https://t.co/LdI7l40Lic"

八ッ場あしたの会さんのツイート: "ホームページにアップしました。 八ッ場ダムのおかげで首都圏が助かったという声が聞かれますが、八ッ場ダムの洪水調節効果が過大に評価されているようです。 「台風19号、利根川における八ッ場ダムの洪水調節効果」 https://t.co/gOOBrdQqQ5"


どれも一理ある指摘なのだが、なぜかこれに対し、大量の非難ツイートがぶら下がった。


「素直に喜べないの?」「じゃあダムなくして死者が出たほうがよかったの?」「立ち退きした方には感謝だね」。


しかも、これらの反論ツイートは、やけに数字や法律用語を駆使し、詳しいものが多い。気に入らないツイートに対し、すぐさま専門用語で批判できるって、一介の市民ではないよね(よく読むと実は本質からずれていたり、根拠になっていなかったりするのだが、どちらにしろ、絶妙に論点そらししている)。

それは今回の政府の対策の遅れに対し、「なぜ早く災害対策本部を設置しない」という声に対する批判も同様だ。


事実、9月の台風でも被害出たというのに、無理やり内閣改造を行い、連日小泉進次郎に注目させていた。こういう姿勢はそもそも法律以前の問題だろう。法律でそうなっている、というなら、自然災害が頻発する中、事前に設置できるよう求めるのが政府与党の姿勢ではないか。


そういった本質的な問題から目を逸らすため、これらのツイートは必ず絡んでくる。しかも知識の無い者が見ればあたかも指摘した側がおかしいかのような印象操作を行う。最近、ツイッターの利便性も怪しくなってきた。こういうデマや怪情報、印象操作がいちいち頻発するようでは、窮屈で言論もあげられない。


ほかにも、安倍の官邸アカウントの投稿時系列が改ざんされている、という噂もある。確かに、本当にラグビー投稿前に被災者支援の投稿があれば、見張っている数々のうるさい人々(リテラや日刊ゲンダイや安倍批判の人々)が見逃すはずがない。


まあ、安倍はこの国の根幹をなす統計データをも改ざんさせる男だ。ツイッターの時系列を変えるくらいわけないだろう。にしても毎度やり方が姑息である。


少なくとも、安倍が総理になるまで、こんな変なことはおこらなかった。ツイッターで政権批判しても、今のように大量にクソリプがぶらさがることもなかった。


嫌な感じである。



あと、この間の小泉の息子大臣が国際会議で言い放った「セクシー」について、政府が閣議決定したようだ。いちいち政府が言葉の意味を決定するって、どうかしてないか? 「そもそもには土台の意味が・・・」


セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言 - 毎日新聞




 

 


web拍手 by FC2

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« 教育崩壊! 教委に失望して高校生が死に、教師が教師をいじめ抜く | トップページ | 八ッ場ダムありがとうの嘘 安倍、二階「まずまず」発言について「コメントは控える。確かめていない」 »

政治」カテゴリの記事