ブログ村

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月

2019年4月28日 (日)

トランプ、日本主導の武器貿易条約署名撤回 メンツ丸つぶれのアベさん、その晩に真珠のボタンをプレゼント

 問題山積みの10連休が始まった。アベは桜田五輪相や塚田副国交大臣の任命責任をとらないままだ。

アクセス:「任命責任」どう取る? 閣僚不祥事の度に「私にある」 首相、説明なく幕引き - 毎日新聞 

Photo_37




この空前の10連休に医療機関や介護現場の悲鳴が聞こえてくる中、昨日のTBS報道特集では、契約社員の手取りが減るという別の視点での連休の問題点を指摘していた。確かに、今や4割の人々が非正規雇用として働いている。その影響を考えなかった政府は不見識と言われても仕方がないだろう。私の甥も専任契約教諭とかいう、担任を受け持つ契約教員で、もう3年になるが非正規のままだ。教員まで非正規で使い続ける教育に未来はないと思う。


そもそも、10連休にせねばならなかった理由がわからない。メーデーの1日に新天皇即位式をぶつけ、自分たちは外遊で5億もの税金を使う大臣たち。
 

安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃|日刊ゲンダイDIGITAL


こいつら、何しに行くのかね?遊びに行く気まんまんである。新天皇即位式が午前で終わり次第、外国へ出立するというのだから呆れる。愛する日本のために何かしようとは思わんの?

一足先にアメリカに飛んだアベさん、なんとその日の晩に会う予定があるのに、トランプは日本主導の武器貿易条約の署名撤回を宣言した。それも銃乱射テロの多発するこの状況で、全米ライフル協会の演説で、である。アベさん、ホントにこの人がノーベル平和賞にふさわしいと思ってるの?


東京新聞:トランプ氏、武器貿易条約の署名撤回 銃所持者の権利侵害:国際(TOKYO Web)

>トランプ米大統領は二十六日、中西部インディアナ州で開かれた全米ライフル協会(NRA)の年次大会で演説し、通常兵器の不正な取引などを防止する武器貿易条約(ATT)への署名を撤回すると表明した。オバマ前大統領が二〇一三年、条約に署名したが、共和党が多数を占める米議会上院で賛同を得られず、批准していなかった。


>ATTは銃やミサイル、戦車などあらゆる通常兵器の輸出入を規制する初の国際的な取り決めで、兵器が市民虐殺やテロに使われないようにするのが目的。日本などが交渉を主導して一三年に国連総会で採択され、一四年発効し、現在は百以上の国・地域が参加している。武器輸出大国のロシアや中国のほか、北朝鮮なども署名していない。


武器輸出大国、中国やロシア、北朝鮮などのヤバイ国々ならいざしらず、同盟国、それも常々アベさんが「日米関係の強化」といっている相手が核禁止条約に続き、武器貿易条約まで降りると言い出している。13年に国連で採択されたのだから、一応アベの数少ない成果の一つだったはずが、当の同盟国アメリカに突っぱねられてしまった。


これは完全にアベの(日本の)メンツが潰されたと言っていい状況だが、その日の晩、アベさんはトランプ夫妻と夕食会を行ったという。


メラニア夫人にお茶セット トランプ氏には真珠のカフスボタンをプレゼント - 毎日新聞

>安倍晋三首相と妻昭恵氏は26日夜、日米首脳会談後にメラニア米大統領夫人の49回目の誕生日を祝うため、トランプ大統領夫妻との夕食会に出席した。



成金趣味のトランプに対し、前回は金色のゴルフクラブだったが、今回は『真珠の』カフスボタンをプレゼント。アベさん、この時点でトランプのライフル協会での演説内容は聞いているはずで、何も言わなかったのだろうか。


日本主導でせっかく採択までこぎつけた条約を反故にした、同盟国の大統領。一国の総理として「まことに遺憾だ。賛同できない」と釘を刺すことぐらいはしたのだろうか。これはアメリカだけの問題ではなく、テロリストが入手する武器が減らないという、根本的な問題を含んだ重大事だ。ライフル協会などの武器貿易で儲ける死の商人たちに、平和憲法を持つ日本が何も言い返せないなんてあってはならない。


東京新聞:米の兵器輸出 世界の36%に トランプ政権で拡大:国際(TOKYO Web)


一方で、首脳会談を打診する韓国へは『けんもほろろ』。おい、アメリカにもちゃんと言い返せよ。いじめっ子に何も言えない腰巾着か。

東京新聞:韓国が6月の首脳会談を打診 譲歩なしと日本側は否定的:国際(TOKYO Web)



あちこちに迷惑をかけ続ける安倍政権。原発だけでなく、石炭火力発電建設を世界各地で推し進めることに、内外から批判の声が上がっている。


日本の石炭火力支援に抗議 米環境団体が恐竜姿で - 毎日新聞

>「安倍晋三政権は地球温暖化対策に逆行する石炭火力発電への支援をやめるべきだ」




さて、この間の日米2プラス2において、アメリカはさらに米軍の日本駐留費を負担するよう、提案してきた。それも「お互い公平な関係に」という意味不明な理屈で、である。

これまで十分すぎるほど日本は負担してきただろうが!思いやり予算とかいうわけのわからんものまで!



2019年4月21日(日) 駐留費「公平化」言及 米長官代行 負担増求める  しんぶん赤旗

>シャナハン米国防長官代行は19日、日本との米軍駐留経費の負担割合をめぐって、「われわれは公平なものをつくりあげていく」と述べ、米側の負担を減らし、日本側の負担を増やす方向で議論を進めたいとの意向を示しました。ワシントンの国務省で開かれた日米安全保障協議委員会(2プラス2)後の共同会見で語りました。




その上、「駐留費総額の1.5倍払え」との無茶振り。これまで含まれていなかった『米兵の給料や空母・潜水艦の寄港費用まで対象にする』そうだ。ということは、在日米軍の諸経費、何から何まですべて日本もち、ということで、沖繩基地負担軽減どころの話ではない



日本は完全にアメリカの植民地と化す、ということではないか? GHQの頃に逆戻りだ。さすが自分の自由と引き換えに日本を売った岸信介の孫、アベが総理をやっているだけはある。日本の何から何までをアメリカ様に差し上げるってか?


米軍駐留経費 トランプ政権が狙う新計画/「総額の1.5倍払え」/宮本徹氏「日本は断固拒否を」 しんぶん赤旗

>報道によれば、トランプ氏の“ディール”(取引)には巧妙な仕掛けがあります。米国防総省は各国が支払うべき金額と同時に、「米国の政策に対する接近の度合いに応じた割引」額を試算するよう指示を受けています。「駐留経費総額の1・5倍」という途方もない金額を吹っかけて、米国の政策に対する何らかの協力を約束すれば、「割引」に応じるという狙いです。   さらに、米側は従来、各国に負担を求めていなかった新たな分野―米兵の給与や空母・潜水艦の寄港費用なども対象に含めるとしています。

>現在も同程度の負担だと仮定した場合、日米の負担分をあわせた総額は1兆1693億円で、その1・5倍は約1兆7540億円となります。   さらに、名護市辺野古の米軍新基地建設費をはじめとした米軍再編経費などが2000億円以上あり、あわせて約2兆円に達します。



事実、お隣韓国にもトランプは駐留費5割増しを要求していたという。日本は嫌韓を煽っている場合ではない。今こそ協力してアメリカの圧力を跳ね除ける時ではないか?それをくだらんことで目くじら立てて、まるでいじめっ子のようなことをしている日本。救いようがない。外交って何だ?


米軍経費総額+5割/トランプ政権 日本などに要求か/米紙報道 しんぶん赤旗

>報道によると、ホワイトハウスは米国防総省に対し、(1)米軍駐留を受け入れる国がいくら支払うべきか(2)米国の政策との連携度による「割引」率―を計算するよう指示。米兵の給与や、米空母・潜水艦の寄港経費の負担要求まで検討されているといいます。   駐留経費負担をめぐっては、米側は韓国との協議で大幅な増額を要求。今年2月、約8億ドル(約880億円)だった経費負担を約10億ドル(約1100億円)に増額することで合意しました。報道によれば、トランプ氏は韓国にも「5割増」を要求していたといいます。




日本はアメリカに文句一つ言わず、着々と兵器爆買いの準備のための法抜けばかり熱心である。「決め手欠く野党」?マスコミよ、お前たちが手ぬるいからだろうが。もっときちんと報道しなさい。重要ニュースを30秒で流すのやめなさい。日本を終わらすつもりですか。あなた方の老後と、子どもたちが苦しむのですよ。


従来とは異なる速度で」軍事力強化するため、『ローンの返済方法を変える』のだそうで。これ、家庭内でやれば非難轟々ですよね・・・。


将来の軍事費先取り/宮本徹議員反対 「兵器爆買い法案」可決 しんぶん赤旗

>防衛省は、同法の目的を「調達コストを縮減する」としています。しかし、軍事費予算は5年連続で過去最高を更新し、2019~23年度の武器調達計画を示す「中期防衛力整備計画」は、5年間の軍事費総額を27兆4700億円として、前中期防から2兆8000億円増額しています。

>安倍政権が昨年12月に閣議決定した「防衛計画の大綱」は、軍事力強化について「従来とは抜本的に異なる速度」で行うとしています。同法は、ローンの返済方法を変えることで兵器の爆買いをしやすくし、大綱で掲げた大軍拡路線をいっそう加速させる仕組みになっています。


防衛調達法改定 将来の軍事費先取り/宮本徹氏 財政民主主義に背く/衆院本会議 しんぶん赤旗

>防衛調達特措法は、財政法で5年以内とされている国庫負担債務行為を、自衛隊の航空機や艦船などの防衛調達については10年まで可能とするもの。同改定案は、2015年に制定された現行法の期限をさらに5年間延長します。




おまけに、陸上イージスについても、アメリカは『日本の費用負担で』試験施設をつくるよう言っている。一体いくらになるのだろう・・・。

陸上イージス 米、試験施設建設を要求 : 政治 : 読売新聞オンライン

>政府が導入を進める地上配備型迎撃システム「イージスアショア」を巡り、米国が日本の費用負担で米国に試験施設を建設するよう求めていることが8日、わかった。複数の日米関係筋が明らかにした。2基で約2400億円の導入費が大幅に膨らむ可能性がある。試験施設では、迎撃ミサイルの発射実験などが行われる。イージスアショアの試験施設は米ハワイ州にあるが、最新鋭レーダー「LMSSR」を搭載したイージスアショアの導入は日本が初めてとなるため、米側は新たな試験施設が必要と主張している。


そもそも、辺野古は弾薬庫やイージス艦の寄港地としての機能が主である。最近沖繩近隣に次々できている自衛隊駐屯地(宮古島、与那国、石垣島、奄美大島、辺野古)には弾薬庫が置かれている。秋田と青森にはこの陸上イージスが設置予定だ。


だが、地上に固定すれば的になってしまう。なぜ護衛艦などにのせて洋上を周回しないのか?今流行りのAI運転で尖閣近海をパトロールすればよい。中国籍の戦艦が領海に入ると自動的に撃ちますからあしからず、とでも言っておけばいい(実際撃つかどうかは別)。


まあ、それは冗談としても、テロ対策船を日本海に導入するとか、「いずも」「かが」を空母にするとか小賢しいことはするくせに、なぜかそういう発想が出てこない政府。やはり基地利権があるのだな、と思わざるを得ない。


さて、まったく外交成果を得られない「外交のアベ」。

2019年4月24日(水) 「北方四島帰属」を削除 2019年版外交青書 対北「圧力」文言消える 安倍外交の破たん・混迷が鮮明に  しんぶん赤旗

平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる|日刊ゲンダイDIGITAL


再びインフルエンザ再流行の兆しがあり、10連休に広がる恐れがあるとのこと。政府や企業は儲け時だと前のめりだが、どうなることか。

景気悪化の公算大 専門家「間違いなく下方修正される」:朝日新聞デジタル


※おわび

一時的に編集中の記事が投稿されておりました。申し訳ありません。

web拍手 by FC2

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2019年4月26日 (金)

WTO敗訴 日本、韓国に禁輸撤廃再要請 あれ?あの国には言わないの? そもそも政府は科学的実証を放棄していた 原発問題を振り返る

福島産の農産物を禁輸している韓国に対し、WTOに起こした訴訟。しかし日本は敗訴したものの、「科学的に安全だって言ってるだろ!輸入しろや」と再要請した。


東京新聞:韓国に禁輸撤廃、再要請へ 月内にも政府 WTO敗訴受け:政治(TOKYO Web) 

東京新聞:河野外相、規制撤廃への協議呼び掛け 韓国駐日大使に:政治(TOKYO Web) 

東京新聞:水産物禁輸 日本逆転敗訴 WTO最終審、韓国の主張容認:経済(TOKYO Web) 

>吉川貴盛農相は十二日、閣議後の記者会見で「食品の安全性は否定されていない」と強調し、引き続き韓国など輸入を規制している国に撤廃を求める考えを示した。

>菅義偉官房長官は十二日午前の記者会見で、日本産食品は科学的に安全との一審の事実認定が維持されたなどとして「敗訴したとの指摘は当たらない」との見解を示した。吉川農相は会見で「復興に向けて努力してきた被災者のことを思うと遺憾だ」と語った。

>韓国は原発事故を理由として二〇一三年に青森、岩手、宮城、福島、茨城、栃木、群馬、千葉の八県で水揚げ・加工された全水産物の輸入を禁止。日本は科学的根拠がないとしてWTOに提訴した。

東京新聞:水産物禁輸敗訴 「安全確認しているのに」被災地落胆:社会(TOKYO Web) 

>「放射線検査もして安全な魚なのに福島というだけで敬遠されたらどうしようもない」と苦々しい表情を浮かべた。



例に漏れず、菅官房長官は「指摘にはあたらない」。大臣は「被災者のことを思うと~」などと被災者をダシにして批判。しかし、これまで東電が嘘ばかりついてまともなデータを発表しない点、タンク内の放射線量を誤魔化して発表、指摘されて今度は黙って図の数値だけいじって訂正、という不誠実極まりない態度で国民と向き合っていない現状で、諸外国が納得するはずがない。


東電報告資料、260カ所に誤り 福島第1、汚染水浄化後のグラフ 2018/10/17 23:38共同


福島第1原発 汚染処理水資料 東電ミス1276カ所 毎日新聞2018年10月19日 19時55分


除染、被ばく対策不十分 福島事故 国連人権理で報告     2018年9月13日 夕刊 東京新聞


汚染水 タンクの大半で排水基準超過 処理後の放射性物質 会員限定有料記事 毎日新聞2018年9月28日 20時43分

>東京電力は28日、福島第1原発の汚染水を浄化した後にタンクで保管している水のうち、約8割に当たる75万トンで、トリチウム以外の放射性物質の濃度が排水の法令基準値を超過しているとの調査結果を明らかにした。


汚染水、浄化後も基準2万倍の放射性物質 福島第一原発 9/28(金) 22:51配信 朝日


青森六ケ所村の再処理工場建設のために、関電・九電の使用料金に転嫁することも、説明していない。

東京新聞:未計画核燃事業を料金転嫁 関電、第2再処理工場分:社会(TOKYO Web)

原発支援へ補助制度案 売電価格上乗せ 経産省検討:朝日新聞デジタル


そして8000ベクレル以下の汚染土を道路や公園に使うという。正直言って、8000ベクレルは高すぎる。

除染土8割「再利用可能」 環境省試算 福島県内には抵抗感 - 毎日新聞


自費出版が反響 薪を燃やした灰はセシウム濃度200倍の恐怖|日刊ゲンダイDIGITAL

住宅街や東京五輪会場の近くにも…… 原発事故に伴う「指定廃棄物」 処理の行方見えず 11/20(火) 6:46 配信


諸悪の根源たる東電旧経営陣は無罪を主張している厚かましさ。トップが責任とらないなら誰がとるんですかね。給料が高い意味は?大体、この地震列島で予見性がない?へそで茶を沸かすわ。

東京新聞:東電強制起訴 旧経営側「予見可能性ない」 地裁最終弁論 改めて無罪主張:社会(TOKYO Web)


一方で、被災者の救済は進んでいない。なぜなら、加害者の東電が拒んでいるからだ。これで『復興』と言えますか?

原発賠償 救済進まず 東電、和解案を次々拒否 - 毎日新聞

原発事故の和解、打ち切り1.7万人 東電が相次ぎ拒否 1/15(火) 5:45配信

【東京電力・東電賠償・原発賠償・風評被害】東電の不誠実な対応 ~東電賠償を500件扱った弁護士の感想(福永活也) - 個人 - Yahoo!ニュース 


おまけに福島県民の意志を無視して、線量計を撤去するという。そういえば、防護服を着た少年の像も撤去されましたね。都合の悪い人がいるらしい。


2018年9月11日(火) リアルタイム線量計 8割撤去方針 県民多数から反対噴出 “安心の根拠なのに” しんぶん赤旗

【安倍晋三】福島第1原発事故からの復興「進んでいない」75%=時事調査|日刊ゲンダイDIGITAL



そのくせ、再生エネルギーの普及を阻もうとする電力会社。経団連会長が原発反対の人に対し、「原爆との区別もついていない」などと暴言を放ったこともあった。

<原発のない国へ 再生エネの岐路> (5)送電支配 地域電力阻む     2019年2月7日 朝 東京新聞

東京新聞:進まぬ再稼働 住民に矛先 「原発と原爆が結び付いている」:経済(TOKYO Web)

引用:http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/list/201902/CK2019021502000141.html

中西経団連会長「失礼だった」 原発と原爆の混同を釈明(朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース



さらには、事故直後、放射線量の脅威を隠蔽するような動きのあったことが多く報道されている。『トリチウムは安全』という神話。




福島第一原発のトリチウム水 「保管長引けば廃炉影響」     2018年9月6日 朝刊 東京新聞

【社説】 トリチウム水 本当に安心安全なのか     2018年9月20日 東京新聞



11歳少女、100ミリシーベルト被ばく 福島事故直後 放医研で報告     2019年1月21日 朝刊 東京新聞

震災後「放射線ニコニコしている人に影響ない」 山下・長崎大教授「深刻な可能性」見解記録     2019年1月28日 朝刊 東京新聞

等価線量とは?「甲状腺100ミリシーベルトで発がん増」国の資料で目安に     2019年1月23日 朝刊 東京新聞


「線量増加前に避難完了」国の資料 逃げ遅れなし 判断か     2019年2月4日 朝刊 東京新聞

東京新聞:福島原発事故1カ月後「避難者健康問題ない」 国の支援班文書 内部被ばく調べず:社会(TOKYO Web)

引用:http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2019021190070200.html




そして次々最高裁で決定される原発再稼働の裏側。最高裁判事は「再稼働は認めない!」と言えば最後、内閣人事局によって左遷させられてしまう。実際、何人も再稼働却下した裁判官はよそへ移っている。ちなみに、現在の最高裁判事全員が『アベ内閣の任命』だそうだ。

Photo_36



マスコミの原発批判激減の裏に電力会社の広告漬け復活が! 関西電力、九州電力は広告費3倍増に|LITERA/リテラ

何度でも言う! 安倍首相こそが福島原発事故の最大の戦犯だ! 第一次政権で津波による冷却機能喪失対策を拒否|LITERA/リテラ

原発を止めると左遷…エリート裁判官たちが抱える「大苦悩」 裁判官の世界はこうなっている 岩瀬 達哉 現代ビジネス


Photo
2

こうした中でWTOに強気にも「韓国はおかしい!」と韓国船レーダー問題、徴用工問題と絡めた恫喝行為を行っていた政府だが、実はWTO判断の第一審では「日本産食品の科学的安全性は認められた」なんていう文言自体なかったことが判明。おいおい、文書捏造を世界に向けてするか。日本でしか通じない手だと思うのだが・・・。


政府説明、WTO判断と乖離 「日本産食品は科学的に安全」記載なし:朝日新聞デジタル 

>日本政府が第一審の判断を根拠に説明している「日本産食品の科学的安全性は認められた」との記載が第一審の判決文にあたる報告書にないことがわかった。


この朝日新聞の指摘に怒った菅官房長官は、ネトウヨを従えて朝日を攻撃したそうだが、そもそも日本はWTOに「科学的な原則に基づいてとること」(SPS協定第2条2)では争わず、「恣意的又は不当な差別の禁止」(SPS協定第2条3)や「必要以上に貿易制限的でないことを確保する義務」(同協定第5条6)などの違反にあたるとして提訴していた。



韓国に敗訴WTO判決で安倍政権が嘘の説明!「日本産食品の科学的安全」を立証しなかった自分たちのミスを隠蔽|LITERA/リテラ


>日本は韓国の輸入規制に対し、WTOのSPS協定(衛生植物検疫措置の適用に関する協定)における「科学的な原則に基づいてとること」(SPS協定第2条2)では争わず、「恣意的又は不当な差別の禁止」(SPS協定第2条3)や「必要以上に貿易制限的でないことを確保する義務」(同協定第5条6)などの違反にあたるとして提訴しているのだ。

>一審の判決文に「日本産食品は科学的に安全」という記述がないのは当たり前で、日本政府のほうが「科学的に安全」を立証することから逃げていたのだ。


なのに何で『日本産食品は科学的に安全との一審の事実認定が維持された』なんてウソをつくの?そもそも『科学的に安全』とかいう判決文が出る訴訟じゃないじゃん。そりゃWTOだって「差別的な禁輸か否か」「貿易制限か否か」の線で処理してるんだから、「科学的に安全か」どうかなんて調査していないだろう。


「科学的に安全」かどうかは日本が実証して見せなければ、あちらも賛同しようがない。韓国だってわけがわからないのではないか(韓国船レーダー問題でも、韓国は戸惑っていた様子だった)。



で、根本的な話、なぜ日本は韓国ばかり恫喝するのか。禁輸しているのは50カ国以上に上る。あのチェルノブイリ事故を経験したロシアも、アベさん大好きアメリカも輸入制限している(アメリカなど全面禁輸に近い)。韓国だけ提訴するのはフェアではないのではないか?アメリカやロシアにも強く言ったらどうか。『科学的に安全』なんだろう?科学的に説明して解禁してもらえばいい。国民も、そうなれば納得するかもしれない。





東京新聞:<東日本大震災8年>輸入規制なお51カ国・地域 食品の風評 打開へ被災地招待:政治(TOKYO Web)



にしても、東電、原子力村というのは被災地というか、国民をなめている。あれだけの事故を起こしておいて無実を主張し、「あつまれ!げんしりょくむら!」だの「原発は工場萌え#」だの、よくもまあ、思いつくものだ。普通の神経とは思えない。以下の記事を見ていただくと、一段と連中への不信感は増大することと思われる(高血圧の方注意)。


「あつまれ!げんしりょくむら」は炎上で閉鎖されたが…SNS拡散狙う原子力ムラの“ふざけたPR”は他にも|LITERA/リテラ

>たとえば、原子力や放射線関係の学者、医師、環境運動家らが1分間の動画で質問に答えるという「ジジぃに訊け!」なるコンテンツ。そのQ&Aをいくつか並べてみよう。 Q「福島第一事故による健康影響って、結局のところどうなの?」→A「生活環境や社会の変化によって健康に悪影響が出る。『被ばく』により健康影響が出るとはまったく考えられていない」   Q「日本は広島長崎を経験しているのに、どうして被ばくに関するデマはなくならないの?」→A「オトナたちが、広島長崎で起こったことを『冷静に考えて勉強する』ことができていないのが原因だ」 Q「日本の再稼働のペースが遅いけど、温暖化に取り組む世界の風潮に影響するの?」→A「莫大な温室効果ガス削減につながることを考慮すると、大変な悪影響だと言える」 Q「原子力ゼロでも大丈夫だったじゃない、なんで原子力が必要なの?」→A「これまでは大丈夫だったが、これから何十年も大丈夫というワケではない」

福島第1原発 東電「#工場萌え」と投稿 批判受け削除 毎日新聞2018年10月29日 17時22分


東京新聞:「げんしりょくむら」閉鎖 サイト「不適切表現おわび」:社会(TOKYO Web)




この間もアベは福島へ赴き、復興をアピールしていたが、被災者への仕打ちは冷たい。復興したとして報道され、アベが視察しているのは整地された一部の場所だ。一部がきれいになっても、全体が回復したわけではない。山の中まで除染は難しく、今でも雨が降れば、農地や川に汚染土が流れ込むという。


無情の福島県 原発事故自主避難者に公務員宿舎“退去通告”|日刊ゲンダイDIGITAL

そういえば、『鉄腕ダッシュ』で有名なせいか、トキオ城島が『有識者』にランクアップ。有識者の定義とは。

TOKIO城島さん、農・福連携の有識者に|日テレNEWS24


でも、ホントに日本って韓国や台湾にだけは強気ですよね。ちょっと恥ずかしい。

日本、韓国のTPP加入「拒否」へ 「元徴用工」への異常判決に対抗措置|ニフティニュース



避難解除された地域でも結構な高線量。復興とは・・・。
Photo_57

自主避難者「行き場ない」 都内の国家公務員宿舎退去期限 福島県支援打ち切り、家賃は2倍に | 河北新報オンラインニュース / ONLINE NEWS

>収入や家族関係など自主避難者の事情は歳月を経て複雑化する。それでも一律に退去を求めようとする県の姿勢は、20年の東京五輪で「避難者ゼロ」を国内外にアピールしたいのかと女性の目には映る。  「困っている住民を支えるべき人が、公務員宿舎から住民を追い出すなんて。東京五輪を成功させるという大義に、避難者は不都合な存在なのでしょうか」


東京新聞:復興拠点 汚染土200万立方メートル 除染で発生、最終処分未定:社会(TOKYO Web)

>環境省は、中間貯蔵施設に搬入した汚染土のうち、放射性セシウム濃度が一キログラム当たり八〇〇〇ベクレル以下のものについては道路整備などで再利用する方針を掲げている。一方、復興拠点の汚染土は、他の地域に比べ放射性物質が高濃度の可能性が高く、再利用できるかは不透明だ。







web拍手 by FC2

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

普天間と公文書についての重要続報(2019年4月25日付)と、Nスタで『令和』の意義を話す中西進氏 あと北方領土


 昨日のMBSの夕方ニュース番組・Nスタで、『令和』発案者の中西進氏が新元号について語っていた。

当初「提案者として明らかにしないでほしい」と語っていたそうだが、本心はどこにあるのだろうか。

よくよく聞けば、なにげに恐ろしいことを言っていた。

彼によれば、「『令』は『ORDER』、美しい秩序を指す」「平成は単なる平和を意図していた。しかし、『令和』は『美しい秩序の調和』を示す。これ以上の元号はない」。

この言葉を聞くと、巷の陰謀論、「新世界秩序」という単語が頭をよぎった。安倍政権前後から、一斉にスマホが普及し、今やAIブーム。キャッシュレス決裁、スマートカー、IOTなどのビッグデータ収集の導入、マイナンバー推進の暗躍、警察による利用者名簿の閲覧(しかしそんなシステムを維持する電力はどこから来るのか?)。

格差社会をよそに世界各国でIT化が促進され、お隣の中国を見ても、そのIT化による政府監視社会、新秩序の台頭が明らかになっている。


そんな中で飛び出した「『令和』は『美しい秩序の調和』」発言。偶然ではないような気がする。アベの企図した世界を具現化した元号といっていい。アベは竹中平蔵をブレーンにしたグローバリスト・新自由主義経済の信奉者だ。


というか、そんなことを国文学者が言っていいのかね。『秩序』という単語の受け止め方の違いだとは思うが、中西進氏は、現在の日本は『秩序がなってない』という立場なのかもしれない。


おかげで、文科省は子どもたちに「天皇の退位(譲位だろう!)と即位への祝意を理解させよ」と戦前教育のようなことを言い出した。これも来るべき『秩序』への伏線だろうか。

天皇の退位と即位への祝意 学校で理解させるよう通知 | 教育新聞 電子版



さて、今日は二つの記事に追記した。いずれも重要な報道だったのでその内容を紹介。


まずは『普天間基地は28年度まで使用明記』の記事についての追記事項。防衛省は共産党の追及に対し、以前に普天間基地の改修を行い、20年耐用年数を米軍に保証していた件。

 

2019年4月25日(木) 普天間改修 耐用年数20年 防衛省想定 穀田氏「基地の固定化だ」 衆院外務委  しんぶん赤旗

>防衛省は2016年以降、沖縄防衛局による同基地の「老朽調査」に基づき19施設の改修事業を実施。「老朽調査」の特記仕様書によると、改修事業は基地全体の6割強の範囲に及びます。これまでに完了・一部完了した3施設の改修には約6億5000万円もの国民の血税が投じられています。  穀田氏は、米軍が所有する資産ごとに耐用年数を列記した米国防総省の「財務管理規則」には「建築物」の施設改修で20年、「構造物」では15年の耐用年数を定めていると指摘。



なるほど、米軍が普天間基地を『28年度まで使用』としていたのには理由があったわけだ。防衛省はすでに改修に約6億5000万円もの国民の血税 を使って20年先までの運用を見込んでいた。これは国民への裏切り行為なのではないか?マスコミはもっと騒がないといけないだろう。島尻も「辺野古基地移設は普天間基地機能が100%移るものでなく整理縮小だ」と公言していたではないか。



2019年4月26日(金) 普天間基地 外来機4倍 17→18年度 「沖縄の負担軽減」どころか  しんぶん赤旗

関連:2019年4月19日 (金) 辺野古基地取材 「マスコミ特定せよ」警備会社が指示 そして普天間は28年度まで使用明記 どこが『負担軽減』しかも辺野古基地の違法手続き 



そしてもう一つが毎日新聞でお馴染み『公文書クライシス』の続報。官邸がアベとの面会記録を廃棄していたことが明らかになったが、実は11府省が同じく面会記録を廃棄していた件。

  

公文書クライシス:大臣日程、11府省「なし」 面会・出席記録、当日廃棄も - 毎日新聞 2019年4月25日 東京朝刊

>NPO法人「情報公開クリアリングハウス」(東京都)が、大臣の面会や会合の出席などを記録した約2年分の日程表を開示するよう全12府省に情報公開請求したところ、11府省が「不存在」と回答した。毎日新聞の取材で12府省が保存期間を裁量で廃棄できる1年未満に設定し、日程表を作成当日や短期間で廃棄していることも判明した。

>>府省は大臣日程を機械的に一年未満にしている可能性がある。


東京新聞:閣僚日程、11府省残さず 17年度から2年分「即日廃棄」も:政治(TOKYO Web)

>不開示理由として、総務、外務、厚生労働、農林水産、国土交通、環境の各省は「廃棄(破棄)した」と記載。他の府省も「保有していない」「保有が確認できない」とした。



以前の記事で官邸は「各省庁の裁量で保存すべきだ」と言っていたが、それがこのザマである。

『11府庁』ということは内閣府も入っていると思われ、結局『官邸主導』じゃないか。事実、『府省は大臣日程を機械的に一年未満にしている可能性がある』そうだ。『機械的に』ということは、そういうお達しが出ているということだ。『内閣府』から。


勝手に『一年未満で廃棄』に決定して捨ててるって、ホント戦前かよ!こんな重要文書を勝手に捨ててる政府を、あなたは信用できますか?


関連:2019年4月15日 (月) もうダメだろ、この政権 公文書クライシス「首相と省庁面談 記録なし」官邸一年未満で廃棄 いよいよ戦前軍部



あと、ついに頓挫した北方領土問題と北朝鮮の脅威論。おまけに原発輸出も絶賛頓挫中。まだこの人に総理やらせないとダメですか。


2019年4月24日(水) 「北方四島帰属」を削除 2019年版外交青書 対北「圧力」文言消える 安倍外交の破たん・混迷が鮮明に  しんぶん赤旗

二年前にはアベさん、こうおっしゃっていたんですが・・・。

 

Photo_5

思い返せば、こうなることは目に見えていたんですよねえ。「北方領土は日本固有の領土」かは「差し控える」と閣議決定までしていたし。

「北方領土は日本固有の領土か」/政府「答え控える」/答弁書閣議決定

引用:https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2019-02-09/2019020902_04_1.html


北方領土の日の集会スローガンにまで『忖度』させましたし。

「北方領土の日」 集会スローガンに変化 領土交渉配慮 北海道 | NHKニュース

引用:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190207/k10011807061000.html


ロシア外相に「どこからその確信を得たの?」と疑問を呈されていたし。

安倍首相“平和条約締結”表明に、ロシア外相が疑問呈す TBS NEWS

>安倍総理が北方領土問題を解決して平和条約を締結すると表明していることについて、ロシアのラブロフ外相は「どこから、その確信を得たのか分からない」と疑問を呈しました。   ロシアのラブロフ外相はベトナムや中国メディアのインタビューに応じ、安倍総理が北方領土問題を含む平和条約の締結交渉に「必ず終止符を打つ」と表明していることに疑問を呈しました。

ロシア、色丹開発アピール 引き渡し反対世論を意識、計画次々:朝日新聞デジタル


『外交のアベ』って随分成果に時間がかかるんですね。本格交渉に入ってから二年経っても前に進まず、北朝鮮拉致問題は解決の糸口は見えず。アベノミクスも7年かかっても賃金上昇に結びつかず、景気は悪くなる一方。



平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる|日刊ゲンダイDIGITAL



私事だが、ココログがリニューアルしてからこっち、いくつか繋がらなくなった下書きがある。つまり、編集画面が固まり、サーバーの応答がなくなって見られないのだ。だから頻繁にバックアップを別に取らないといけない。

そのうち、『地位協定』と『いじめ問題』の下書き記事が出てこないのが痛い。タイトルに『地位協定』と入れて保存した翌日、繋がらなくなってしまったのだ。一度ではなく、これで二度目である。ココログの運営であるニフティのせいなのか、下書きタイトル編集に文字を加えるとこうなるのかははっきりとしない。

両問題についてまとめ記事を上げようと思っていただけにショックである。運営には解決するよう言っているのだが、今の所改善されている様子はない。


web拍手 by FC2

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2019年4月22日 (月)

おかしいぞ? 増税前の値上げラッシュ これもまたアベの『官邸主導』だった!

 萩生田の「増税延期かも」発言が観測気球として世間を賑わせているが、すでに政府は増税対策として2兆円の予算を組み(増税収入5兆円)、その広告費用として4000億円を計上している。経産省が進めるキャッシュレス決裁なるもののため、小売店では専用決裁機の導入の負担に頭を悩ませている。すでに導入を決め、多額の借金をしている店もあるかもしれない。


コンビニで買う際、お持ち帰りなら8%、飲食するなら10%、というわけのわからん区別が大真面目にテレビで流され、首相が「増税分は(ポイント還元5%で)国民のみなさまにお返しする」などと詭弁を弄して詐欺めいた文言で煽っておきながらの、先般の萩生田発言だった。


そもそも、ポイント還元はキャッシュレス決済に対応した店で、なおかつその人がスマホやキャッシュカードを持っていることが前提のサービス、しかも期限は半年間だけ、ときたもんだ。


これを経産省癒着企業の決裁機導入の国策、さらには『ビッグデータ』なる国民の財布と個人情報、買い物データの収集のためという、政府ウハウハ国策でないとどうしていえよう(マイナンバーの時も癒着企業との出来レースが問題になり、経産省職員が賄賂で捕まった)。


こっちでもキャッシュレス、あっちでもキャッシュレス、いいかげん煩わしくなってきた。仏教界までキャッシュレス決裁を言い出してもう何が何やら。

「キャッシュレス拝観」揺れる京都仏教界 「信教の自由」データ化される恐れ - 毎日新聞

>政府が推進するキャッシュレス化を巡り、京都の仏教界が拝観料や物品購入などの支払いに電子決済を導入すべきかどうかで揺れている。強く懸念されるのは、電子決済で企業が収集する個人情報の漏えいや商業利用だ。さらに個人の信仰が他者に筒抜けになり、特定の宗教が標的にされれば「憲法で保障された信教の自由が侵される恐れがある」(寺関係者)。一方、拝観料を収入の柱とする寺院の中には、現金を持たない参拝者からの収入減を懸念し、「導入しないと時代に遅れる」との声も強い。





大体からして、増税しないと国庫がもたない的な論を振りかざす者がいるが、本当に社会保障に使われていればの話だ。実際はこういっておいて、


Photo_21


消費増税分は84%が使途不明なのだから文句も言いたくなるというものだ。

消費税増税分「84%が使途不明」 山本太郎事務所が突きとめる BLOGOS

官房機密費といい、政府は都合が悪い数字は絶対に出さない。この時点で怪しむべきなのだが、国民のみなさんは黙っている。自分が毎年どれだけの税金を納めているのか、無自覚な人が多いらしい。



さて、最近、急にあらゆる商品が値上がりしているのはご存知だと思う。テレビでは「輸送費が高くついた」とか、「人件費が」とかもっともらしい理由を垂れ流しているが、真っ赤な嘘であることが明らかになった。あれはなんと、天皇の譲位でなく退位を主導、新元号、新紙幣、新天皇の即位パレード、なんでもかんでも『官邸主導』してみせるアベさんの指示であったのだ。


増税時に一気に値段を上げると、消費者から反発があるからだそうだ。

なぜ今なのか…庶民を直撃する“値上げラッシュ”のカラクリ|日刊ゲンダイDIGITAL



 安倍政権 増税前値上げの指針/食品業界横並びに 実施時期なぜ一致 しんぶん赤旗


>安倍晋三政権は昨年11月28日、消費税増税に伴う商品価格設定のガイドライン(指針)を公表し、駆け込み需要・反動減対策を意識して価格を定める考え方を強調しました。

>農林水産省が業界団体に指針を通知しています。各業界団体は会員企業に指針の情報提供を行ったと認めています。日本冷凍食品協会はホームページに指針を載せ、「消費税率の引上げ前後に柔軟に価格付けができるよう」に農水省から「周知、広報の要請」があったと強調しています。業界団体の横並び値上げに指針が影響を与えた可能性について、農水省の担当者は「全くないとはいい切れない」と回答しています。



首相、値上げ誘導認める/消費税10%前 山下氏に答弁 しんぶん赤旗

>安倍首相は、欧米では駆け込み需要と消費の落ち込みを防ぐため、企業が自主的に増税前に引き上げた価格を増税後も維持していると述べ「わが国もそういう対応をとっている」と言明しました。


2019年3月29日(金) 増税前の一斉値上げ 安倍政権が音頭 欧州企業の値上げ絶賛 首相、推進認める 

>安倍首相は次のように答え、「国」が増税前値上げの旗振り役を務めてきたことを全面的に認めました。  「(欧州では増税前の)駆け込み需要を防ぐためにある意味価格を引き上げ、そして消費税が上がった後もその価格を維持することによって消費が落ちないような、そういう工夫をそれぞれ(企業が)自主的な判断で行っているということに鑑み、わが国でもそういう対応をとっている

>値上げが発表されている飲食料品は、消費税増税が強行されても、税率が8%に据え置かれる可能性が高いものばかりです。値上げ幅は2~20%にも及びます。政府指針が便乗値上げを促した疑いがあります。

>安倍首相がヨーロッパの例をあげて値上げを推進しているのはとんでもない話です。政府の役割は物価を安定させて国民生活を守ることです。物価上昇を政府の目標にすること自体が許されません

>キャッシュレスをアピールするために安倍晋三首相が2月2日に訪問した戸越銀座商店街(東京・品川区)。労働組合や民主商工会などでつくる品川の消費税廃止各界連絡会は25日、同商店街で宣伝・署名に取り組みました。  安倍首相が訪問した日は政府関係者や警備員、報道陣でごった返しました。買い物客からは「安倍、帰れ!」の声がかかりました




この国民の懐に響く値上げラッシュすらアベの『官邸主導』だった。

これ、恐ろしいのは、増税後もさらに値段が上がる可能性があるのと、そもそも最初から税率が8%に据え置かれる『食料品』の値上げが図られていることである。しかも値上げ幅は『最大で20%』にまで及んでいる。これはもう、増税を言い訳にした便乗値上げであり、企業による富の収奪であると思う。それを政府が薦めているというおこがましさ。

「ヨーロッパでは~」とまたぞろ政府は、増税時お決まりの嘘理論で煙に巻こうとしている。社会保障や教育の負担が異なり、実質無償の西欧と、どうして比べられようか。税率だけの話を都合よく持ち出されても、「だから?」としか思えない。


さすが経団連がスポンサーの自民党。国民生活を考えてない手前味噌。企業だけ儲かれば(経営者・役員・大株主だけ儲かれば)いいんじゃね?俺らにキックバックが入るしな、団体票も入るしな、的な不遜な人種である。

案の定、キャッシュレス決裁アピールのために寄った商店街で「アベ帰れ!」コールが沸き起こっていたらしい。もっと言ってやれと個人的には思う。


前回の8%への増税以後、あらゆる商品において内容量の減少、パッケージの小型化、あるいは品質の低下といった地味な『ステルス値上げ』が行われたのを覚えておられるだろうか。代表はこの明治の『おいしい牛乳』である。内容量減らしてパッケージ変えたのを、「手の小さいお子様も持ちやすい」「従来より注ぎやすい」と利点を言い張り、ネットでは失笑を買っていた。

 

2_7


増税後、何が困ったって、私の場合、よくドラマを録り溜めするのだが、いつも買っていたBD収納ケースの個数が突然半分になった挙げ句、値段が倍になったのには閉口した。

値段はそのままだけどサイズが縮小、シュリンクフレーションが朝食を直撃 BBC


中川 均さんのツイート: "店頭からイカが姿を消していることに、どうしてもっと大騒ぎをしないのか。マイワシが激減しコオナゴが絶滅状態となり、アサリが大不調。海の状況をトータルとして把握し警鐘を鳴らし、緊急にすべき対策を唱導するのは省庁とマスコミの仕事だろう。信じられないほどの怠慢。ああ海が危機に瀕している。" 


ほかにもサランラップやトイレットペーパーが薄くなって破けやすくなった気がするし、服が年々ぺらぺらになって何やら国民服みたいになっているし、いろいろと粗悪品に当たる率が増えて、すぐ使い物にならなくなることが多くなった気がする。よく模型を作る知人に聞けば、模型用工具も同じで値段が倍近く上がっていると嘆いていた。


消耗品というのは家計にダイレクトに響く一方、ひとつひとつがコストダウンのため粗悪品になると、買い替えの頻度が上がり、かえって負担が増してしまう。この苦しみは金の有り余るアベ麻生らにはわかるまい。


これは現在進行形で、例えばアマゾンの感想レビューなどを見れば、電化製品、衣料品で同じ趣旨の内容の声が数多く寄せられている。


黒字のユニクロなどは、その最たるものなのだが、外国人労働者を低賃金で過重労働させているとの報もあり、コスト削減に邁進しているようだ。

こんな状況でさらに増税などすれば、どんなことになるか。余裕のなくなった家庭で起こる不幸が更に増え、自殺者や心中、虐待が増え、悲惨なことになるだろう。萩生田の発言通り増税延期となって総選挙圧勝となっても、改憲されて、やはり悲惨な未来しか見えない。


大体、たった7年で消費税率5%から10%で二倍ですよ。いつバブル経済になった?



そんな中、そういった物価上昇による国民生活の水準低下に気づかせないため、また、それによる年金額上昇を阻止するため、総務省がデータ改ざんしているという話も。


総務省にもデータ偽装疑惑、なぜか家計調査で60歳以上の世帯が減少する不自然さ=斎藤満 | マネーボイス

パンや牛乳パック、チョコレートなど、量を小さくして実質値上げを行っている食料品などが把握されず、実体より低くなっていること。

>パソコンやカメラ、電子レンジ、自動車など、機能向上分と称して、恣意的に統計値を下げているものが少なくありません。20年前に1台20万円程度だったノートパソコンは今50分の1の価格扱いになっています。現実はやはり20万くらいしていますが。  このため、消費者の「実感」は3%前後のインフレだというのに対し、消費者物価統計では1%弱の上昇と、両者に大きなギャップがあります

政府には物価が上がってもらっては困る事情があります。

>インフレが2%を超えていれば、日銀に金融緩和を続けさせることができなくなり、国債の金利コストが上がり、国債の買い手が日銀以外に見つかるかも不安になります。

>インフレが進むと国は年金支払額も増やさねばなりません。


こうなるともはや無茶苦茶である。政府の仕事ってなんぞ?国民に養われている国家公務員が、いったい何をしているのか。




全文表示 | 安倍首相「お約束と異なる新しい判断」 あの消費増税「断言」の限りない軽さ : J-CASTニュース




繰り返すようだが、増税後、内容量は削減され、値上げまで行われているのにも関わらず、あからさまに品質が落ちてはいないか。壊れやすくなっていたり、まずくなっていたり、薄くなっていたり、値段の割に使い物にならないものによく当たるようになった。靴や家電なんかは如実で、Amazonの商品レビューを見ていただいたらわかるが、すぐ破損の報告が非常に多い。消耗品などでもこの例が多い。



今の政権は、私たち国民のことなど考えていない。そして、政治によって私達の生活がダイレクトに変化していることを、もっと国民は知らなければいけない。沖繩では島尻を降し、屋良氏が勝ったが、僅差だった。投票率はというと、たったの48%だった。大阪の方もおよそ6割の人が棄権している。

自分たちの生活にダイレクトに響く国政に対し、白紙委任だけはしてはいけない。でないと、文句をいうことすらできない。




2019年5月15日追記 政府の消費増税のパンフレットが、10%対応版では「便乗値上げOK」と書いていることが判明。もう隠すこともしないようだ。

2019年5月15日(水) 便乗値上げ容認批判 畑野議員 消費税増税の中止要求  しんぶん赤旗

>政府の「消費税の円滑かつ適正な転嫁のために」というパンフレットが、8%増税時には「便乗値上げは、いけません」としていたのに、「10%引上げ対応版」では、「合理的理由があれば便乗値上げには当たりません」となっていると指摘。



 

web拍手 by FC2

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2019年4月21日 (日)

天皇もないがしろ 元号・紙幣まで私物化 新天皇パレード新ルートで自民党本部前を通過へ 『令和』はやっぱりアベ主導

 日米2プラス2でさらにアメリカに基地負担増を約束させられたり、アベが国連にクリーンな原発推進を提出したり、北方領土返還が会談前に頓挫してしまったり、癒着の吉本新喜劇にアベが登壇したり、怒涛の政権横暴ラッシュとなって記事が追いつかない(私の健康の面でも)


しかし一番頭にくるのはやはり、天皇の政治利用と、天皇をないがしろにするその精神である。つい先日も、新紙幣の津田梅子の写真が反転していると指摘され、「それには当たらない」と菅がつっぱねたことがあった。この政権はホント偉人への敬意がないというか、自分本位すぎて天皇すらおざなりにする明治以来の恥政権だ。

(ニュースQ3)新5千円札、津田梅子の写真を反転?:朝日新聞デジタル

>津田の弟の孫にあたる津田守・大阪大名誉教授は「お札の内側を向いた肖像にするため反転させたのだろうが、見本とはいえ本当の梅子の顔とは違うものになってしまい、違和感がある…このまま刷ると財務省は将来も言い訳を続けないといけない。他の写真で作り直したほうがよい」


どうでもいといえばどうでもいいが、反転だけならまだしも、政府は「いくつかの肖像からつくっているので問題ない」と言い放った。つまりは見た目よく紙幣に写ってもらえればよい、と白状しているようなものではないか。それって当人にとってとても失礼なことではないか?

だったら使わないでよ、と言われても仕方がないような。大体、反転して襟の上下が逆になってしまうと、色んな意味で問題が・・・。




新紙幣導入までまだ五年もあるのに、桜田五輪相や『忖度ロード』の塚田の発言で、慌てて報道各局の尻を叩いたアベ。『令和』は本来天皇が決めるものなのに、自分ばかりメディア露出して『新元号にこめた思い』とやらを開陳しまくったアベ。


そもそも、天皇が決めることが民主主義に反するなら、学識者がいくつか候補を提示し、国民が投票する形にすればよい。費用がかさむのでネット投票という形でもいい。そんなしかめつらしく決めることでもないだろう。間違っても国家公務員にすぎない首相が独断で決めていいものではない。10連休なんていう、医療機関泣かせの前代未聞の決定をしたのもよくわからない。




当ブログをはじめ、疑問視する声は数知れず。しかしテレビではあまり聞かない。

特集ワイド:令和考案者は反対だが…改憲狙う「安倍4選」 誰が拾う「火中のクリ」 - 毎日新聞 

特集ワイド:新元号「令和」 礼賛一辺倒だが…「負」の面にも目を - 毎日新聞 

読み、題材…「令和」に違和感 専門家「りょうわでは」 [令和]:朝日新聞デジタル 

>「令」を漢音で読めば「れい」だが、比較的古い呉音(ごおん)なら「りょう」だ。小島さんは「当時の法制度は『律令(りつりょう)』。皇太子や皇后の出す文書は『令旨(りょうじ)』。大宰府で『万葉集』の観梅の宴を主催した大伴旅人(おおとものたびと)が想定したのは呉音だっただろうから、『りょうわ』でもよいのでは」という。アルファベット表記についても「Reiwaより実際の発音に近いLeiwaにしたらどうだろう」という意見だ。



そんな中、さっそく自民は『令和』のポスターをつくり、政治利用しているという。何という厚顔不遜な輩なのだろう。それは本来天皇が(以下略

2019年4月13日(土) 自民、「令和」ポスター 政治利用の姿勢早くも  しんぶん赤旗



そして、やはり『令和』はアベの鶴の一声で決まった『官邸主導』であることが明らかになった。自民議員からも疑問や怒りの声があったらしい。マイナス意見もあったそうだが、アベはあえて無視して「これでいこう」と決定を命じた。やっぱり『命令』の『令』だったんだね。


新元号「令和」への官邸誘導はやっぱりあった! マスコミが報じない有識者懇談会、衆参両院正副議長意見聴取の内幕|LITERA/リテラ 

>この共同の記事を受けて、元号選定に詳しい関係者を取材したところ、こんな内幕を明かしてくれた。 「共同の記事が書いている官邸内の評価そのものが有識者懇談会で伝えられた可能性は高い。それに6案のなかにある『万和』と『万保』みたいに同じ漢字を使った元号案が含まれているのもおかしな話。万の字を好むメンバーの賛成票を散らすことになってしまうからね。それだけ巧みな誘導がおこなわれたにもかかわらず、懇談会のメンバーから『令和』以外の案を推す意見も実際出たんだ。そうしたら、同席していた官邸の事務方が『一般の人名や会社名で使われている』とマイナスの要素を説明したらしい」

>放連会長の大久保好男・日本テレビ社長が「事前に候補を教えてもらったわけでもなく、準備できなかった。感想のようなものを述べたにとどまる」と懇談会が事後承認の機関に過ぎなかったことを認めた

>新元号案について衆参両院の正副議長への意見聴取をおこなうが、そのやり方をめぐって、衆院の赤松広隆副議長が激怒した



(迫真)令和改元(1)首相「これでいこう」  :日本経済新聞

東京新聞:新元号選定、首相一任で「令和」 有識者全員が国書推挙:政治(TOKYO Web) 

東京新聞:首相一任で「令和」に 有識者全員が国書推挙 議事概要公表:政治(TOKYO Web)

>有識者は「日本の文化、伝統に目を向ける一つのきっかけになる」などとして、国書からの案を全員が希望した。中でも万葉集を典拠とする令和は「わが国が持っている素晴らしい洗練された文化を象徴している」「音の響きが良く、子どもでもなじめる」と高評価が相次いだ


上の記事で高評価が相次いだとあるが、なぜか有識者として出席している経団連やNHKやフジじゃないだろうな。経団連の元会長っていったい何の専門家なんですかね?


記事通りなら、『令和』決定のプロセスは以下のようになる。

衆参両院の正副議長からの意見聴取→赤松衆院副議長が激怒。反対意見→無視→「内閣にお任せしよう」→「特定の季節を指すものはどうか」と反対意見→無視→全閣僚会議 令和を推したのは十人中四人→アベ「令和がいいね」→決定 ・・・なお、首相と官房長官以外の発言者名は非公表。


リテラの記事によると、この決定プロセスの中で「万の字を好むメンバーの賛成票を散らす」誘導や「『令和』以外の案を推す意見も実際出たが、同席していた官邸の事務方が『一般の人名や会社名で使われている』とマイナスの要素を説明した 」という証言が紹介されている。まるで世論操作そのもののやり口だ。

とくに後者の話が失笑もので、『令和』だって同じ名前の人が何人もいて、新元号決定後、待ってましたとばかりに「全国の『令和さんは』と大々的に報道されていたではないか。事務方まで見え透いた嘘をつく政府って何なの?


--------------------------------

2019年5月1日 追記 さらに、続報でアベは官邸からも「首相の元号ではなく、次の時代の元号」と釘を刺されていたことも判明。もはやどこまでも図に乗るアホ権力者の見本である。


安倍首相の新元号私物化の内幕!独断で「令和」決定、官邸幹部から「首相の元号でない」と諌められ…|LITERA/リテラ

>安倍首相は「令和」について、天皇から防人までの歌をおさめた万葉集が典拠であることから、自分の政策である「一億総活躍」を体現していると言い出し、菅官房長官が新元号と同時に発表した「首相談話」にそのことを盛り込もうとしていたというのだ。前掲の朝日新聞がこう書いている。 〈新元号の決定にあたって、どんなメッセージを発するべきか。首相は「令和」で一億総活躍を体現したがったが、首相官邸幹部は進言した。「首相の元号ではなく、次の時代の元号。政権の政策につなげて『安倍色』を出し過ぎれば、政治的なリスクになりますよ」  首相が4月1日に発表した談話に、一億総活躍の文言は盛り込まれなかった。

>「この間の情報の流れ方を見ていると、むしろ、安倍首相は国民に『新元号を決めたのは俺』とアピールしたがっているとしか思えない。今回の朝日の記事もおそらく、そういう意図を持った首相周辺から情報が出ていると思いますね。さすがに朝日ですから、そのままPRに乗らず、批判的な文脈も盛り込んでいましたが」(全国紙官邸担当記者)

--------------------------------



そういえば、私の行きつけの理髪店の兄ちゃんが、開口一番、「『令和』ってどう思います?」と尋ねてきて、私が否定的な見解を語ると、「やっぱりそうですよね。なんかしっくりこないんす。うちの中学生の息子もね、帰ってくるなり『令和嫌や~。だって『命令』の『令』やんか』と憂鬱そうに言うんすよ」と話してくれた。

そして帰り際、「〇〇さん(私の名前)のおかげで『令和』の愚痴言えてスッキリしましたわ。誰にも言えへんから」と笑って言っていたのが忘れられない。すでに『お祝いムード』とやらで新元号の悪口すら言えない雰囲気が漂っているのだ。これって異常でしょう。


そもそも、天皇陛下が『譲位』するならともかく、『退位』するのに『お祝いムード』ってどこが喜ばしい? 陛下がお亡くなりにならずに次期天皇が即位するからだろうか?それでも慶事とは言えない気がするのだが、私がおかしいのだろうか。


これまで国民の側に寄り添い続けてこられた陛下に対し、その肩の荷を降ろされたからと、軽々と『お祝いムード』を演出する政府やマスコミは無礼ではないか。なぜ右翼はこれに対して黙っているのだろうか。



その次期天皇になる徳仁親王の天皇即位のパレードにおいて、今度は政府が新ルートとやらを設定、自民党本部前を通ることを決定したというのだ。ここまで来るといくら「ルートを短くして警備を固めるため」と言われても天皇の政治利用どころか、天皇の私物化としか受け止めようがない。



新天皇の即位祝うパレード、国会図書館など通過の新ルートで調整(TBS系(JNN)) - Yahoo!ニュース

>「分かれ道となるのは、こちらの交差点です。直進すれば前回と同じルートですが、左折して自民党本部前を通過する案で調整が進んでいます」

>この場合、日差しを遮る首都高速の高架下を通る距離が短くなるほか、皇居を取り囲む内堀通りの交通規制の範囲が狭められるということです。



アベを始めとして、国民に迷惑しかかけぬアホ自民どもに、あの天皇一家が振り回されていることが我慢ならない。あの方々の爪の垢でも飲んだらどうか、と思うほどどうしようもない不正だらけの傲岸不遜ども。アベや麻生などとは比べるのもおこがましいほど、天皇陛下や皇太子方は賢いし、国民に寄り添った活動を努力されておられる。


だが、だからといって、私はNHKのように天皇の祖先はアマテラスだとは絶対に言わない。


NHKが「皇室の祖先は天照大神」と報道→「現人神宣言か」と批判の声  BUZZFEEDNEWS


これは、ギリシャの人々の祖先はゼウスだ、あるいは中国の皇帝の祖先は黄帝であると言っているようなもので、このことを『準国営放送であるNHKが』放送したことは非常に由々しき事態だと思う。

こういうことは、政府や報道機関がとやかく垂れ流すのではなく、日本人個々がぼんやりとアマテラスやスサノオに対して、『自分たちの国の神話として』親しみを感じていればいい話。

それを大真面目に『皇室の祖先だ』なんて報道するのは別の意図があるのは丸見えで、気持ちが悪い。

『古事記』を研究していた立場で言うと、竹田某のようなこういう日本神話観は唾棄すべきゴミクズの類で、古事記学会で「皇室はアマテラスの子孫だ」などといえば失笑もので相手にされなくなる。


批判を受けてNHKは問題の部分を訂正したようだが、こうして恥ずかしげもなく報道したことからも、すでにアベ官邸のメディアコントロールも深刻な段階に入っていることがわかる。先日お伝えした『日本の報道自由度』で国境なき記者団が指摘した通りだ。

web拍手 by FC2

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

萩生田の勘違い発言 増税、選挙対策の予防線 『ワイルドな憲法審査を。丁寧に我慢してきた』

また編集中の記事が消えた(涙) もうココログ嫌や。

さて、アベの『側近中の側近』こと萩生田、選挙になると何やら意味深なことを口走る。「個人の見解」と煙に巻くことで野党を引っ掻き回す目算か。


東京新聞:萩生田氏、消費増税への異議否定 延期発言は「個人の見解述べた」:政治(TOKYO Web)


自分たちから「好景気だ!アベノミクスの成果だ」と増税を持ち出しといて、景気観測が怪しいと知るや「やっぱしないかも」と予防線を張る卑怯者。「緩やかな回復」と発表し続けるが、いったいいつまで「緩やか」なのか。


なのに選挙前に増税を撤回して、ヒーローを演出、3分の2の議席をとって改憲へまっしぐら、空前のマッチポンプだ。


同じく、ネット界隈にもそんな危惧を感じている人々も多い。


冨永 格(たぬちん)さんのツイート: "ひるおびで萩生田発言。伊藤惇夫さん「(消費税率を)上げるの決めたのも安倍政権でしょ。本来、国民に信を問うならその時に問うべきですよ。やっぱり上げるのやめましたから信を問う、というのは論理的に納得できない。政権としては、上げないほうが支持を集めやすいという考えは当然働くとは思うが」"

想田和弘さんのツイート: "僕の予想では、安倍ちゃんの「消費増税延期」の「御聖断」のありがたみを最大化するために、これから与党内で消費増税延期を否定・批判する声が強まる様子が演出されていくと思います。ハリウッド映画の構造と同じで、危機が強ければ強いほど、それを解決するスーパーヒーローの価値は高くなります。… https://t.co/D1JMeSfbgX"

小田嶋隆さんのツイート: "消費増税を見送る場合、政府は 「増税を可能ならしめる好況を招けなかった経済政策の失敗を認めた上で、見送りの理由と今後のスケジュールを丁寧に説明すべきだろうね。 間違っても、増税見送りを「国民へのプレゼント」みたいな形で演出する詐術は発動しないでほしい。… https://t.co/d195sQzEPa"




【特別寄稿】安倍官邸が狙う!?「消費減税」という壮大な「ちゃぶ台返し」!! 衆参W選圧勝!! そして緊急事態条項を含む改憲へ!! ~永田町の闇の底からのディープレポート | IWJ Independent Web Journal



そして驚きの「ワイルドな憲法審査を」発言。勘違いも甚だしく、国会軽視もここまで来るともはや犯罪だ。

「ワイルドな憲法審査を」 自民幹部発言に野党猛反発  TBS

>今の国会で憲法審査会が一度も開かれていないことについて「ここまで丁寧に我慢してきた。令和になったらキャンペーンを張るしかない」などと発言しました。



はい?野党への不意打ちで開催し、批判を受けて自粛したのを「丁寧に我慢してきた」?

この男、まったく反省してないし、何様なのか。

政府がキャンペーン張ったら違憲だと何度言ったらわかるのか。ワイルドな憲法審査?スマートにやりなはれ。でね、「ワイルド」は『野蛮な』という意味だし、「我慢」という言葉に「丁寧」という修飾はつかない。日本語、および英語の使い方が怪しいが大丈夫か。


挙げ句に、案の定、野党が反駁、憲法審査を拒否され、慌てて謝罪する始末。ホントアホかいな。


2019年4月20日(土) 自民・萩生田氏が発言 「憲法審査 ワイルドに」 一方的強行を狙う  しんぶん赤旗

>「ここまで丁寧にやってきてそれでも(野党が)聞かない。総理がたびたびスケジュール感の発信をすると責められる発信してもだめ、静かにしてもだめだったら、もうやるしかない」と語りました。  野党側は同氏の発言を批判し、同日予定されていた衆院憲法審の筆頭幹事間協議を拒否しました。  このため萩生田氏は19日、憲法審の運営をめぐる自らの発言について「野党の皆さんに不快感を与え、結果として(18日に)協議が成立しなかった。憲法審査を前に進めていただきたいという私の本意とは違う」と述べ、発言を陳謝し、訂正しました。党本部で記者団に語りました。


上の記事での発言からも、この男の勘違いぶりがよくわかる。

「総理が発信すると責められる」って、当たり前の話だ。国民に奉仕する国家公務員には憲法擁護義務がある。なのにそれを破って政権側が改憲を主導し、『スケジュール』を勝手に決めるなど、完全に『違憲』である。

『発信してもダメ』なのは当然のことで、都合が悪いからと支配者側が憲法を変えようなどと、あってはならないのだ。

そして「もうやるしかない」発言。これって戦前軍部が敗けを認識していながら「やるしかない」と前進あるのみ、と強行したのと同じ発想である。というか、「やってもダメ、やらなくてもダメ、じゃあもうやるしかない」なんて、マンション理事会で理事長が言えば、非難轟々であろう。



萩生田の問題発言はこれだけではない。

【萩生田光一】増税延期だけじゃない 自民萩生田氏は問題発言連発だった|日刊ゲンダイDIGITAL


野党の質問時間を削るようアベに言われたことを発表したときも、二階から注意され、「個人的見解」と弁解したこともあった。

関連:2017年11月11日 (土) 自民参院幹事長「安倍さんの発言紹介しないように」萩生田に苦言。加計孝太郎、認可に「万感胸迫る思い」。官邸 安倍さん後方ころり画像削除に血眼


また、野党に向かって「北朝鮮とつながってるかも」とうっかり発言したこともあった。

関連:2017年10月29日 (日) 北朝鮮情報共有 萩生田「野党は北と通じている可能性」 一方、会計検査院「辺野古警備費も過大」

さすがはアベさんの側近中の側近、と言われるだけはある。親玉の思想が骨の髄まで浸透しているのだろう。あるいは、選挙前に世論を引っ掻き回す使命を帯びているのか。何にしてもろくでもない国家公務員だ。



あまり話題になっていないが、アベさんは桜田大臣が辞めた時に「参院選前でよかった」と発言していた。さすがは「国民に寄り添う」アベ。

桜田五輪相更迭、首相「参院選前でなくてまだ良かった」:日経ビジネス電子版 

>「さすがにこれはもたない。まあ、それでも参院選前でなくてまだ良かったよ」。桜田氏の事実上の更迭を決めた後、安倍首相は周辺にこう漏らした。


おまけに審議を拒否。理由は「諸般の事情」。やる気なし。

衆院予算委開催、与党が拒否 五輪相辞任受け野党要求(毎日新聞) - Yahoo!ニュース

>衆院予算委員会の与党筆頭理事を務める田中和徳氏(自民党)は16日、野党筆頭理事の逢坂誠二氏(立憲民主党)と国会内で会談し、桜田義孝前五輪担当相の辞任など安倍政権の一連の不祥事を受けて野党が要求していた集中審議の開催を拒否した。  田中氏は「諸般の事情」だと説明。



どこまでいく政治の劣化。走行税、地方議員の厚生年金、ゴルフ税の廃止だけでなく、数々の手前味噌の議案。


スポーツジム費、控除対象に=自民勉強会が提言(時事通信) - Yahoo!ニュース


【安倍晋三】またお友達政治…安倍首相“白タク合法化”発言に業界恐々|日刊ゲンダイDIGITAL

全文表示 | 安倍首相「お約束と異なる新しい判断」 あの消費増税「断言」の限りない軽さ : J-CASTニュース

安倍首相「7工場をアメリカ移転します」トランプに約束!日本国民が知らないうちに・・・ : J-CASTテレビウォッチ


永田町新喜劇の最先端でナウい芸人、アベさんが民間の劇場で交流試合。

安倍首相 吉本新喜劇にサプライズ出演 大阪G20をPR - 毎日新聞

吉本興業が教育に本格進出。NTTと動画配信。大崎会長「吉本は教育の会社になる」 | BUSINESS INSIDER JAPAN


関連:吉本興業が社をあげて法務省PR! 松本人志の共謀罪賛成との関係は? ワイドショー芸人の会社が行政から金を貰っていいのか|LITERA/リテラ

なんか率直に言って気持ち悪いです。オリンピックの時もマリオに扮して出しゃばって顰蹙を買ってたし、確か「笑っていいとも」にも出て番組を終わらせてませんでした?


そういう世間受けを狙おうなんて、小泉でもしなかったような。以前『たけしのTVタックル』内で好評だった『永田町劇場』。あれのおかげで民主党政権が立ったようなものだったが、またあれやらないだろうか。今ほどネタに困らない時代もないだろう。別にあの当時小泉元首相はダメとも言わなかったし。爆笑問題の「国民は怒ってます!」という議論番組もよかった。なんで今やらないんだろう。為政者の懐が小さすぎませんかね。





・・・それにしても、リニューアルからこっち、ココログがダメすぎる。記事編集中にサーバーの応答がなくなり、間に書いていた記事が反応しなくなり、消失する。おかげでこちとら1時間がパー(涙)。


体調も思わしくないので、こんな目に遭うと目が回ってどうしようもない。疲れます。本来ならもっと長い記事だったのですが・・・。

web拍手 by FC2

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2019年4月19日 (金)

辺野古基地取材 「マスコミ特定せよ」警備会社が指示 そして普天間は28年度まで使用明記 どこが『負担軽減』しかも辺野古基地の違法手続き

2019年4月25日追記 防衛省が普天間基地の耐用年数をさらに20年と想定し、使用継続できるよう、6億5000万円の血税を投入して施設改修していたことを追記しました。


沖繩関連でもうひとつ明らかになったライジングサンによる記者特定・記録の指示。やっぱりな、という内容。この前も反対派リストを防衛省に渡していたことが報道されたし、過大請求の件とあわせて、防衛省の指示だろう。でなければ、民間警備会社がこんなリスクの多い業務するはずがない。


辺野古取材の池上彰さんを撮影 「マスコミ特定」反対派リスト作成の警備会社が指示 - 毎日新聞

>関係者は、警備を委託された会社側から取材者を撮るよう指示があったと証言した。この会社を巡っては、米軍普天間飛行場の辺野古移設に反対する市民らの顔写真付きリストを作っていたことが判明している。「撮影は警備目的」とする政府答弁との矛盾が鮮明になった。



にしても、ライジングサンに目的と画像の保存について尋ねると、「お答えしておりません」。池上氏は「制限区域内に入らないように注意していた。詳細はテレ朝に聞いて」、テレ朝は「お答えしておりません」。しっかりしろよ、テレビ朝日!当事者みんなが「お答えしておりません」。この国の無責任さは堕ちるとこまで堕ちたようだ。


関連:2019年4月 8日 (月) 辺野古警備入札が閲覧禁止 ライジングサン過大請求報道後に 都合の悪いことはいつも『隠蔽』 これが安倍政権

沖縄・辺野古 防衛局と警備会社ライジングサンの闇 内部告発漏らす さらに注意後もライジング社19億割増し請求: 世の涯のおぼぼん庵


そういえば、辺野古の軟弱地盤について、鑑定書に「追加調査が必要」と書かれていたのを政府が都合よく無視していたことも明らかに。


2019年4月11日(木) 軟弱地盤「追加調査が必要」 辺野古新基地 国交省の鑑定書に記述 工期見通し不明 野党が批判  しんぶん赤旗

>8日に国会内で行われた野党合同ヒアリングで野党側が提出を求めていたもので、国交省が日本共産党の赤嶺政賢衆院議員に提出したもの。裁決書では、追加調査の想定について一切触れていません

>防衛省は「必要なら各段階で追加調査を行う」と述べ、鑑定書の内容を追認。しかし、B27地点の追加調査は「現段階では必要と考えていない」として事実上否定しました。


この政府、本当に手前味噌で嫌になる。

地盤改良工事の工期を「3年8カ月」としている根拠は? → 防衛省「地盤改良工事に必要な作業船11隻の配置から判断した」

地盤改良に必要な砂の調達先や砂の単価は? → 防衛省「今後検討・精査する」

それではそのいい加減な砂礫に変なものが入ってたらどうすんの?と問われ、

工費や砂に混入する特定外来生物の駆除についても見通しを示せませんでした


本当に都合の悪い批判には「推論に推論を重ねる質疑」とか「現実的でない設定での質問」「仮定の質問には答えられない」とか言うくせに、自分たちは「~と考えている」「~から判断」「今後検討・精査する(←いや、工事する前にやりなさいよ!)」「~と認識している」「~にはあたらない」「承知していない」とそれこそ『推測』というか『願望』で語っている。なんで誰も突っ込まないの?


そして、行政不服審査請求、つまり承認撤回取り消しの際、審査に携わる審理員に国交省の身内を一人を指定していた件。しかもその言い訳が「時間が限られていた」って、あれだけ騒いでおいて、バカにしている。軟弱地盤埋め立て可能の根拠のための有識者もたった一人だけ


2019年4月11日(木) 「普天間」運用やめよ 承認撤回取り消し 赤嶺氏が批判 衆院外務委  しんぶん赤旗

>裁決に至る経緯をただした赤嶺氏に対し、国交省の林俊行水管理・国土保全局次長は、審査に携わる審理員として国交省水管理・国土保全局総務課の職員1人が指名され、同課の執務室内で業務に当たっていた

>質疑で審理員が大臣の指揮命令下にあったことを認めた林氏

>赤嶺氏は、裁決書で埋め立て工事が可能と結論できる根拠とした軟弱地盤の鑑定の依頼先を有識者1人に限定した理由や、工事の受注業者からの寄付の有無を質問。林氏は「限られた時間だった」などと弁明し、利害関係などを確認しないまま有識者を選定したことがわかりました。


・・・ということは、あの行政不服審査請求の際、防衛省はすでに沖繩県が承認撤回した理由である「軟弱地盤」の存在を認識しながら、県の撤回は妥当でないと主張し、その調査もせず、国交大臣はそれを認めたということだ。しかも、『行政不服審査の客観性・公正性を確保する目的で16年4月に創設された』はずの審理員は、なんと身内の国交省の役人一人だけ。さらに軟弱地盤の鑑定したのは有識者ひとりだけ利害関係の調査もまったくしないまま、勝手に工事着工にお墨付きを与えたことになる。

なんだこれ?どこが『適法』?完全な違法工事じゃないか。『基地建設ありき』である。




前の記事でも触れたが、すでに普天間基地は2028年度まで使用されることが決まっている。つまり、あと最低8年は帰ってこない。これは辺野古基地をつくろうが急ごうが、決定事項なのだ。

普天間 28年度まで使用 海兵隊航空計画に明記 - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース

---------------------------------
2019年4月25日追記

 米軍が普天間基地を『28年度まで使用』としていたのには理由があったわけだ。防衛省はすでに改修に約6億5000万円もの国民の血税 を使って20年先までの運用を見込んでいた。これは国民への裏切り行為なのではないか?


2019年4月25日(木) 普天間改修 耐用年数20年 防衛省想定 穀田氏「基地の固定化だ」 衆院外務委  しんぶん赤旗

>防衛省は2016年以降、沖縄防衛局による同基地の「老朽調査」に基づき19施設の改修事業を実施。「老朽調査」の特記仕様書によると、改修事業は基地全体の6割強の範囲に及びます。これまでに完了・一部完了した3施設の改修には約6億5000万円もの国民の血税が投じられています。  穀田氏は、米軍が所有する資産ごとに耐用年数を列記した米国防総省の「財務管理規則」には「建築物」の施設改修で20年、「構造物」では15年の耐用年数を定めていると指摘。


--------------------------------



しかも後出しで沖繩近海にジュゴンの別個体が観察されていることがわかった。

八重山でジュゴン目撃 | 八重山毎日新聞社

>環境省のレッドリストでごく近い将来における野生での絶滅の危険性が極めて高い絶滅危惧ⅠA類に指定されるジュゴンが石垣島や波照間島、西表島を含む南西諸島で2000年以降、親子で泳ぐ姿など11件の目撃情報があることが分かった。環境省が16日、南西諸島での生息状況に関する調査を公表した。

ジュゴン、八重山や宮古周辺で目撃情報 専門家「新たな個体であれば大きな発見」 | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス


沖繩県民の住民投票によって、民意は明らかになり、普天間の返還は遠くなり、島尻の発言によって辺野古基地は「普天間の基地機能の整理縮小」にすぎないことも明らかになった。宮古島、奄美大島、与那国島、石垣島の新基地増設により、いよいよアメリカによる沖繩の基地機能強化が進められている。

今度の沖繩3区地方選、命運がかかっている。


 

web拍手 by FC2

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

沖繩3区 再び襲い来るデマ拡散ポスター そして驚きの島尻「辺野古基地移設は普天間基地機能が100%移るものでなく整理縮小だ」



 これまで沖繩で選挙があるたびに本土自民党が対立候補にデマ攻撃や中傷活動を続けてきたが、

関連:2018年9月15日 (土) 沖縄知事選 辺野古隠しの佐喜真氏と悪質デマ 地位協定維持の無責任な政府

2018年9月24日 (月) 自民、はったり・デマ、何でもアリの沖縄知事選 さきま候補、都合の悪い過去を抹消する 読谷村米兵事件の闇

2018年9月30日 (日) いよいよ審判の日。沖縄知事選 もう自公のデマとトリックに騙されるな 基地総工費5%は政治家にキックバック

2018年9月 8日 (土) 迫る沖縄知事選 やはりデマが拡散、暗躍する自民 基地争点回避を許すな

2018年2月 5日 (月) (新版)名護市長選終わる そして市民は基地を選んだ ――自民恐ろしきデマ攻撃の果て、公明の恩返し


今度の地方選沖繩3区でも島尻の対立候補である屋良氏に対し、デマの貼り紙を一夜にして3区全土に渡って貼るという工作活動が明らかになった。当の島尻は関与を否定し(当然だが)、「許せない」などとそらぶいている。


2019年4月19日(金) ヤラ陣営、謀略宣伝物を告発 「まっとうな政策論争を」 沖縄3区補選  しんぶん赤旗

>陣営が確認したのは、「女は政治は無理 女は台所に帰れ」と書かれた青色のA4判のポスターで、16日朝には電柱などにいっせいに張り出されていたといいます。  会見で仲里利信後援会長は、青色がヤラ候補の「選挙カラー」であり、相手の自民党女性候補に対する「誹謗(ひぼう)中傷」をあたかもヤラ候補の関係者、支援者が行ったかのような印象を与えるものだ

いったい誰が「女は政治は無理 女は台所に帰れ」と。誹謗中傷ポスターで憶測の嵐  BUZZFEEDNEWS



※2019年5月29日追記 「女は政治は無理」中傷ビラ 沖縄県警が公選法違反の告発状を受理  /沖縄 - 毎日新聞


このポスター作戦については、こちらのブログで詳しく分析されている。かなり興味深いので、ぜひご一読されるのをおすすめする。


衆議院選挙2019 ➄ 謀略ポスターミステリー ~ 一夜のうちに沖縄3区に出没した性差別ポスター、いったい誰が仕組んだ選挙工作なのか !? - Osprey Fuan Club うようよ対策課

>❶ ポスターはステッカー、は、選挙屋の発想。 ❷ 裏銀タック紙 A3 ポスターは超上等素材 ! ➌ 青カラー全面使用で、屋良陣営への謀略であることがバレバレ。頭悪すぎ! ➍ だだっ広い沖縄3区に、一夜で大量に貼り付け! ❺ 性差別ポスターの最初の投稿をチェック! ➏ 安倍の 河合克行 衆議院議員と広島県議会議員 河合あんり のご夫婦が ❼ 島尻候補に関わるアカウント二つが謎の投稿を連打 !

>さて、この「自民党総裁外交特権補佐」河井克行とやらは、本土からわざわざ、土地勘のないはずの沖縄県名護市にやってきて、   翌朝8時に、突如として、例の差別ポスターが「いたるところ」「街中に貼られている光景」を目撃する。   そうしてブログと SNS で朝から拡散。 なんという迅速さだろう。

>しかも、野党がこの差別ビラを貼ったと示唆しているが、そもそも「野党」とは、沖縄ではもちろん自民党の側。あまりに無知である。   むしろ、このツイートで「馬脚」をあらわしているのは、記念すべき自分の初ツイートで「野党の馬脚」だと沖縄謀略に加担する、河合あんり氏自身の「馬脚」ではないのか。   そのせいだろうか、河合氏はしまいにこのツイートを削除し、新たに「セクハラは許さない」というツイに差し替えた。


上記の分析通りなら、島尻は「許せない」と語る前に、疑惑の『自民総裁外交特権補佐』とやらの河井克行とやらに話を聞いたらどうか。自陣営アカウントの挙げていた『ダンボールに貼られたポスター見本』についても説明せねばなるまい。


そもそも、島尻さん、候補者座談会でこういうことおっしゃってるんですが、沖繩のみなさんはご存知で?


辺野古移設で賛否 屋良氏反対、島尻氏容認 衆院沖縄3区補選立候補予定者座談会 - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース

>島尻氏は2017年に普天間第二小学校に普天間所属のヘリの窓枠が落下した事故を踏まえ、「危険性除去のためには容認せざるを得ない。辺野古への移設は普天間の機能が100%移るものではなく、実質は整理縮小だ」と強調した。


これ、自民党の総意だと思う。辺野古基地建設は『移設』ではなく、『増設』なんで、普天間返還と実は連動していないのです。軟弱地盤問題などは早くからわかっていたことで、それを隠したまま県に許可を取り付け、いざ追及されると根拠もなく「大丈夫」「その批判は推論にすぎない」などと突っぱねているのだ。


この前も触れたように海兵隊の計画から辺野古基地建設は削除され、2028年度までの普天間基地利用は明記された。この事実をもって、『普天間基地の負担軽減』という大義はまったくなくなったわけである。

普天間 28年度まで使用 海兵隊航空計画に明記 - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース


だから、島尻はおおっぴらに『辺野古基地は普天間基地機能の整理縮小だ』と予防線を張るのは本音であり、自民党の見解なのである。・・・それにしても、都合通り進まなかったら手のひら返しで説明を変えるってさすが自民党。無責任すぎる。あれだけデニー氏を「普天間基地負担軽減に反する異分子」みたいに攻撃していたくせに、よく言えると思う。


 

また、元防衛相の森本がデニー氏の活動を「世論工作」と評して危機感を募らせているのも、自分たちはそういうやり方で世論を誘導してきたからだろう。本当、この森本って赤い血が流れているのか、と思うほど冷たい安保観を持っている。

「世論工作 油断ならぬ」 元防衛相の森本氏、玉城知事のメディア発信を警戒 - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース


また、デニー氏は官房副長官からも「工事延期ならどんな汗をかけるのか」と恫喝されていた。金食い虫で基地機能すら怪しい辺野古基地が思うようにいかないだけで、知事すら恫喝し、助成金を減らすってどんな懐の狭い政府よ。

玉城知事「対話解決も」 官房副長官「工事延期なら汗かけるのか」 辺野古新たな提訴の裏で /沖縄 - 毎日新聞

>「土砂投入を延期するなら、県としてどういった汗がかけるのか」  杉田和博官房副長官は謝花副知事に迫った。19日のトップ会談に先立つ3月中旬、首相官邸側からの提案で2人は東京都内で非公式に面談していた。

>急きょ決まった安倍首相との面談で、玉城知事は岩礁破砕差し止め訴訟の上告を取り下げることを提案した。さらに政府が工事停止に応じるならば、承認撤回を巡る訴訟の提起も控えることを示唆した。

>「対話しても折り合えない以上、この道しかないことはお互いが予想できていることだ」玉城デニー知事が就任後安倍晋三首相と4度会談を重ねた末に踏み切った提訴を、政府関係者は淡々と受け止めた。

>今後の見通しについて、ある県幹部の一人は「政府は民意で勝てない以上、司法の力を借りるしかない。変更承認の不許可など県にはさまざまな道がある」と語った。



残念なことに、政府の見解やDHCニュースや虎ノ門ニュースなどのデマに踊らされた若者が現地の基地反対派の人々に迷惑をかけているらしい。これはもう、思想以前に、教育の失敗だね。

うちなーあるある ネトウヨかるたさんのツイート: "#在特会 30人程でバスに乗りこみ辺野古にやってきて、座り込む老人たちを皆で笑いものにした。 「孫より若い、そんなガキンチョにこんなこと言われて恥ずかしくないのか」って、逆だよ、あんたたちが恥ずかしいんだよ。 https://t.co/75R5s7JIVI"



そして、今日報道自由度ランキングが報じられ、今年も去年と同じく、日本は67位だそうだ。しかし、67位って低いなあ・・・。安倍政権になると下がるランキング。『花咲き誇る』美しい国はどこへ?

報道自由度ランキング:日本67位 - 毎日新聞 

>「福島の原発や沖繩の米軍基地など『非愛国的』と見なされる話題に取り組む記者がナショナリズム集団にソーシャルネットワーク上で嫌がらせを受けている」とも指摘した。

トランプの記者叩きのせいで、アメリカは前年45位から48位に順位を下げている。国境なき記者団の分析により、自民のデマ拡散、政権批判を叩く風潮づくりの成果が開陳されてしまった。海外記者にここまで喝破されて、彼らは恥ずかしくないのだろうか。


『なうちゃん』氏によれば、「国は貧しい人々の面倒を見るべき」という当然の考えに対し、日本は47カ国中最下位の59%しか同意しなかったという。え?じゃあ国の仕事って何?社会保障いらないってこと?今の日本人がわからない・・・。

なうちゃんさんのツイート: "米国のピューリサーチセンターの調査によると「国は貧しい人々の面倒を見るべき」という考えに対し、同意すると答えた人は、英国91%、中国90%、韓国87%、米国70%であったのに対し、日本は47カ国中最低の59%だったそうです。どうやら日本は、世界で一番弱者に冷たい国民のようです。" 


そういえば、島尻は名桜大学について己の実績だと宣伝しているらしいが、当の大学に問い合わせると「知らない」とのこと。どうなってるの?

Photo_30

しかし、ここまで沖繩で必死になるのも、基地利権が絡んでいるからなんだろう。上のデマポスターにかかった費用は数十万円だという。いい加減、沖繩の民意を無視した上、血税を易々と使い、こうした嫌がらせをし続ける党をのさばらせておくのは危険だ。

web拍手 by FC2

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2019年4月17日 (水)

アベのお花見会 1万8000人の招待客 なんとかかった税金は・・・ 中には野党議員をデマ攻撃する「政治知新」の関係者も



 太閤さんの『醍醐の花見』ならぬ、『令和の花見』。アベさんが招待したのはなんと1万8000人。その税金、どこから出てるんですかね。SP付きで走り回っていたそうで、ご苦労なこと。・・・それにしてもアベさん、「花咲き誇る~」のフレーズ好きだね。梅だろうと桜だろうと、あちこちで言ってる。戦前軍部の「花咲き誇り花と散れ」を思わせてなんか嫌。

「花咲き誇る時代に」=安倍首相主催の「桜を見る会」:時事ドットコム

Photo_25

で、その1万8000人、顔ぶれを見れば百田を始めとするネトウヨ文化人。国民をばかにするのも大概にしろ。

安倍首相が「桜を見る会」に『虎ノ門ニュース』ご一行を堂々招待! 百田尚樹、有本香、ケントらネトウヨ文化人に囲まれご満悦|LITERA/リテラ 

>テレビ朝日が午前中のニュースで報じた映像を見ると、安倍首相と昭恵夫人を取り囲んでいたのは、百田尚樹に有本香という世紀の欠陥本『日本国紀』(幻冬舎)のコンビに、ケント・ギルバート、竹田恒泰、上念司、石平太郎、須田慎一郎、大高未貴、藤井厳喜…(リテラ)武田邦彦らといった『真相深入り!虎ノ門ニュース』(DHCテレビ)のメンバーたちだった。

>また、ほかにも番組司会者である居島一平や、(略)同番組のプロデューサーを務めるDHCテレビジョンの山田晃社長の姿まで……。

>さらに、『虎ノ門ニュース』出演陣が投稿した写真のなかには(略)幻冬舎の見城徹社長の姿も確認できた。

>『虎ノ門ニュース』は、例の沖縄ヘイトデマで知られる『ニュース女子』と同じDHCテレビが制作するネット番組

2_10
4_1

りゅうちぇるは去年呼ばれてたのに、辺野古署名を拡散したら今年は呼ばれてない、という指摘も。千原ジュニアも「桜を見る会」断ったそうで、偉いと思った。「知らんおっさんと見たくないわ」とのことで、正直でよろしい。お兄さんは呼ばれてるので、後で吉本の人間からいじめられないといいけど・・・。


そして衝撃のお花見の費用は・・・なんと五千万円!めちゃくちゃである。内閣府は「テロ対策の意識が強まった結果。飲食代に関しては、招待客に同行する家族が増えているため 」などとほざくが、テロ対策なのに何で1万8000人も呼ぶんですかね?そんなに呼んで、どうやってテロを防ぐの?言い訳にしても、もう少しましな言い訳をしろと言いたい。

この顔ぶれには呆れてしまうが、『与党の推薦者もおり、人数は与党絡みの人が多い』とのこと。にしても、ほとんど自民絡みではないですか。みみっちい政府だなあ。



東京新聞特報部より
3_1

>数千万円の税金が投入されるのに、招待客の氏名すら公表されないのだ。「何のための会なのか」疑問の声が上がる。

昨今は政策宣伝の趣も強く、この日もあいさつで十月からは幼児教育・保育の無償化が始まる。児童虐待撲滅の法案を成立させる」とアピールを忘れなかった。どんな人が招待されるのか。内閣府によると、関係省庁が各界各層から推薦する以外に、与党の推薦者もおり、人数は与党絡みの人が多いという。

>今年の招待客で目立ったのは、何の功労者だろうか(中略)排外主義的な思想を掲げるネット右翼(ネトウヨ)から人気を集める「右派文化人」。

>内閣府によると、今年の費用は「五千万円前後」で、一般会計に盛り込まれているという。問題はその額で、一三年は三千五百万だったので、およそ千五百万増えている。(中略)もてなし用の飲食費が増加している。

>内閣府官房総務課の江上博文氏は「(中略)テロ対策の意識が強まった結果。飲食代に関しては、招待客に同行する家族が増えているため」と説明するのだが・・・。




これ、深刻なのが、共産党女性議員を中傷したデマサイト「政治知新」運営者で田村ゆうすけ神奈川県議の弟の田村喬まで招待されていることだ。裏には菅官房長官や内閣府が関わっているというから腹立たしい話だ。野党攻撃ばかりして野党のマイナスイメージを拡散している。非常にセコく、陰湿かつ悪質なやり方だ。

 吉良よし子参議院議員に対する中傷攻撃に抗議します – 日本共産党東京都委員会 


野党議員をデマ攻撃するサイト「政治知新」に菅官房長官に近い自民党県議の弟が関与、安倍首相「桜を見る会」にも招待 |LITERA/リテラ

>いずれにしても、こうした事実が次々にネット上にアップされたことで、吉良議員に悪質なデマ攻撃を加えていた「政治知新」に、自民党県議の田村議員の弟が関与していることが確定的になってしまったのだ。

>安倍首相主催の「桜を見る会」の招待状と、自分の名前が印字された封筒の画像をアップしていたのだ。T氏は自民党県議の弟というだけでなく、本人が「桜を見る会」の招待状をもらうほどに安倍政権と近い存在だった

>しかし、このネット有志による調査が盛んになると、前述したように、まず、「政治知新」の吉良よしこ議員の記事が削除され、続いてT氏個人のFacebook投稿などが次々に消されていった。また、現在では「政治知新」のドメイン情報も書き換えられている。  本サイトは、13日、当初のドメイン情報に記されていた携帯電話の番号にかけてみたが、すでに使用されていない状態になっていた。

>先に触れた「覚醒ナックルズ」の記事も指摘していたように、内閣情報調査室(内調)の関与も疑うべきだろう。週刊誌に掲載される野党議員のスキャンダルには、内調のリークによるものが少なくないというのはもはや公然の秘密だ。





この騒動、少し前の『宇予くん』騒動を思い出す。


関連:この国の根を腐らすもの――徐々に明らかになる『ネトサポ』の正体 日本青年会議所公式キャラクター『宇予くん』騒動から: 世の涯のおぼぼん庵


これらにより、いったいどれだけの税金が流れているのだろう。官房機密費が相当な額にのぼっていると言われているが、開示義務があるにもかかわらず、例によって開示されていない。

関連:『官房機密費 最高裁判決1カ月超 開示 まだ とにかく隠す 安倍内閣』しんぶん赤旗 2018年2月26日(月) http://www.jcp.or.jp/akahata/aik17/2018-02-26/2018022615_01_1.html


あるいは、この前山本太郎が突き止めた消費増税分の84%が使途不明、というところにもヒントがありそうだ。

消費税増税分「84%が使途不明」 山本太郎事務所が突きとめる BLOGOS


アベ政権が倒れた時、私達は恐ろしい事実を知ることになるかもしれない。



さて、花見の話に戻る。

「政治知新」の件や、百田やケントなど、右派文化人(?)などが呼ばれていることと合わせて、アベが一国の首相としてふさわしくないことは明らかだろう。


しかし、たかが内閣府主催の花見に税金5千万円とは・・・。

もう一度言うが、テロ対策っていうなら、もっと招待客の人数減らせよ。同行する家族って、未成年以外は必要ないだろ。なんでそんな費用かかるんだよ。

年金カット、生活保護費カット、保険料アップ、増税、と国民には痛みを押しつけておいて、自分らがやってることは何だ?恥を知れ。まるで酒池肉林をはばからなかった殷の紂王だ。


なんで天皇陛下のお茶会みたいに、静かで厳粛な会にしようとしないのか。数だけ呼んで、しかもみんな支持者ばかり。反対するものは一人も呼ばないって、どんな独裁政権だ。

大体、アベの大好きな、『誇らしい』自衛隊員が、欠陥機F35のために行方不明だというのに、熊本地震の被災地の温泉では、先日ようやく入浴できるようになったというのに、東京で大盤振る舞いって国民をないがしろにするにもほどがある。

雰囲気が締まりなく、ちゃらちゃらして軽薄ではないか? なんだか品がない。百田のことをまともな人だなんて思ってる人は少ないだろうから、早く国民は目を覚ましてほしい。あんな人間と親しいんだよ、と。


ところで、

朝日新聞の世論調査ページの内閣支持率グラフが更新された。4月定例全国世論調査の男女別・年代別の内閣支持・不支持率のグラフが見れるのだが、ぎょっとする結果が出ていた。世論調査 - 政治:朝日新聞デジタル

29歳以下 支持51% 不支持15%

60-69歳  支持37% 不支持47%


だそうで、若者の支持が高い。若者よ、もっと視野を広く持って欲しい。年寄りは君たちの未来を案じて日々、政権批判せずにはいられないのだよ。これだけは本当だ。


今回の記事、書いている途中でまたもや編集画面で消えてしまったので、ちょっと雑なところがあったかもです。申し訳ありません。

web拍手 by FC2

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2019年4月15日 (月)

もうダメだろ、この政権 公文書クライシス「首相と省庁面談 記録なし」官邸一年未満で廃棄 いよいよ戦前軍部

 2019年4月25日追記 アベの面談記録だけでなく、さらに大臣日程までが11府庁で「不存在」とされている旨を追記しました。

 
 今日の毎日新聞の朝刊をポストから取り入れ、一面を広げた途端、血圧が急上昇した。なんと大きな見出しで『首相と省庁面談 記録なし 官邸一年未満で廃棄』などという、許されざる記事内容だったからだ。

モリカケ問題が進まないのも、官僚がいつまでたっても疑惑の文書を出さないからで、財務省文書改ざんでも、裁量労働制データ改ざんでも、自衛隊日報問題にしても、統計不正問題にしても、問題はいつも政府が当該文書を「非開示」「廃棄した」と言って出してこないからである。

政府は「文書管理を改善させた」と胸を張るが、前々からそれが疑わしいことは報道されてきた。今回、早くも政府(官邸)の嘘がまたまた明らかになった形だ。だって、文書さえなければ誰も責任を追及されずにすむ。もともと文書を作らないか、捨てればいい話、という、21世紀の民主主義国家とはとても思えぬ振る舞いである。そう、あのおぞましい戦前軍部の所業である。


公文書クライシス:首相の面談記録「不存在」 対省庁幹部、1年未満で廃棄 - 毎日新聞

>安倍晋三首相と省庁幹部らの面談で使われた説明資料や議事録などの記録約1年分を毎日新聞が首相官邸に情報公開請求したところ、全て「不存在」と回答された。官邸が記録の保存期間を裁量で廃棄できる1年未満に設定していることも判明した。  官邸の担当者は「記録は政策を担当する省庁の責任で管理すべきだ」と説明したが、重要とみられる16件を抽出して府省側に同様の請求をしたところ、10件については説明資料の保有を認めたものの、どの府省も議事録の保有を認めなかった。識者は首相の政策判断の検証に必要だとして、記録を残すルール作りを求めている。

公文書クライシス:元秘書官「頭の中の記録は消せる」 首相面談、メモご法度 - 毎日新聞

>ある省の幹部は「首相の目の前ではメモは取れない。見つかれば、次の面談から入れてもらえなくなる」と打ち明けた。


これ、めちゃくちゃである。

本当にないのか、廃棄したのか知らないが、国民の負託を受けた国家公務員が国民の納めた税金を予算とする政策決定についてまったく記録を残しません、とくに首相の政策判断に関わるものは残さないし廃棄します、と言っているのだ。

ちょっと意味がわからないし、怒りが怒髪天を衝く。おまけに、誰の許可でか、公文書を、勝手に自己裁量で廃棄できる『一年未満』に設定しているという。おい、お前らの会話内容ひとつひとつが国民の明日を決めるやり取りなんだよ、記録を残さんか。「それいいね」で『令和』も決まったんだろ?『忖度ロード』も吉田と大家の進言でOKしたんだろ?だけどそのときの記録はメールだけなんだろ?


自分たちが責任を負わないよう、なんでもかんでも官僚に負荷をかけて実行する。不正が判明すれば圧力をかけて数値や内容まで変えさせる。統計不正や裁量労働制、モリカケ問題で我々は嫌というほど見てきた。それによって、不幸にも死者まで出た。

なのに、あれから反省して改善するどころか、ますます悪化している。本当に恥知らずの政権だ。菅だの首相補佐官だのが偉そうに振る舞い、国民に奉仕するべき国家公務員風情が、まるで国民の上位者であるように振る舞う。どうなっているんだろう。


---------------------------------

2019年4月25日追記

公文書クライシス:大臣日程、11府省「なし」 面会・出席記録、当日廃棄も - 毎日新聞 2019年4月25日 東京朝刊

>NPO法人「情報公開クリアリングハウス」(東京都)が、大臣の面会や会合の出席などを記録した約2年分の日程表を開示するよう全12府省に情報公開請求したところ、11府省が「不存在」と回答した。毎日新聞の取材で12府省が保存期間を裁量で廃棄できる1年未満に設定し、日程表を作成当日や短期間で廃棄していることも判明した。

>府省は大臣日程を機械的に一年未満にしている可能性がある。

東京新聞:閣僚日程、11府省残さず 17年度から2年分「即日廃棄」も:政治(TOKYO Web)

>不開示理由として、総務、外務、厚生労働、農林水産、国土交通、環境の各省は「廃棄(破棄)した」と記載。他の府省も「保有していない」「保有が確認できない」とした。



以前の記事で官邸は「各省庁の裁量で保存すべきだ」と言っていたが、それがこのザマである。

『11府庁』ということは内閣府も入っていると思われ、結局『官邸主導』じゃないか、という。勝手に『一年未満で廃棄』に決定して捨ててるって、戦前かよ!こんな重要文書を勝手に捨ててる政府を、あなたは信用できますか?


---------------------------------




せっかくなので、『公文書クライシス』の昨年~これまでの隠蔽関連記事を並べてみようと思う。去年からのものにすぎないのに、判明しているだけで、記事はかなりの数にのぼった。改めて、このアベ政権の不誠実さ、卑怯さが確認できた次第。並べ方は日付順ではないのでご承知おきください。



まずはつい今月わかった防衛省日報隠蔽について。共産党が2015年の安保法制成立後の陸自・アメリカの合同訓練についての日報を請求したところ、なぜか3件だけしか出てこなかった件。しかも防衛相は請求に対し、「再調査する」と言ったものの、その期限はなぜか今国会終了後の6月28日。審議中に突っ込まれないよう『配慮』したらしい。ふざけている。


2019年4月4日(木) 陸自日報 確認30件中3件 新たな隠ぺいを追及  しんぶん赤旗

>2015年9月の安保法制=戦争法成立以降に陸上自衛隊が海外で参加した30件の共同訓練で、保有されている「日報」が3件しか確認されていないことが明らかになりました。これに対し、岩屋毅防衛相は3月29日に「日報の保有状況調査」を改めて指示しましたが、調査の期限は国会会期(6月26日)終了後の6月28日としており、国会審議を避けようという思惑は明瞭です。

>穀田氏は、防衛省が「日報の作成は義務付けていない」と言いながら、実際は「報告様式」まで定め作成を求めていると強調。


2019年4月14日(日) 共同訓練「日報」隠ぺい疑惑 防衛省、姑息な時間稼ぎ 共産党「事実公表せよ」と追及  しんぶん赤旗

この追及に対し、原田憲治防衛副大臣は「共同訓練では定時報告の作成は一般的ではない」(3月13日、衆院外務委)と答えたものの、

 →「平成28年度日米共同統合演習(実動演習)実施計画」(16年10月14日付)の別紙「定時報告様式」には、「過去24時間の主要な部隊行動について、部隊名、実施場所、概要、異常の有無を記載」などと、具体的に「日報」作成方法を指示していたことが判明。

しかも、

>この演習は、報告された3件には含まれていません。


なぜなのか→「大規模な訓練なので、必要な報告の一つとして求めていた」 日報はあるのに、存在を隠している。その理由は・・・

>穀田氏が最初に情報開示を要請した時期(昨年4月)にあります。当時、防衛省ではイラク派兵日報の隠ぺい問題が発覚。稲田朋美防衛相らの辞任(17年7月)にまでいたった南スーダン派兵の日報に続く新たな隠ぺい事件で、省内に激震が走っていた最中でした。  ここで、さらに新たな日報問題が広がれば大変な事態になる―


ああ、なるほどね、いつものアベ政権のセコい奴ね。納得できてしまう自分が哀しい。この政権、いつもこんなのばっか。雲行きが怪しくなると『令和』発表でうやむやにしたり、新紙幣発表で巻き返そうとしたり。あるいは大事件をぶつけて矮小化したり、記者に圧力をかけたり、やることがいちいちセコい。


しかし、陸自は去年、こういうことが起こらないように、と「文書管理室」を新設、予算を組んだはずなんですがねえ・・・。機能していないのなら、すぐ解体したらどうですか?税金が無駄なんで。


陸自「文書管理室」新設へ 防衛省概算要求 日報問題踏まえ     2018年8月31日 夕刊 東京新聞


防衛省といえば、公文書の隠蔽がまだまだある。

これも安保法制が強行採決された2015年の内部文書について、防衛省が意図的に隠蔽していたことが報じられた。それも自衛隊トップの河野幕僚長(※)が米陸軍参謀総長に「(戦争法の成立は)与党の勝利により来年夏までには終了する」と売国発言していたことを記したものである。はっきり言って、いますぐにでも、もう一度問題にして各マスコミに報じさせないといけない案件だ。


2019年1月4日(金) 共産党告発の内部文書隠ぺい 仁比質問(15年9月)の翌日 存在照合 防衛省 戦争法強行のウラで しんぶん赤旗

>戦争法(安保法制)が強行された2015年の国会で、日本共産党が独自に入手し告発した防衛省の内部文書について、質問の翌日には同省内にある文書と照合していたことが、本紙の取材でわかりました。この時点で、同省は文書の内容を真実性が高いと判断したとみられ、「同一のものの存在は確認できなかった」と答弁してきた安倍晋三首相の責任が問われます。

>共産党が入手した文書は、自衛隊トップの河野克俊統合幕僚長(※)がオディエルノ米陸軍参謀総長に「(戦争法の成立は)与党の勝利により来年夏までには終了する」などとのべたことを記したもの。この発言は戦争法が強行成立される10カ月も前の2014年12月の総選挙後にされていました。



(※)実はこの自衛隊トップの河野克俊統合幕僚長(ついこの間まで幕僚長だった)は、辺野古基地移設問題が『政治レベルの議論であるので方針に変更はない』と米軍総司令官に2015年段階で発言していた「売国おじさん」である。しかも、国内各地で猛批判されているオスプレイ問題について、「オスプレイの不安定性をあおるのは一部の活動家だけである」とも言い放っていた血も涙もない「売国おじさん」である。

自衛隊統幕長が米に辺野古「約束」 翁長知事就任直後 2015年9月3日 07:25 琉球新報

>訪米した自衛隊トップの河野克俊統合幕僚長が米海兵隊のダンフォード総司令官に対して「普天間移設反対派の知事が就任したが、辺野古への移設問題は政治レベルの議論であるので方針に変更はないとの認識である。安倍政権は強力に推進するであろう」と述べ、米側に日本の辺野古移設推進堅持の方針を伝えていたことが明らかになった。

>河野統幕長はダンフォード氏との会談で「沖縄県知事選時にはリバティーポリシー(行動指針、米軍の夜間外出・飲酒規制)の実施、地域情勢に配慮していただき感謝する」などとも述べ、米側に選挙時の対応を感謝するなど、選挙への介入とも受け止められかねない発言もしている。  

>ワーク氏との会談で河野統幕長は「オスプレイに関しての不安全性をあおるのは一部の活動家だけである」と述べ、米海兵隊の垂直離着陸機オスプレイの配備反対の声が「一部」と矮小(わいしょう)化して伝えていたことも明らかになった。

また、韓国舟レーダー問題でこんなこともおっしゃっていた。

韓国の無礼発言は「不適切で遺憾」 統合幕僚長が異例の批判 毎日新聞2019年1月17日 19時59分




・・・さて、上記防衛省日報隠蔽に話を戻します。


2019年1月4日(金) 防衛省 隠す削る 戦争法成立を米軍に約束 発言文書 普通扱い一転 秘密に 仁比質問受け“確認逃れ” しんぶん赤旗

>もともと、この文書は防衛省内の一般的な業務に使用する端末で作られ、関係部署に配布されたものです。 

>転送されるなどして同省職員73人の業務用パソコンに送られていました。たくさんの職員の目にふれる、“秘密”でもなんでもない文書だったのです。

>ところが防衛省は照合した結果を明らかにするどころか、この文書を照合した同月3日に、文書を“秘密”に格上げ。「省秘」にしていました。  

>そして同月5日ごろには、この文書を職員の業務端末から削除するよう省内で指示が出されます。

公文書クライシス 「極秘」文書存否不明 鳩山氏照会に外務省 県外移設巡り 会員限定有料記事 毎日新聞2018年12月30日 東京朝刊

>元首相の鳩山由紀夫氏は在任中に官邸や公邸で保有していた公文書の大半を処分してしまったと明かしたが、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題などに関する一部は手元に置いていた。かろうじて残された文書を見ても、政権が移設問題に腐心していたことがうかがえる。



去年、各省庁に公文書取扱改善のお達しが出て、陸自にも「文書管理室」が創設されたはずなのだが、防衛省はその指針をとうに忘れ、「会議記録は『課長以上』だけね、とい職員マニュアルに明記していたことも判明。防衛省の悪辣ぶりが明らかになった。これはついこの前、去年11月の話だ。情けないやら哀しいやら。

公文書クライシス 会議記録は「課長以上」 防衛省、指針を逸脱 会員限定有料記事 毎日新聞2018年11月6日 東京朝刊

>各省庁に作成が義務づけられた打ち合わせ記録の対象について、防衛省が「通達等に基づく課長級以上の会議」と職員用のマニュアルに明記していることが、毎日新聞が入手した資料で判明した。

しかも、

防衛省 文書探さず「不開示」5件 保存期間経過で 毎日新聞2018年6月20日 21時37分 


やる気がない防衛省。ホント自衛隊員に同情する。そりゃ死人も出るわな。海外派兵なんてとんでもない。


他にも、毎日新聞のスクープで、防衛省が追及を避けるため、省内の公文書名が外部からわからないよう、「抽象化」されていたことが判明した。

公文書クライシス ファイル名抽象化、政府全体に 国立公文書館が20万件内容照会 会員限定有料記事 2018年8月4日 毎日

>「情報公開請求を避けるために抽象的にしている」と証言する職員もおり、省庁の意識改革が求められる。


この話の後日談がすごい。その『証言する職員』について、なんと、防衛省は躍起になってそれが誰かを『犯人探し』したのである。


公文書クライシス 防衛省が証言者探し ファイル名抽象化 識者から懸念の声 毎日新聞2018年5月26日 東京朝刊 https://mainichi.jp/articles/20180526/ddm/012/010/125000c


防衛省の言い分は「取材を受けたことを上司に報告しなかった」から犯人探し。いかに政府というものが、不誠実で、政権の不都合になるものを隠蔽してきたかがこの一端で垣間見える。





そしてアベの腰巾着・世耕率いる経産省もひどい。防衛省と同じく、会議の議事録をつくるな、と指示している。増える「私的メモ扱い」文書。

本紙が入手 打ち合わせ「発言録不要」  経産省が文書で指示     2018年8月30日 14時06分 東京新聞

>この文書では、改正のポイントとして「政策立案や事務・事業の方針等に影響を及ぼす打合せ等の記録についての文書作成」と紹介。その補足説明として「『記録』は『いつ、誰と、何の打合せか』が分かればよく、議事録のように、個別の発言まで記録する必要はない」と記し、補足部分に下線を引いている。

>最終ページでは「今回の規程改正は、法律の趣旨を明確化する趣旨」だとして、改めて「議事録のように、発言の詳述は必要はない」と赤字で強調している。


梶山氏「趣旨、逸脱ない」 経産省記録問題     2018年8月31日 夕刊 東京新聞


「メールも破棄指示」 公文書管理で経産省幹部     2018年9月1日 朝刊 東京新聞



この不誠実さは経産省だけでなく、他の省へも広がっている。これをアベのせいでない、と言い切るのは不可能だろう。

経産省議事録不要 「国民向いていない」身内から批判 毎日新聞2018年8月30日 06時30分

>「その説明はおかしい」。文書を受け取った経産省職員は怒る。会議ではっきりと不作成を指示されたからだ。

「わざわざ文書を作り『発言まで記録する必要がない』と記載し、取材を受けても問題だと感じない、情報システム厚生課の感覚自体がおかしい。国民の方を向いていない証拠だ」と嘆いた。

>他の省はどうなっているのか。環境省関係者によると、最近表紙に「私的メモ」などと書かれた文書が増えた

>しかし、環境省では会議で配布する文書さえ個人文書扱いしているケースがあるという

 



件のモリカケ・財務省公文書改ざん。改めて付け加えることのない悪辣さ。「メールは60日で自動廃棄」の答弁に失笑したのを思い出す。


『公文書クライシス 財務省、メール「60日廃棄」継続 システム更新後も』 毎日新聞2018年1月22日 東京朝刊 https://mainichi.jp/articles/20180122/ddm/001/010/185000c

>「同省は60日で自動廃棄する理由について「サーバーの容量に限りがある」と説明。「必要なメールは公文書管理法などの規定にのっとり適切に保存している」としているが、自動廃棄を始めた時期など詳細は明らかにしていない」

>財務省は6月に情報システムを全面更新したが、自動廃棄を見直したか、続行しているかは明らかにしなかった。


『公文書クライシス 森友メール「ない」 財務・国交省、扱い不透明 開示請求』 毎日新聞2018年1月21日 東京朝刊 https://mainichi.jp/articles/20180121/ddm/001/010/165000c


政府 共産指摘文書の存否回答避ける 答弁書決定 毎日新聞2018年7月27日 18時21分

>政府は27日の閣議で、財務省の公文書改ざん問題で共産党が指摘した国土交通省作成とされる文書について「出所が明らかでない」として存否の回答を避ける答弁書を決定した。

対策のたび公文書が消えていく きわどい案件は私文書に 笠井哲也、森田岳穂、伊藤舞虹2018年7月20日14時28分

『公文書クライシス 公用メール、裁量で廃棄 6省庁の課長ら8人証言 議員対応、個人で保管も』 毎日新聞2018年1月15日 東京朝刊
https://mainichi.jp/articles/20180115/ddm/001/010/195000c

『公文書クライシス 公用メール廃棄 「私的メモ」公開逃れ』 毎日新聞2018年1月15日 東京朝刊 https://mainichi.jp/articles/20180115/ddm/003/010/060000c

『公文書クライシス 国交省、メール1年で自動廃棄 政策検証困難に』 毎日新聞2018年1月16日 東京朝刊 https://mainichi.jp/articles/20180116/ddm/001/010/171000c



公文書クライシス 公費使って「備忘メモ」 専門家「非公開許されぬ」 総務省研究会 毎日新聞2018年7月22日 東京朝刊

>総務省は公費を投じ業者に委託してまで作成した議事記録を「備忘メモ」扱いとし、情報公開請求に基づく開示対象から外していた。毎日新聞が入手した「町村議会のあり方に関する研究会」の記録には、同省幹部が省の意向を反映させる形で議論をリードする様子が記されていた。議論が非公開で行われるなか、同省が公表する「議事概要」では知ることのできない実態だった。

>東京大大学院の金井利之教授(自治体行政学)は「誰が発言したか分からない形にして、有識者メンバーだけが議論したかのような議事概要を公表するのは印象操作と言われかねない。音声データも含めてすべての記録を公開してほしい」と話している。

加計疑惑 首相の威借る内閣府 真相… 官僚ら口閉ざす     2018年7月30日 朝刊 東京新聞

>内閣府は記録も残していないというが、ある職員は「藤原さんは『省庁とのやり取りは必ず記録に残せ』と口うるさく言っていた。記録がないなんてありえない」と証言する。

>官邸の関与をうかがわせる記録は一六年十月、官房副長官の萩生田光一(54)が文科省の局長に伝えた内容を記したとみられる「萩生田副長官ご発言概要」にも残っていた。

>取材班は改めて関係者に接触したが、文科省との協議に同席した内閣府幹部は記者と顔を合わすなり、逃げ出した。萩生田と面会した文科省局長は「話すことはない」と口をつぐんだ。   ある文科省職員は申し訳なさそうに、こう答えた。「すみません。誰が漏らしたか、すぐ分かるので」



ほかにも続々判明する公文書隠蔽、廃棄。すでに地方行政までアベ官邸のマネをして非開示や黒塗りで顰蹙をかっている。彼らにしてみれば、「その手があったか!」ってなものだろう。

カンボジアPKO 25年前の文民警察官銃撃死、報告書は既になく 警察庁、隊員アンケートも「保存せず」 会員限定有料記事 毎日新聞2018年8月30日 東京朝刊

2018年8月4日(土) 公文書277枚 「黒塗り」 長野補助金不正 SNSで反響 しんぶん赤旗


情報公開請求、共産党だけ黒塗りで渡す 大津市「ミス」 山中由睦2018年10月22日20時04分 朝日

公文書クライシス 満蒙開拓団、戦後調査資料 廃棄・不明、14道府県 会員限定有料記事 毎日新聞2018年8月26日 東京朝刊

富士山測候所 日誌を廃棄 68年間つづった貴重な40冊 毎日新聞2018年8月10日 07時00分

印との秘密交渉隠ぺい 笠井氏 原発輸出議論で告発 しんぶん赤旗 2018年5月31日(木) https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-05-31/2018053102_05_1.html

>外務省と経産省が公開した資料「外交公電」によると、3月26日にインド・ムンバイで開かれた同作業部会に日本から外務・経産の両省のほか、原子力産業協会、原発メーカーである日立GEニュークリア・エナジー、三菱重工業、東芝エネルギーシステムズに加え、政府系の国際協力銀行、日本貿易保険などから19人の産業関係者も出席、原子力賠償、日本の政府保証、原発プロジェクトへの日本企業の参画について官民協議しました。しかし、肝心の「議論概要」は5ページ半の全てが「黒塗り」「白ヌキ」され一切明らかになっていません



そういえば、去年の施政方針演説でもアベさん、隠していた「自衛隊による米軍機防護」について開陳していましたね。これって完全な憲法違反案件なのに。やっちゃったからもう後に引けない方式の既成事実化。なんでこんなやつが未だに首相やってて、新元号まで決めてるんですかね?天皇をないがしろにして。

『施政方針演説 自衛隊が米軍機を防護 「非公表」転換』 毎日新聞2018年1月22日 21時39分 https://mainichi.jp/articles/20180123/k00/00m/010/095000c

「僕ちゃんこっそりやっていたよ。でももうやっちゃったからもういいよね」と言わんばかりの事後報告。こうして少しずつ米軍支援の形で既成事実を積み重ね、このままずるずると自衛隊派兵への道を固めようとしている。



以上、去年からものを並べてみただけだが、この政権のヤバさが再確認できたことと思う。どんな理屈をつけようと、これほどに文書隠蔽が起こる政権がまともなわけがない。


しかも、隠蔽が起こるのは決まってアベに疑惑の目が向いた時だ。官僚たちはアベを守るため、その優秀な頭脳をフル回転して公文書隠蔽、改ざん、廃棄を行い、文書をつくらずにすむよう、無駄に頭の記憶容量をパンパンにしている。もはや憐れみすら湧いてくる。


それにしても、この行いは戦前軍部。かつて戦争責任を問われぬよう、必死に各省の官僚たちは文書を焼き、東京の空は煙で曇ったという。

その時代が再びやってきたというのか。当時は地方の役所でも証拠文書になりそうなものはバンバン焼いたというから、この国の役人の無責任さは他国の追従を許さない。


大臣はころころ変わり、五輪相だけでもう6度変わっている。そのたびに「任命責任は私にあります。真摯に受け止め~」と神妙な顔をするものの、一向に「任命責任」を取ろうとしない。

国民も、さすがにおかしいと気づかないとやばいんだがなあ・・・。







web拍手 by FC2

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2019年4月12日 (金)

ここで振り返るF35の欠陥問題 防衛省、F35の966件欠陥リストも持たぬまま爆買い その時国会では・・・

2019年4月12日 追記 F35が過去二回もトラブルが起こっていたことについて追記しました。
2019年4月17日 追記 実はF35はこれまで7件のトラブルが起こっていたことが判明。追記しました。
 

 海上で消息を絶ち、墜落したと思われるF35。パイロットの安否が気にかかるところだが、このような事態を招いたのも、F35の欠陥を認識しながら、これを重点政策として自衛隊に訓練を課し、爆買いするという愚を犯すアベ政府の不誠実さが招いた事故に思われる。


空母いずもに艦載するということからも、今後の日本主力兵器としての活躍を期待しているのだろう。しかし、そもそもF35は一機100億もする高機能戦闘機。パイロットが使いこなすのにはかなりの知識と状況判断、技術がいる。操作ミスも誘発することだろうと思う。


パイロットの習熟度によっては事故も起こりやすそうだ。そんな中での墜落報道。やはり105機も買うのは無理があるのでは、と感じた。最低105人もこれを使いこなす人材を育成する必要があり、かえって非効率だ。しかもアメリカでは966件もの欠陥があるという。自衛隊員が不足している中で、これは隊員たちにとってかなりの負担になるのではないか。


F35、欠陥未解決の生産批判 米監査院「ゴール急ぎすぎ」 - SankeiBiz(サンケイビズ)

>F35には1月時点で「未解決の欠陥」が966件あり、このうち少なくとも180件は国防総省の現行計画では「フル生産前に解決されない」見通しだとしている。



共産党は、この966件もの欠陥を持つF35について、防衛省はリスト化して把握しているのか、そして我が国の所有する機体は改善されているのかなどについて2月の国会で追求していた。


日本共産党⚙🌾さんのツイート: "政府が105機もの追加購入を決めたF35戦闘機。パイロットが酸欠状態になる故障を6回もおこしていながら原因は不明。アメリカが公表した未解決の欠陥は966項目にもなります。欠陥の実態をつかまないまま、“爆買い”を続ける日本政府を宮本議員がきびしく追及。… https://t.co/h335Hm6xmV" (動画)

上の動画を見れば、

○なんとF35の966件の欠陥について、防衛省はリストを持っていない

○飛行の安全に関わる欠陥が100何件、任務を正確に行う妨げになるものが800何件ある。その情報を持たぬまま、防衛省はF35の105機の爆買いを決めた


ことが判明。そして先日起こったF35の墜落。理由は『酸素吸入器もしくは別の欠陥による事故』なのか、『パイロットの操作ミス』なのかはわからない。起こるべくして起こった事故ともいえる。

政府とアメリカは戦々恐々だろう。おそらく、理由がどちらにしろ、アメリカが調査に入って日本に介入させず、詳細を伏せたまま「パイロットの操作ミス」として結論づけるものと思われる。「コックピットの欠陥による酸欠」なんてことになれば大変なことになる。


2019年2月16日(土) 安倍政権の“浪費的爆買い” F35戦闘機 欠陥把握せず 衆院予算委 宮本徹議員に防衛相答弁 しんぶん赤旗

>呼吸調節装置が頻繁に故障し、墜落の危険もあると強調。原因究明はされたのかとただすと、岩屋氏は「米国防総省が原因の調査を行っている」と述べ、改善されていないことを認めました

>国防総省の年次報告によると、F35A搭載の機関砲の正確さが契約仕様を満たしていないと指摘。岩屋氏は「米国政府がいかなる契約仕様としているか承知していない」とする一方、「わが国の仕様は満たしている」と強弁しました。



2019年2月16日(土) FMS 日本急浮上 “兵器爆買い”契約額 宮本議員が追及 しんぶん赤旗

>日本の契約金額は10年に4億8424万7千ドルだったのが、17年には38億3710万5千ドルへと急増しています。   宮本氏は、17年の上位5カ国は、カタール、サウジアラビア、日本、イスラエル、イラクだと言及。「上位5カ国で日本以外は軍事作戦をやっている国だ。そうした国と同じほどFMSで米国製兵器を買うのは異常だ」と批判しました。


上の記事によれば、日本の兵器爆買いの異常さが浮かび上がる。2010年度には4億8400万ドルだったのが、17年度には38億3千万ドルへと、およそ7倍(!)になっている。


わずか7年で軍事費が7倍っていくらなんでもおかしいでしょう。北朝鮮情勢とか中国情勢とか、そういう次元ではない。7倍にすれば戦争しても勝てる、防衛になるとでも?それこそお花畑だろうと思う。

じゃあ小泉政権の時、中国はおとなしかったですか?というか、欠陥機やグアムとハワイを守るイージスシステムとか、「いずも」と「かが」の空母化や、電子兵器の購入や、ミサイル基地の乱立や、ロシアまで射程に入るミサイルの購入とか、どう説明するんですかね。


この軍事費の額は、あの軍事国家イスラエルやカタール、サウジアラビア、イラクと同格であり、戦争を現在進行形で行っている国と肩を並べている異常。・・・あれ?日本って戦争してるの?だから沖繩の辺野古、宮古島、石垣島、鹿児島与那国なんかで次々基地をつくって日米合同訓練を盛んにやってるんですかね?


共産の宮本氏はこの背景には、トランプとロッキード社との蜜月ぶり、そしてそれに応える形での爆買いだと、防衛大臣に追及している。


上のしんぶん赤旗での記事や、動画にあった宮本氏による国会質疑について、またまたBUUさんの文字起こしをお借りし、その様子をご覧いただこうと思う。いかに岩屋防衛大臣が「我が国では大丈夫」と問題を根拠なく否定し、欠陥についての認識を軽視しているかがおわかりいただけると思う。



BUUさん書き起こし2月15日衆院予算委員会。部分的に省略しているそうです。以下、かなり長いです。


~15日衆予算委 共産宮本 F35爆買い問題 「昨年12月安倍政権はF35戦闘機、今取得中の42機に加えて105機も追加取得することを決めました~


宮本「アメリカの検査院の報告書~次々問題点が見つかってコストが膨らみ続けております。~アメリカの国防総省の運用試験評価局の、2016年の年次報告書には、毎月20件の新しい欠陥が出てくると書いてあります。たとえば、2015年には、緊急脱出装置から、体重が62キロ以下のパイロットが飛び出したら首の骨が折れると。岩屋大臣は、こういう問題が起きた事、ご存知でしたか?」

岩屋「ご指摘の報告書については、承知をしております。あー、また今、委員ご指定になった頸部損傷の可能性があるっいう課題が指摘されているってことも承知をしておりますが、米国防省は、この指摘につきまして、軽量パイロット用のパラシュートの展開を遅延させるスイッチの追加、頭部の挙動を抑制する頭部サポートパネルの追加、ヘルメットの軽量化、による、改善のための取り組みを既に開始しておりまして、136ポンド未満のパイロットが搭乗した場合であっても支障が無いものになっている、と言う風にあの、承知をしております」

宮本「アメリカはそういう取り組み、当然やるわけですよね。座席の改修も2017年に開始したと報告書には書いてますが、これ、自衛隊機は座席の改修も含めて対応したんでしょうか?」

岩屋「現在、我が国に配備中の機体や、今後配備予定の機体についても、ついては、追加的な予算措置を必要とせずに、既にこの改善は反映されて、おります

宮本「ちょっと前に聞いた時には、改善してないって報告だったんですけど。改善したと言うことですが~2017年にはF35のパイロットが酸素欠乏になる重大事案が6回起きております。F35の生命維持システム、呼吸調節装置が頻繁に故障すると。急激なコックピット内の気圧変化は、耳や鼻を損傷して、パイロットが状況認識を失い、後続機を墜落させる可能性があるこれは原因が特定されていないとアメリカの報告書には書いてありますが、大臣、これは、原因が究明されて、改善されたんでしょうか?」

岩屋「昨年6月の米国会計検査院の報告書におきまして、F35のパイロットが酸欠の症状を訴えた事例が発生したと指摘をされております。えー、米国防省は、F35の飛行を行いつつ、原因の調査を行っておりまして、F35の導入国に対して、あの、逐次、情報の提供が行われているところでございます。現時点で、航空自衛隊のF35Aについて、改修が必要であるという情報はなく、また、航空自衛隊において、既にF35Aを運用しておりますけれども、酸欠の症状を訴えたとの事例は、発生しておりません

宮本「いやいや、原因は究明されたのか、と聞きましたら、原因はまだ究明されなくて、各国あわせて究明中って、、まさに欠陥があって、いつ、とんでもない事態があるか分からないという、中で、F35を飛ばし続け、しかも、さらに爆買いしようとする、という話じゃないですか。F35はソフトウェアの開発も遅れまして~F35Aに内蔵されている機関砲は、2018年9月までのテストで、正確さが契約仕様を満たしておらず、容認できない、つまり撃っても弾が当たらない、と言うことだと思いますが、この事を承知で105機の追加契約を決めたんですか?」

岩屋「えー、本年1月末に、米国の運用試験評価局が、F35Aの機関砲の精度について、’米国の’契約仕様を満たしていない旨を、議会に報告をしております。米国政府が、いかなる契約仕様としているかは、承知をしておりませんけれども、この記述の趣旨については、現在、確認中でございます(思わず声をあげる宮本「えええ」)なお、なお、航空自衛隊に納入されているF35Aについては、’我が国が’必要とする、契約上の仕様を満たして(顔をあげてドヤる岩屋)いるところでございます、、えーーー、デスッ」 (またも、ドヤ顔で去る)

宮本「驚きですねー、、アメリカの契約仕様と、日本の契約仕様が違って、アメリカは契約仕様を満たしていない弾が当たらないと、欠陥機だと言ってるわけですね、日本は少々外れてもいいと言うことで、買ってるのかな、と言う風にも思ってしまうわけですけど~検査院の報告では、2018年1月の時点で未解決の欠陥が966件あったと書いてあります。防衛省は、この~966件のリストの詳細は、お持ちなんですか?追加取得を決めるにあたって、この未解決の966件、どこまで解決したと把握されてるんでしょうか?」

岩屋「~2018年1月時点で未解決の課題が、F35のABC全ての形式全体で966件あるという記述が、確かにございます。えー防衛省としては、あのー、そ、そのー、リストは、保有して、おりませんこれらの課題について、確認を致しましたところ、我が国が導入するF35Aの機体につきましては、運用能力や飛行の安全性等に、影響を及ぼすような課題はな い、と言うことが判明をしております。それ以外の、比較的軽微な不具合につきましては、既に改善の取り組みが開始、されておりまして、主に、ソフトウェアのアップデートによりまして、追加費用の負担なく、逐次、改善されております」

宮本「いやこれ、966件のリストを保有していないと言うのも、ビックリしましたけれども、つまり、追加取得を決めるにあたって、アメリカが、こんだけ欠陥ありますよと公表しているものを、いっぱいあるんだろうけど、直ってるかどうかも分からない、どういう欠陥持ってるかも分からない、ママ、105機も、買うって言うのは、およそ、国民感覚からしたら、信じられないと思いますよ~直ってるってのは、確認されたんですか?」

岩屋「今申し上げましたように、我が国が導入しているF35Aの機体につきましては、運用の安全性に影響を及ぼすような課題が、な い と言うことを、確 認をしているわけでございます」

宮本「この966件の欠陥と言うのは、それこそ、飛行の安全性だとかに及ぼす重大な欠陥が、百何件、それ以外に、任務を正確に達成する上で妨げになるという欠陥が、残り800件くらいってことになっているわけですよ。どっちも軽微って話じゃないですよ。~どこまで直ってるか分からない、そんなままで買うんですか?」

岩屋「~その、導入を停止せよという趣旨の報告書ではなくて、課題について、解決をしなさい、と言う趣旨で、報告書が出されているわけでございますから~自衛隊に導入する際には、その安全性の確認をしっかり行う事は当然のことでそういう作業はしっかりと、やらせて頂いていると言うことでございます」

宮本「1月の米国の報告書見ますと、2018年のサイバーセキュリティテストでは、以前のテスト期間中に識別された脆弱性は改善されなかったと。~改善傾向はないと。全然岩屋大臣の話とは違う事が報告書には書いてる。改善傾向の見られないものを、どんどん爆買いするとは、とんでもない話。~F35Bについて~追加取得105機のうち42機はストーブル、短距離離陸、垂直着陸ができる機体、岩屋大臣は、F35Bは有力な候補機と。ところが、米国検査院の報告を見ると、F35Bのタイヤに耐久力がないと書いてある。着陸回数10回以下しか持たないと。2018年末までに、25回以上持つように改善すべきだと書いてあるんですけど。これ一体、何回着陸できるように直ったんでしょうか?

岩屋「~正式な機種選定は、これからでございます。~ロッキード・マーチン社は~25回以上耐えられるタイヤの開発を指示され、その新しいタイヤを選定し、2018年までにタイヤの試験を行う見込みと報告をされております。いずれにしても我が国としては、その機種選定に向けて、しっかりと我が方の要求性能を示した上で、透明性のある手続きを踏んで、機種を最終的に決定したい」

宮本「報告書に書いてる事を紹介して頂くだけじゃ、困っちゃうわけですよ。実際、何回着陸もつようになったのか、文書として確認してないんですか?」

岩屋「いや、ですから、ロッキード・マーチン社は、ですね、25回以上耐えられるタイヤの開発を行っている、と言うことでございます。ま、我が国の、戦闘機で、ありますれば、30回程度で交換することが通常でございますので、その、要求性能というものを、しっかりと示した上で、機種選定を、しっかりと行っていきたい」

宮本「~25回じゃ、我が国の仕様を満たさないじゃないですか(岩屋自席発言「25回以上で」)ちなみにF15は50回くらい持つんじゃ?このF35Bのタイヤってのは、1組いくらして、F35Bの維持費ってのは、一体どれくらいのものなんですか?」

岩屋「F35Bの機体を構成する一部分(タイヤって言えよ)である、タイヤ、一組の、、価格、や維持費、についてはですね、公表されている情報は、承知を、ぉ、ぇ、して、おりません」

宮本「いやいやいやいや、F35Bをですね、有力な候補機と言いながら、どれだけ維持費がかかるかも分からない、こういう中でですよ、取得だけ105機、そのうち42機はストーブル決めるなんて、とんでもない話じゃないですか~」 「ちなみに、アメリカ海軍司令官でパイロットであったクロス・ハマー氏は『F35は、冷戦時代の航空機と比べると、実はたった一つの優位性しか持っていない、ステルス性だ。F30を開発する代わりに、F15,F16,F18など、既存の航空機を改修し、性能を向上させるだけで十分だ』こういう意見もある。まだまだ使えるF15を廃棄して、どれだけ維持費がかかるか、欠陥も沢山あるF35を105機も買う、無責任な浪費的爆買い」 「(米軍が、F35高額な維持費のために、計画してきた調達量を減らすかもしれないとなった)ちょうどこの時期に、トランプ大統領が日米首脳会談で、繰り返しF35の購入を迫ってきた。米が調達機数を減らす可能性がある中で、トランプ大統領はロッキード・マーチンの生産と雇用を守るために、日本にF35の大量購入を求めて来た、こういう話なんじゃないですか?」

岩屋「~トランプ大統領から購入の要請があったという事実は、私どもは承知をしておりません。あのーおー、そういうストーブル機の導入については、えー我が国の、防空を、まっとうするために、必要不可欠なものとして、判断をしているものでございます」

宮本「いやー、日米首脳会談の記者会見の前後で、いつもF35について、喋ってるじゃないですか、トランプ大統領は、承知してないどころか、周知の事実じゃないですか?なんでそんな事まで否定するんですか?ちなみにトランプ大統領は、ロッキードマーチンとの関係もズブズブで。~総理がアメリカに行った際、全米商工会議所との朝食会を行ってますが、14人よばれたビジネスリーダーの一人もロッキードマーチンのCEOだった、カジノの時と一緒じゃないですか。最後に麻生大臣にお伺いします。アメリカとFMS契約を行っている国、金額順に並べると、~日本は2017年3位、上位の国を見ると、カタール、サウジアラビア、イスラエル、イラク(野田「宮本さん、質問時間が終了しました」)これ、日本以外、戦争をやってる国じゃないですか。なんでこういう国と同じほど、FMSでアメリカ製兵器買ってるんですか?(野田「宮本さん、質問時間を終了します」)異常じゃないですか、大臣、最後、答えて下さい」

野田「簡潔に」

麻生「時間割は、どれくらい頂けるんでしょうか?(簡潔に、って言われただろ)あなたのおかげで、減らされる後の人に迷惑がかかりますんで。この、フォーリン・ミリタリー・セールスの話ですけど(FMSって言えよ)(野次に)これ、大事な事じゃない?今後とも。~31年度の予算案において、調達というものが、過去最大となっておりますが、これはイージスアショアの主要部門を計上している事と、私どものまわりに、色々と、きな臭い匂いがしてないわけでもありませんので、そういったものに対して、早期警戒機、e2dについて、いわゆる、一括調達と言うことで、大きく影響しているんだと思っとります。~効率的な調達に取り組んでいるものと理解をしております」



・・・なんというか、辺野古基地の完成まで、「(時間とお金が)いくらかかるかわからない」という状態とまことによく似ていることがわかる。アベ政権というのは、最初に結論があって、それに沿って理由付けしていき、不都合があると論理や法を捻じ曲げていく、という、まさに戦前軍部と予算決定や政策決定のやり方が酷似している。


麻生が「きな臭い」匂いと言っているが、「きな臭く」しているのは彼らの方であって、やれミサイル訓練だ、アラートだ、と国民を煽った挙げ句、馬鹿みたいに大量に高額欠陥兵器を買い込もうとする。それも「アメリカの雇用のため」に。自国民の雇用を守りなさいよ。

いつまで国民はアベ政権の詐術に騙され続けるのだろう。このままでは気づいたときには完全監視社会・格差社会のディストピアだ。



2019年4月12日 追記 


新たな情報が入った。上の国会答弁で岩屋防衛相が「我が国では問題は確認されていない」「課題はない」と答弁していたが、実はやっぱり過去二度も不具合があったことがわかった。

東京新聞:墜落機、過去2度不具合 空自F35A 17、18年緊急着陸:社会(TOKYO Web)

>当該機は二〇一七年と一八年の過去二回、飛行中に不具合が発生し、緊急着陸していたことが十一日、分かった。衆院総務委員会で防衛省が明らかにした。いずれも関連部品を交換した後、異常がないことを確認したという。防衛省は事故との関連性については言及を避けた。


結果飛行に支障がなかったということだが、ならばそれがただちに『F35に欠陥はない』ということにはなるまい。それどころか、『F35には欠陥がある』ということは明らかなのである。なのに政府はアメリカからの爆買いに支障をきたさないよう、欠陥リストや改善策を練らないまま、問題を放置していたことになる。


つまり、政府は自衛隊員の命など軽視し、『機体購入ありき』で物事を進め、都合の悪い欠陥には目をつぶってきたことが実証された。それゆえに起こったF35の墜落事故。本当に人命を軽視するアベ政権には憎しみすら覚える。自衛隊員が不足していると改憲を叫ぶ一方、こうして無責任で不誠実なことをやり続ける。


こんな状態で戦争しても勝てるはずがない。一刻も早くまともな人間に舵取りを任せるべきだ。


あと、こんな見方も。

【安倍晋三】安倍政権マッ青 最高機密詰まる墜落F35Aで日米中ロ争奪戦|日刊ゲンダイDIGITAL


2019年4月17日 追記

12日には『二件不具合』とあったのが、16日、実は『7件の不具合』だったことが判明。どうなってるんだ。隊員の命がかかってるのにまだ誤魔化すのか。防衛省は「確認できていない段階で答えた」などと言い逃れをしているが、どちらにしても人命を軽視している。

F35A:緊急着陸7件 空自所属、墜落機以外も4機 - 毎日新聞

>防衛省は16日、これまでに国内に配備された13機のF35Aのうち5機で計7件の不具合が起き、緊急着陸していたことを明らかにした。このうち2件は事故機の不具合だったことが判明している。同省はいずれも事後の点検で安全が確認されていたとしているが、事故との関連も調べる。  防衛省によると、不具合は2017年6月~今年1月、運用試験や訓練のための飛行中に発生した。

F35A緊急着陸、計7回に訂正 防衛省、三沢の13機中5機で | 共同通信

>防衛省は「しっかり確認できていない段階で答えた。部隊に確認するなどして判明した」としている。



web拍手 by FC2

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2019年4月11日 (木)

記事に追記しました。それと桜田五輪相の突然の辞任

2019年4月 7日 (日)
下関北九州道路 塚田元副大臣『忖度』の構図 時系列を見れば、どう見てもアベの『指示』: 世の涯のおぼぼん庵


の記事に追記・加筆しました。

2019年4月9日 国交省メール公開、および大家議員の公式HPについて追記。


2019年4月10日 大家議員のフォーラムでの発言について追記。

2019年4月12日 調査費用が国直轄となった道路は、108路線のうち下関北九州道路の1件だけだった 件についても追記。



ますます『首相案件』。クロに近づいて参りました。モリカケとともに、もう何回目の『疑惑』の『忖度』だろう・・・。


そして。

五年後のはずの新紙幣発行の報が踊り(しかも衝撃の政商・渋沢栄一)、突然の桜田五輪相の辞任。

東京新聞:桜田五輪相、復興より政治家大事 議員パーティーであいさつ:政治(TOKYO Web)

東京新聞:安倍首相、桜田義孝五輪相を更迭 震災復興巡り失言、政権へ打撃:政治(TOKYO Web)

「復興よりも高橋をよろしく」は確かに問題発言だが、「あ?大きな声で言えや」「景気の変化は感性」「セクハラははめられた」の麻生だって非常に悪質だ。事実、最初は記者に桜田は「そんなこと言ってない。記憶にない」と言っていたのだが・・・。

よほどアベは塚田元副大臣、つまり『忖度ロード』のことで過敏になっているようだ。二階や麻生の地元で敗退するという思わぬ結果に焦っているらしい。

だが、それならなぜほぼクロ案件の片山さつきや、福岡県連最高顧問を退いた(数々の疑惑の中心の)麻生が辞めずに、桜田が発言の翌日に辞任なのか。

これは『忖度ロード』がかなりヤバイ案件だからの証左だろう。検察さん、出番ですよ。

web拍手 by FC2

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2019年4月 8日 (月)

辺野古警備入札が閲覧禁止 ライジングサン過大請求報道後に 都合の悪いことはいつも『隠蔽』 これが安倍政権

 毎度毎度浮かび上がる、辺野古基地にまつわる不正。これまで何度もアルソック・ライジングサン等の警備会社による、過大な警備費問題を取り上げてきたが、またも政府の隠蔽工作があらわになった。


ライジングサンについての防衛省へ過大請求事件は、以下の記事に詳しく書いたのでご参照ください。

沖縄・辺野古 防衛局と警備会社ライジングサンの闇 内部告発漏らす さらに注意後もライジング社19億割増し請求: 世の涯のおぼぼん庵



要約すれば、防衛省はライジングサンから19億もの過大請求を受けていたことが発覚したものの、その後も契約を切らず、契約を続けたという、癒着の疑われる問題。さらには、そのことを防衛省に内部告発した社員に対し、防衛省はその社員についての情報をライジングサンに漏らし、社員が左遷されたという。つまり、防衛省とライジングサンが癒着していたことを示す事件だった。


過大請求については会計検査院も指摘し、改善が求められたのだが、そのことが報道された後、なんと防衛省は辺野古の警備入札について、これまで自由に閲覧できていたのを突然『非公開』にしてしまったのだ。


東京新聞:<税を追う>辺野古警備入札、閲覧中止 「高額」報道後に防衛省:社会(TOKYO Web)

>防衛局は、入札手続きの透明化をうたう入札契約適正化法に基づき、局が発注した業務の「入札・契約状況調書」をHPや窓口で公開しているが、報道を受けて防衛局の職員が確認すると、工事やコンサル業務のほかに警備業務も公開していた

>適正化法や防衛省の内規では、警備業務を含む「役務」について言及がなかったため、防衛局内で扱いを再検討。一六年度の入札から警備業務の入札・契約状況調書を非公開扱いに変更した。入札結果の概要は今もHPで公開しているが、入札参加業者や各社の入札額まで記した調書は情報公開請求をしない限り、見ることはできなくなった。



しかも、東京新聞の記者に対し、防衛局の担当者は「報道を見て公開されているのを知り、局内で問題になった」「公開していたなんて、担当者の認識がおかしかった」と答える始末。国民に奉仕する国家公務員でありながら、『税金を支払う国民に、その使途や経緯を知らせる』という最低限の義務も果たそうとしないことに愕然とする。


一方、国土交通省の担当者は、「別に工事以外を公開していけないことはない」と答え、防衛省側の理屈と矛盾する。


東京新聞:<税を追う>辺野古警備入札非公開 いわく付き案件にふた:社会(TOKYO Web)

>「報道をきっかけに公開していたことが分かり、局内で問題になった」  防衛局の担当者は入札内容の公開を取りやめた経緯を明かした。「担当者の認識が誤っていた」との立場だ。

>防衛省が非公開に切り替えた根拠とする「入札契約適正化法」は、公共工事の発注者に入札・契約の情報の公表を定めている。対象は工事だが、国土交通省建設業課の担当者は「『工事以外は公開してはいけない』とまでは規制していない」という。都では、警備のような役務の入札結果をHPで公開している。

>そもそも適正化法は相次ぐ談合事件を受け、入札や契約の手続きを透明化しようと法制化されたものだ。

> 防衛省の公正入札調査会議の会長を務めた郷原信郎弁護士は「不透明だと指摘されていたのだから、むしろ積極的に公開して透明化を図らないといけないようなケース。法令上、公開の義務付けがないといっても、税金を使った公共調達の透明化の点からすれば不適切だ」と批判する。


専門家も指摘しているように、これでは『入札や契約の手続きを透明化しようと法制化された』 入札契約適正化法の名が泣く。結局、不都合なことが表に出るのを防ぎたい一心なのが透けて見える。これを『隠蔽』と呼ばずして何と言おうか。


辺野古だけに絞っても、首相が嘘八百言って、防衛省も未調査のものを「調査済み」と言い張る不誠実。今回だけがアベ政権の隠蔽工作ではない。モリカケについても、いまだ肝心の文書が公開されていない。スーダン日報についても同じ。ついこの前も、統計問題の実質賃金の公表を見送っている。『忖度』発言の塚田元副大臣についても同様だ。


彼はとくに何か不正を働いたとか、スキャンダルもなかった。一方、あの片山さつきは証言者もいてまったくのクロなのに辞めてないし、甘利や下村も疑惑のまま、説明責任も果たさず居座って重要ポストについている。


『忖度』発言だけで辞めるほどのこと、ということはつまり、彼はよほど政権にとってダメージなる真実を語ってしまった、ということだ。検察よ、早くアベ・アソー容疑者を勾留し、自白するまで留め置きなさい。ここまで状況証拠がそろってて、動かなければ嘘だぞ。 


都合の悪いものは文書であろうと大臣であろうと、覆い隠して『隠蔽』する。これがアベ政権の真実だ。宮古島弾薬庫の嘘と不誠実を見ても明らかだ。



そういえば、こんな記事も。

辺野古「警戒船」への日当、2年で5億円以上 漁師間で摩擦も 沖縄タイムス+プラス


防衛官僚が辺野古を食い物! 防衛省の米軍基地担当元幹部が新基地建設関連事業への投資謳うファンドの広告塔に|LITERA/リテラ

>辺野古新基地建設を担当していた防衛省の元幹部が新基地建設の関係企業に金を貸し付けるという投資ファンドの「広告塔」となっていたというものだ。   スクープしたのは3月17日付の「しんぶん赤旗日曜版」だ。問題になっているのは、ネット上で個人投資家から資金を集めて企業へ融資する仲介業務(ソーシャルレンディング)を行なう「エーアイトラスト」という東京都の会社。同社はもともと沖縄の軍用地投資なども手がけているが、「赤旗」によれば、米軍新基地建設工事用の大型海砂利採取・運搬船をつくる資金を調達するファンドを立ち上げていたのだという。

>実はこのファンドを運営するエーアイトラスト社には、元防衛省幹部で、米軍基地建設を担当していた渡邉一浩氏が取締役に就任していたのだ。   渡邉氏は防衛省を2016年に退職したキャリア官僚で、最終役職は大臣官房施設監。施設監というのはまさに、自衛隊の施設や米軍基地の建設・整備を統括管理する責任者だ。そんな人物が、米軍新基地建設関係会社への貸し付けを謳い文句にした投資ファンド運営会社の幹部におさまっていたのである。

鶴保庸介前沖縄担当大臣に辺野古新基地利権をめぐり重大疑惑!「顧問料」「面会料」の名目で1000万円もの裏金が|LITERA/リテラ


あの『アベ・麻生ロード』にしても、カジノや万博、東京五輪にしても、よくもまあ、ここまで建設利権で儲けられるものだ。国民へは年金カット、支給年齢引き上げ、介護保険料アップ、医療窓口負担アップ、消費増税(そのために宣伝費400億円・増税収入5兆円のうち増税対策に2兆円)等々、苛めたおすくせに。


この期に及んで自民や公明、維新に入れる人の神経がわからない。

大阪と北海道は酷い結果だった。それぞれ維新や自民を支持した人は、原発再稼働OK、カジノ誘致OK、水道民営化OK、都構想で大阪市消失OK、分割区ごとに区長の選挙が必要OK、とか最低限のことをわかった上で入れているのか?


もしわかっていないのに入れているのなら、きちんと考えて投票した人が巻き添えになって気の毒だ。無理心中のようなものではないか。

辺野古基地問題にしても、中国に対する安全保障や日米同盟の問題として語られているが、そもそもの話、基地建設にあたっての説明も、調査も、手続きも、民意への対応も、すべてにおいて不誠実で嘘ばかりである。


「中国がー」以前の問題なので、国民はまず、政府のその不誠実な姿勢を非難すべきではないか?政府も軟弱地盤の地盤改良工事だけで最低3年8ヶ月、完成までどれだけ費用がかかるかも、どれだけ時間がかかるかも答えられていない。普天間がいつ返還されるかも明言していない。

しかも、米海兵隊は2019年度の海兵航空計画から、辺野古基地計画を『見通しが立たない』として削除した。もはや政府は大義を失っているのだ。


2019年4月9日(火) 米海兵隊2019年度計画 辺野古計画を削除 軟弱地盤で米軍も見通し失う  しんぶん赤旗


で、普天間基地は2028年度まで使う予定らしい。どこが『普天間基地の負担軽減』?固定化の間違いでは。

普天間飛行場2028年まで使用 名護市辺野古の新基地遅れ想定 米海兵隊計画 | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス




今回の『辺野古警備費過大請求問題』の『隠蔽工作』も、辺野古基地の是非を決める、十分な検討材料だと私は思う。


あ、あとついでの話だが、この前マンション警備を担当するアルソックの若者に尋ねたところ、辺野古警備の契約が3月で切れたそうだ。彼が言うには、「辺野古の警備はものすごく高給」だそうだ。あと、「絶対僕らは反対派に触らない」そうである。民間警備会社としては、デモ隊に怪我をさせたりしたら大変だからだとか。だからあの乱暴に反対派を排除しているのは主に機動隊らしい。国家公務員って一体なんなのでしょうね。

 

web拍手 by FC2

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2019年4月 7日 (日)

『アベ・麻生ロード』の他にもムダな公共事業 アベ地元の人工島『長州出島』 おや、普天間基地負担軽減にどう?

 夕方、近所の桜見物のかたわら選挙に行ってきたが、思いの外、投票所へ向かう人の多さに驚いた。同じ建物の人も次々と出かけ、近所の人たちも、あちらこちらからどんどん同じ目的地へ歩んでいく。

もしや先日の『忖度ロード』の件で黙っていられなかったか、『令和』報道で感極まり、自民へ入れに勇んで来ているのか。各人の心のうちはわからないが、昨今経験のない多さである(たまたま行動時間がかぶっただけか)。


さて、前の記事では『アベ・麻生ロード』が、いかにムダな公共事業で凍結され、なのにアベの意志を受けた吉田・大家茶坊主が、塚田に『忖度』させたかを述べた。

だが、今回はアベの地元の『ムダ』な公共事業は、まだまだあることをご紹介する。少し前に知った『長州出島』である。これも記事にする準備をしてるうちに例の『忖度』発言で注目されることになった、『普天間基地の代替施設になりうる』場所である。


【安倍晋三】血税で人工島も 安倍首相の地元でムダな公共事業が常態化|日刊ゲンダイDIGITAL

>安倍首相の父・晋太郎時代から推進されてきた人工島「長州出島」は“安倍アイランド”と呼ばれている。「大型船が入港可能な国際港」を掲げ、755億円もかけて造成された。2009年から供用が始まったが、強風な上、既存の下関港の方が使い勝手がよく、期待していた外資のコンテナ船は寄りつかなかった。利用がほとんどない状態なのに、安倍政権は人工島と本州と結ぶ6・8キロの巨大バイパス整備に動き、720億円もの血税が投じられた。

>安倍家の故郷である山口県長門市を通る「山陰自動車道」(下関市―鳥取市)が“安倍道路”だ。未開通区間(100キロ)は整備に推定4500億円もかかる。沿線人口わずか36万人で、県内にはすでに東西を結ぶ高速道路が2つもあり、渋滞もない費用対効果が乏しく、建設が見送られてきたが、安倍政権になって急に進み始めた


普天間飛行場の移設先は、安倍首相の地元「下関市長州出島」が最適~地政学的にも納得の場所と話題:データ・マックス NETIB-NEWS


>抑止力・基地機能として有効であるばかりでなく、現実的もある代替案……それは安倍首相の地元、山口県下関市の人工島『長州出島』

>長州出島は、下関市の西方約1キロの日本海上にある、完成面積約147haの人工島(辺野古の埋め立て面積は約160ha

>長州出島プロジェクトは、誰あろう安倍首相の父である安倍晋太郎氏(1991年没)の肝入りで始まった大型公共事業。例によってと言うべきか、約765億円が投入された巨大プロジェクトにもかかわらず、運用開始から10年たった現在も利用状況ははかばかしくない。にもかかわらず、クルーズ船を呼び込むためとする岸壁延伸工事や巨大アクセス道の整備などが進み、税金が吸い込まれるだけのブラックボックスと化している


なんと、アベの親の代から進む『安倍アイランド』に、『安倍道路』まで。まだあったのか!と感心する。よくもまあ、これだけムダな税金を注ぎ込まれて、地元の人も怒らないな、と思う。ざっと5975億円だ。増税とか、ちゃんちゃらおかしく思えてくる。


しかし、皮肉にも、『普天間基地の負担軽減のための代替案』として急浮上した『長州出島』。これなら辺野古の数分の一の費用ですむし、沖縄基地負担も減る。滑走路も問題なさそうで、例の『普天間返還8条件』も満たせそうである。

何よりいいのは、すでに整備されているので、新たに海を汚さなくていいし、青天井の工事をしないですむ。もちろん警備を過剰にすることもない。あとは周辺住民や漁業関係者との問題だが、辺野古であれだけやった政府だ、こっちで引っ込めるのはおかしいだろう。

これでアベさんが反対するようなら、辺野古工事は「利権」のためだけにやっていると白状するようなもの。


そもそも、山口県は朝鮮半島からも近い。『韓国がー』とか言っている人が反対するのはおかしいだろう。すると今度は『中国がー』となるのだが、アメリカは日本を守るために駐留していないのは明らかになっている。上の記事でも


>そもそも在沖米軍は米軍の世界戦略のなかに位置付けられており、日本を守るために駐留しているのではない。米軍が具体的に活動を想定しているのは西太平洋やインド洋などで、すでに1990年代初頭には米政府の高官が「沖縄の海兵隊駐留に戦略上の必要性はない」と分析していたことを認めている。   さらに在沖海兵隊の大部分がグアムに移ることが決定しているいま、もはや海兵隊は抑止力としての戦力には到底足りないうえに、「抑止力として、なぜ自衛隊ではなく米軍基地が必要なのか」という根本的な疑問も解決しないままだ。

との指摘がある。

上の記事の通り、そもそも在沖海兵隊は一年のうち、ほとんど沖繩にいないことが報告されている。

在沖海兵隊、年100日超は海外 米公文書で裏付け - 沖縄:朝日新聞デジタル




こういうきな臭い話もある。

米太平洋軍司令官が、わざわざ与那国を訪れた。


自衛隊誘致、その後米軍もやってきた 問われる日米安保 - 沖縄:朝日新聞デジタル

>自衛隊駐屯が決まった後に、米軍との一体的な運用が現実味を帯び始めたからだ。外間守吉町長(68)は「2年ほど前に、日米共同の離島奪還訓練をしたい、と防衛省側から水面下で話があって断った」と明かす。

>「事前の知らせはなく、夜になって写真が公表」


そして、米公文書で、『長期間沖繩基地を使用可能にすることがゴールだった』と訓練計画について書かれていたことが判明。これは上の与那国島に太平洋司令官が接触を図っていることとリンクする。もしアベが『長州出島』を普天間基地代替案として突っぱねるならば、もしかするとこのことが関わっている可能性が高まる。


在沖海兵遠征部隊の訓練、隊員に箝口令 米公文書で判明 - 沖縄:朝日新聞デジタル 

>訓練計画は、米軍駐留をめぐって日本政府と沖縄の人々との間に対立があることにふれ、「我々のゴールは長期間、沖縄の基地を使用可能にすることだ」と指摘。「訓練の詳細は沖縄の人々にとって政治的にセンシティブ(敏感な問題)」だとして、訓練情報を「沖縄の人々に公表すべきでない」とした。


つまり、アメリカにとっての『沖繩基地』が必要であって、『日本防衛のための』日本海基地はいらない、ということである。



『アメリカが日本を守るために辺野古基地が必要』かどうか、我々はもう一度考え直す時が来ている。

web拍手 by FC2

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

下関北九州道路 塚田元副大臣『忖度』の構図 時系列を見れば、どう見てもアベの『指示』

 2019年4月9日 国交省メール公開について追記しました。
 2019年4月10日 大家議員のフォーラムでの発言について追記しました。


 マスコミプレゼンツ・新元号『令和』フィーバーで、統一地方選も浮かれ騒いで流されるか、と危ぶんでいたところに、塚田元副大臣が『忖度』してくれたおかげで、どうにか国民も我に返った感じである。

彼の奥底にある良心が「このまま国民が流されてはまずい」と口を開かせたのか、「ここで俺の成果をアピールして評価してもらおう!」とゴマすり精神が口を滑らせたのかはわからないが、我々国民にとっては『ナイスゴール!』である。


忖度発言、地元統一選に影響 アピール材料が一転、疑惑の的に - 毎日新聞


もし彼がこの『忖度』発言をしてくれなかったら、国民のほとんどは『アベ・麻生ロード』の存在には気づかなかったし、凍結事案の国直轄事業化の不正に、追及のメスは入らなかっただろう。


実はこの話、少し前に『しんぶん赤旗』が報じていて、こちらでも取り上げようと準備していたところだった。それが先日テレビを付けたら大々的にやっていて、副大臣が口を滑らせたらしい、と聞いてホッとしたのだった。


ムダ事業復活の動き 下関北九州道路/「安倍・麻生道路」2000億円超/関門トンネル交通量 減る一方なのに しんぶん赤旗

>調査・検討の再開に至った経緯を知る下関市の自民党関係者は言います。   「九州経済連合会の会長は、麻生太郎副総理の弟の泰(ゆたか)氏だ。自民党内の会議では、安倍・麻生の関係でスタートした計画だといわれている。それだけに総理・副総理の在任中に事業化させたいという思いは両県の政治家に共通している。ここで動かなかったら経済界にも顔向けできない」   九経連の麻生会長も「安定した安倍政権の時だからこそ、早く建設を決定してほしい」と発言(「西日本」18年12月17日付)しています。


『アベ・麻生ロード』はもともと地元でも採算が合わないと言われた『凍結事案』で、それを凍結から復活させたのは他でもない、アベ・麻生の関係者だった。アベの地元・山口県の下関と、麻生の地元の北九州を結ぶ『下関北九州道路』。

それを推し進めるのは九州経済連合会の会長、麻生の弟・麻生泰(ゆたか)氏。彼は堂々と言う。「安定した安倍政権の時だからこそ、早く建設を決定してほしい」 と。安定というか、こんなムダ事業を強行できるのは『アベ政権だけ』なだけである



このまま闇に消え、大半の国民の知らぬままに無駄事業を進められるかと思っていたところに出た『忖度』発言だった。

「安倍・麻生氏の意向忖度」 下関北九州道で国交副大臣、利益誘導認める|【西日本新聞】

>塚田一郎国土交通副大臣(自民参院議員)は1日夜、北九州市内の集会で、同市と山口県下関市を新たに結ぶ「下関北九州道路」(下北道路)を巡り、本年度から事業化に向け国直轄調査に移行する決定をしたことについて「総理とか副総理が言えないので、私が忖度(そんたく)した」と述べた。下北道路は安倍晋三首相が下関、麻生太郎副総理兼財務相が福岡県を地盤にしていることから「安倍・麻生道路」とやゆされてきた。現職副大臣が利益誘導を認めた「忖度」発言は、大きな批判を浴びそうだ。



『リテラ』ではいち早くこの『ムダ事業』が国の直轄事業として今年4000万円計上されたことや、塚田副大臣の『忖度』発言を詳しく報じた。




塚田国交副大臣「忖度」発言が嘘なわけがない! 安倍首相、麻生財務相の下関北九州道路“利益誘導”にこれだけの疑惑|LITERA/リテラ

>下関北九州道路は2008年の福田康夫政権時に調査が中止されたが、第二次安倍政権で復活。2017年度からは自治体予算と国の補助で調査を再開させ、2019年度からは国の直轄事業として国が調査費を全額負担することになり、4000万円が計上されている。  総事業費が2000~2700億円もかかると試算されている一方、その必要性や採算がとれないのではと疑問視されている下関北九州道路。どうしてそれが復活したのか疑問視されてきたが、塚田国交副大臣は今回、本年度から国直轄の調査へと決定された内幕を明かし、「私が忖度した」と発言したのだから、これは大事件だ。


>吉田(参院)幹事長が私の顔を見たら、『塚田、わかってる? これは総理の地元と副総理の地元の事業なんだよ』と。『俺が何で来たかわかるか』と。私、すごく物わかりがいいんです(会場笑い)。すぐ忖度します(会場笑い)。『わかりました』と。  そりゃ総理とか副総理はそんなこと言えません、地元の。そんなこと、実際ないんですよ? 森友とかいろいろ言われていますけど、私は忖度します」


>「それでですね、この事業を再スタートするためには、いったん国で調査を引き取らせていただくということになりまして、これを、今回の新年度の予算に国で直轄の調査計画に引き上げました!(会場拍手)  別に知事に頼まれたからではありません。大家敏志が言ってきた、そして私が忖度したということですので」




これによれば、塚田氏が「なぜこの道路事業が『凍結』されたと思います?『コンクリートからヒトへ』とかいうとんでもない内閣が~」などと、例によって責任を民主党に押し付けていたこともわかった(実際は福田内閣時)。


そして以下の二つの発言から、アベ政権式『忖度』の手法が日の下に明らかになったのである。

塚田『忖度』の構図

○塚田元副大臣「吉田(参院)幹事長が私の顔を見たら、『塚田、わかってる? これは総理の地元と副総理の地元の事業なんだよ』と。」

○塚田元副大臣「別に知事に頼まれたからではありません。大家敏志が言ってきた、そして私が忖度した 」

結果

①2017・2018年度予算でそれぞれ調査費700万円を計上

②昨年10月25日に吉田(参院)幹事長 ・大家敏志 が官邸でアベと面談。アベ『早期実現に向けた活動にしっかり取り組むように』 と発言。

③昨年11月2日に「整備促進を図る参院議員の会」を発足→会長・吉田(参院)幹事長/ 幹事長・大家敏志

④昨年12月20日に塚田元国交副大臣が、国交省副大臣室で吉田自民参院幹事長と大家議員に面談

2019年度予算として4000万円計上



さらにはアベが2016年に「関門会」なる組織において、下関北九州道路を開通できるよう『要望書』を出していたことが判明した。麻生もまた、下関北九州道路整備促進期成同盟会の顧問であることもわかった。



2019年4月5日(金) 「忖度」発言の下関北九州道路 首相自ら“陳情”や指示か 参院決算委 仁比議員が追及  しんぶん赤旗

>塚田氏は発言の中身を「事実ではない」と否定しました。仁比氏は第2関門橋計画で2008年に冬柴鉄三国交相(当時)が「今後は調査を行わない」と答弁していたことを指摘。与党国会議員有志で結成された「関門会」が16年に石井啓一国交相あてに提出した要望書に安倍首相の名前があることを明らかにしました。

>安倍首相は、自身が同会のメンバーであることを認めた上で「要望書が出されたことは初めて知った。私は陳情する立場にはない」などと言い逃れました。

>仁比氏は「実際に安倍首相は官邸で推進議員と会談し、『早期実現に向けた活動にしっかり取り組むように』(昨年10月25日)と整備に意欲を見せている。これは(塚田氏の)忖度と言うより、あからさまな指示ではないか」と指摘。「麻生副総理も下関北九州道路整備促進期成同盟会の顧問に名を連ねている」



つまり、『下関北九州道路』開通の提案者はアベであり、それを補佐する下関北九州道路整備促進期成同盟会の顧問 が麻生である、という構図。そして上で並べた時系列による、

道路建設調査費計上→吉田・大家のアベ面談→アベ「道路実現へ努力せよ」の指令→「整備促進を図る参院議員の会」を発足→塚田氏が吉田・大家から指令を受ける→道路事業国の直轄事業化・および4000万の予算化という、見事な『忖度』ならぬ、『総理指示案件』の完成である。

西日本新聞では
Photo_16

 

ちなみに、このしきりに出てくる大家自民党議員とはこの男である。・・・まあ、いわゆる『アベ友』ですな。


5


とにかく、どう言い逃れしようと、これは確実に『総理案件』であり、クロである。これで検察が動かなければ日本の司法は終わりである。というか、動かないんなら、全員辞めてもらって結構。そんな怠けてゴーンくらいで成果アピールするなんてみみっちい。アベのやってるのはオマーンどころじゃないよ。


これにはさすがの『しんぶん赤旗』も、珍しく『羽鳥のモーニングショー』の発言まで引いて批判している。


2019年4月5日(金) 塚田氏「忖度」発言 TVで波紋 言い訳したってアウト 利益誘導の政治家道路 民放キャスターら  しんぶん赤旗

>テレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」では、コメンテーターの玉川徹氏が、「従来型の自民党政治、脈々と生きているって感じなんじゃないですか」と指摘。そのうえで、「(政治家の名前をつけた道路とか)そういうのが嫌で自民党政権終わったんですよね。(政権に)復活すると、またこういうふうになる。何をどう言い訳したってアウトでしょ」と“断罪”しました。

>さらに玉川氏は、「麻生副総理の弟さん(九州経済連合会会長)が“政権が安定しているうちに、あの橋を”って言って、それで道路を決める所轄の副大臣が、安倍総理と麻生副総理に忖度しましたって言って、それまでずっと財政難で止まっていた計画がいきなり動きだすって、こんなもの検察だったら有罪ですよ」と批判しました。



塚田氏の発言で、与党議員からも「『令和』の2文字でお祝いムードになっていたのに、『忖度』という別の2文字がまた出てきた」との嘆き節が出たそうだが、うまいこと言ってる場合か?



塚田氏の忖度発言、強まる逆風 与党からも、くすぶる辞任論 - 毎日新聞 

>学校法人「森友学園」「加計学園」問題が下火になる中、塚田氏の発言で「忖度」は再び国会論戦の焦点に浮上した。新元号発表後、共同通信の世論調査などで安倍内閣の支持率が上向いただけに、自民党関係者は「『令和』の2文字でお祝いムードになっていたのに、『忖度』という別の2文字がまた出てきた」と嘆く。


どうにも火消しを迫られた塚田氏。昨日自ら辞任届を提出したが、なぜ当初アベが彼を庇ったのか、そしてなぜ庇い続けなかったのか、について、毎日が社説を書いている。どちらにせよ、アベがアホなのには変わりがない。

社説:忖度発言で副大臣辞任 首相は当初なぜかばった - 毎日新聞 



しかしアベは「要望書に自分の名前が書かれていたのは知らなかった」と何の言い訳にもならないことをほざいているが、さすがにもうこれで何回目だろうか?最初ならともかく、我々は延々と同じ状況を見せられている。いい加減水に流すのはナシだ。


yoshita07さんのツイート: "共産党の質問力は凄い、 仁比聡平。平成28年3月、関門会が石井国交大臣に下関北九州道路の早期実現に向けた要望書を提出。なんと、その筆頭に安倍晋三の名が。塚田副大臣はまさにその要望に応えただけ。 シンゾー真っ青「知らなかった、総理ではなく関門会の会員として名前があった、むにゃむにゃ」… https://t.co/cYHJXOGFJO" (動画)





そして、ネットで面白い指摘があったので紹介しておく。過去、アベへの忖度(つまり指示)でモリカケ不正が行われたのでは、との野党の追及について、「そういう忖度が働くのであればですね、私の地元の陳情、すべて通ってますよ」と発言していたことを指摘していた。



尾張おっぺけぺーさんのツイート: "塚田一郎さんの「すぐ忖度します」発言。 私は報道等と若干違う視点からこれを。 安倍さんが森友問題で質問無視で繰り出していたどうでもいいわけのわからない答弁、覚えていますか? というのを今こそ思い出してもらおうという動画。 安倍さん、なが~い前振りでしたね。 長距離ブーメランもお上手。… https://t.co/qMuPYWSOYt" (動画)


Dr.ナイフさんのツイート: "みなさん、この国会答弁覚えてますか! 福島みずほ議員から加計問題をはじめて追求された場面。 安倍総理 「福島さんね、私や家内がバックにいたら役所が何でも言うこと聞くんだったら、長門市とね私の地元の予算全部通ってますよ。通ってませんよ」 通ってるやんwww… https://t.co/dQSX4SJFJ0" (動画)



つまり、再度まとめるとこういうことだ。


~アベ「そういう忖度が働くのであればですね、私の地元の陳情、すべて通ってますよ」~


①アベが2016年「『関門会』の要望書に署名」/麻生:下関北九州道路整備促進期成同盟会の顧問、九州経済連合会会長:麻生泰 

②2017・2018年度予算でそれぞれ調査費700万円を計上

③昨年10月25日に吉田(参院)幹事長 ・大家敏志 が官邸でアベと面談。アベ『早期実現に向けた活動にしっかり取り組むように』 と発言。

④昨年11月2日に「整備促進を図る参院議員の会」を発足→会長・吉田(参院)幹事長/ 幹事長・大家敏志

⑤昨年12月20日に塚田国交副大臣(当時)が、国交省副大臣室で吉田自民参院幹事長と大家議員に面談

   吉田:『塚田、わかってる? これは総理の地元と副総理の地元の事業なんだよ』

   塚田副大臣:「大家敏志が言ってきた。忖度します! 」


2019年度予算として4000万円計上

⑦アベ「要望書に名前があることは初めて知った」←今ココ! 



これで「俺は関係ないッ!」と逃げおおせようだなんて、虫が良すぎるでしょう。誰がどう見ても、『忖度』というより明確に『指示』が出ている。アベの『早期実現に向けた活動にしっかり取り組むように』発言は本人も認めているので、これだけの状況証拠が揃えば普通ならアウトでしょう。 


大家議員のHPにも、その経緯が誇らしげに書かれている。アベが知らぬ存ぜぬを決め込むのには無理があるだろう。

Photo_18


仮に吉田・大家両氏による『忖度』で、アベに提案、という形であれ、アベはそれが真に必要な事業であるか精査すべきである。なのに早期実現に向けた活動にしっかり取り組むように』 と「良きに計らえ」。太閤さんかお殿様ではないか。これで無関係だなんてありえない。



まさにこれ。

Photo_17




--------------------

2019年4月9日 追記  今日、国交省が、上の⑤において塚田と吉田が面談した昨年12月20日のやり取りを記録したメールを公開した。それによると、吉田は道路整備に関し「総理、副総理と言うと国交省もやりにくいだろう」とアベや麻生の地元の事業であることを意識した発言をしていたという。


東京新聞:首相らの地元を意識 国交省 自民幹部の要望公開:政治(TOKYO Web)

中国・九州の経済や後世のため、オールジャパンで必要な道路』などと言っているが、これまで見てきたように、明らかに『いらない』道路である。利用者がそれほどいないのに『経済』もくそもない。

無駄な公共事業と言われているうちに公共事業が無駄と思われるようになったが、必要なものは必要。』などと、子どものおねだりのようなことまで言っている。呆れて物が言えない。

しかもここで 吉田:『塚田、わかってる? これは総理の地元と副総理の地元の事業なんだよ と言う場面があったのだから、メールではずいぶんマイルドな表現になったものだ。塚田本人の発言と、政府側の言う「事実でない」という主張と、どちらに信憑性があるかは火を見るより明らかだろう。



2019年4月10日 追記 塚田だけでなく、大家もまた、フォーラムで「安倍総理と麻生副総理の地元なので2人がやるとぐちゃぐちゃ言われるから、参議院の吉田博美幹事長を引っ張ってきた」と発言していたという。

大家参院議員も忖度発言か 下関北九州道路 昨年12月 - 毎日新聞




さらには・・・国交省は本年度予算で調査費用が国直轄となった道路は、108路線のうち下関北九州道路の1件だけだった といつかの加計学園問題を思い出す事実を告白。あの時も、なぜか特区申請者が加計学園だけで採択された。


2019年4月10日(水) 首相発言 流れつくった 下関北九州道路疑惑 宮本徹・山添氏が追及 衆参国交委  しんぶん赤旗

>宮本氏は、「国直轄調査の予算をつける客観的なルールはあるか」とただすと、池田豊人道路局長は、「総合的に勘案する」と答弁。宮本氏は「定かなルールはなく政治主導で決めることが可能だ」と指摘しました。また、池田局長は、本年度予算で調査費用が国直轄となった道路は、108路線のうち下関北九州道路の1件だけだったと明らかにしました。

>山添氏は、08年に凍結された「海橋横断プロジェクト」の6大長大橋計画のうち、同道路の調査だけを17年に凍結を解除した根拠と経緯を質問。石井啓一国交相は、大臣就任後、安倍首相の地元の事業であることを知っていたと認め、「他の海橋プロジェクトとは違う。ゼロベースで見直す」ことを自分が提案したと答弁。「忖度していない」と強弁しました。


-------------------------



Dr.ナイフさんのツイート: "嘘や痛いところをつかれると、ぶちギレして質問者を恫喝する安倍総理。 恫喝ハイライト場面です(約2分) ・福島瑞穂vs安倍総理(加計問題) ・吉田忠智vs安倍総理(脱税疑惑) ・山内康一vs安倍総理(教育問題) ・緒方林太郎vs安倍総理(拉致問題) ・本多平直vs安倍総理(憲法改正)… https://t.co/71rByrEI8s" (動画)


最後に、逃げ場のない追及に対し、追い詰められた容疑者たちの発言を振り返ってみましょう。


2_4

かまやんさんのツイート: "なんだこいつ。… "(麻生の『大きな声で言えや』発言:動画)

Photo_11

そんな他人事な彼には、こんな言葉を贈ろう。
2_6
一国の総理大臣が容疑者のまま居座ったり、記者の質問に対して大臣が「あ?大きな声で言えや」とメンチ切ったり、どこの途上国でしょうか。

ああ、神よ、彼らに相応の天罰を与え給え。


国民のみなさん、彼らに罰を与えるチャンスです。必ず選挙に行きましょう!


web拍手 by FC2

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2019年4月 5日 (金)

新元号『令和』の『令』は『ビューティフル』? アベさんの頭の中で花が咲く 3月でなく、2月には『令和』を知っていた?

 みなさんも、もうご存知なことと思うが、『令和』の手話は『花のつぼみが開くように』に決まったそうですね。

 新元号:花のつぼみが開くように 「令和」の手話表現を発表[写真特集1/5]- 毎日新聞


アベさんも盛んに『談話』で


厳しい寒さを越えて、梅の花が、花を開く、ま、それぞれの、人々が、自分の、夢や希望、を咲かしていく、それぞれの人たちがそれぞれの花を咲かして行く、時代に、していきたいなと、思っています」

 ・・・と『花を咲かせる』と『令和』を無理やりつなげていたが、実際問題、なんで『令和』が『花のつぼみが開く』さまを表すのだろう?


『花を咲かせる』というのは、引用元の万葉集『梅の歌』の序文が「「厳しい寒さを越えて、梅の花が、花を開く」という趣旨で書かれていただけであって、政府が勝手に『令月~』の文の中に離れて存在する『令』と『和』をくっつけて『令和』としたにすぎない。


『令月~』=『花を咲かせる』ではないし、もちろん『令和』=『花を咲かせる』でもない。アベがいくら『令』を『ビューティフル』と強弁しようが、言語的・修辞的に『令』=『ビューティフル』とはならないだろう。

『花のつぼみが~』ってどこから出てきたのか。手話って、そんないい加減なことで決めていいの?実際の『花のつぼみが開くさま』と混同しないのだろうか?

こんなの、こういう新元号決定の背景を知らない人間が見たら、絶対わからない。後世の人間は『令和』=『ビューティフル(英語)』=『花を咲かせる(手話)』と聞いて首を傾げるだろうと思う。


『令和』が「花を咲かせる」と思っているのはアベさんの頭の中だけで、大半の国民は『?』なのではないかと推察する。


漢字本来の意味や言葉の趣旨を都合よく捻じ曲げて使う、ということがアベさん多すぎない?

関連:【反知性】安倍総理による「そもそもは基本的という意味もある」の発言を正当化させる閣議決定!「大辞林には『どだい』と出ていたから正しい」


 
それにしても、新元号『令和』の英訳が『ビューティフルハーモニー(美しい調和)』と知って吹き出した。『令和』の文字の中の、いったいどこに『ビューティフル』が? 一方、外務省はさすが官僚、「『令和』は『法の支配に基づく平和』とも解釈でき、日本の外交姿勢になじむ」と評している。律令の『令』だもの、ふつうそう思うよね。


令和は「Beautiful Harmony」外務省が英語の趣旨説明 - 毎日新聞 

>外務省内では「令」が律令など法律の意味で使われることがあることから、「『令和』は『法の支配に基づく平和』とも解釈でき、日本の外交姿勢になじむ」といった声も出ている。


学校の歴史の時間でも、「『律』は刑罰についての規定、『令』は政治・経済など一般行政に関する規定」と教わった。ウィキペディアの解説でも、「中国最古の辞書である『爾雅』は、律を常・法、令を告とする。律は恒常的な法律で、令は君主がその都度下す命令である。」と述べている。

『令』はどう考えてもそういう意味なんだよなあ。間違っても『ビューティフル』とは程遠い。『ORDER』が近いだろう。

そう思ったらやっぱり外国人記者たちは『ORDER AND PEACE(命令と平和)』と訳していた。しかもそれを知って官邸はオカンムリだという。けど、原因はその『ビューティフル』という特殊な訳をちゃんと連絡していなかったからだった・・・。


【令和】安倍官邸は逆ギレ「令和=命令と平和」英訳まねいた不手際|日刊ゲンダイDIGITAL

>官邸からのメールを受け取ったある外国人記者は、「新元号を世界に発信するなら、事前にちゃんとした英訳資料をつけるべき」と憤っていた

>安倍政権がきちんとした英訳資料を用意しなかったせいで、『令』を『冷』と誤解した結果、『令和』を『クールジャパン』と思った外国人記者もいました


FAXで送るんじゃなかったの?惨憺たるありさま。なんでこういう脇の甘いことをするかなあ。こんな体制の政府に命を預けたくない。

だいたい、外国向けにも発表しようとするならば、もっとわかりやすい、訳しやすい単語を選ばないとダメだろう。覚えてもらって、親しんでもらってナンボで、今回みたいな、意訳が強いのは共感を得にくい(意訳というか、もう元の単語の意味をなくしているが)。その点、『善吉』なら、『GOOD AND LUCKY』でたいそう目出度い。遊び心が足りんなあ。


しかし、先述の外務省は世界を相手にしてるので、『文書での元号使用はやめときます』と発表したところ、アベ官邸は『なんだとっ?けしからん!』とオカンムリだという。


外務省「元号不使用」が波紋=官邸不快感、河野氏沈静化図る:時事ドットコム

>これに対し、首相官邸幹部は2日、「そんなことはあり得ない」と不快感を表明。自民党の萩生田光一幹事長代行も会見で「国内の行政文書は元号も大切にする役所であってほしい」と苦言を呈した。


・・・別に外務省だけなんだからいいじゃない。政府機能として必要なのは『業務の効率化』であって、ナショナリズムの守護者ではない。アベが『お決めになった』元号を粗末にするとは!との考えなんだろうが、あまりに頓珍漢だし、いじきたなすぎる。




で、『令和』の選考は3月に入ってからだと報道されているが、それに疑問を唱える記事もある。下の3つ目の時事通信の記事によれば、アベは2月か、それよりもっと前の時点で知っていたのではないかという。どちらにしろ、次期天皇たる徳仁親王(と宮内庁)を一向に介さず、『官邸主導』で国民に選考過程をクローズドしたまま決定したことには変わらない。


下の朝日に記事にあるように、内閣官房の担当者が学者の案を見て、「首相も喜びます。これでいきましょう」と発言したことからも明らかである。「陛下(殿下)もお喜びになられます」でないところが不審である。


東京新聞:「令和」選定過程 3月中旬以降、候補に追加 政府要請、中西進氏提出か:政治(TOKYO Web)

国書に敗れた漢籍 改元支えた漢学の名家「宇野家」とは [令和]:朝日新聞デジタル

>漢籍の元号案が続く中、(内閣官房の:筆者注)担当者の顔色が変わった。石川氏にとっては専門ではない、聖徳太子の十七条憲法にある「和をもって貴しとなす」から採った「和貴(わき)」を見せたときだった。これは国書案である。  担当者は「首相も喜びます。これでいきましょう」。13案の「筆頭案」に位置づけることになった。

政府説明、実態と乖離=「令和」の選定過程:時事ドットコム

>5月1日施行の新元号「令和」について、政府は1979年制定の「元号選定手続」に基づき選定したと説明している。しかし、説明の内容は実態と乖離(かいり)しており、将来の改元に向け、選定過程の透明化を求める声も上がりそうだ。

>首相は4月1日のテレビ番組で、菅長官からの3月の報告の中に令和があったとし、「大変新鮮な響きがあると思った」と語った。

首相は2月以前に元号候補を見せられ、意中の元号案を事前に固めていたのではないかとの見方が政府内では強い。令和に異論はなかったとの説明に反し、野党出身の郡司彰参院副議長が、意見聴取の場で「季語の入った万葉集(を典拠とする案)はどうなのか」と疑問を呈したことも分かっている。



時期は置いておいても、『令和』が当初の案に含まれていなかった、という報道もあり、謎は深まる。だとしたら、どういう経緯で、誰が推挙したのか?

「令和」は当初の案に含まれず 3月中旬以降、最終段階で追加されていた - 毎日新聞

>政府が1日に新元号と決めた「令和(れいわ)」は当初、政府が五つ程度に絞った元号案に含まれていなかった。3月中旬より後の最終段階で追加されていた。複数の政府関係者が明らかにした。



ここのところ数回の記事で、『令和』への不信感についてくどくどと語ってきたが、やはり専門家も疑問を差し挟んでいるの見て自信を深めた。とくに次の記事では、中世において『令旨』 というものが『皇太子殿下の命令という意味』であることも指摘していて、重要である(しかも次期天皇・徳仁親王は中世史の研究者)。


以前書いたように、『令』は『万葉集』と同時期に編まれた『古事記』においても『令む(シむ)=~させる』として使われていた(おそらく『日本書紀』も中国向けに書かれているので同じ)。


どう考えてもわざわざ『令』の字を使う必然性はないのである。


「令和以外の5つはケチのつけようがない」東大教授が指摘する『令』が抱える3つの問題(AbemaTIMES) - Yahoo!ニュース

>「『令和』以外の5つはケチのつけようがない」と指摘するのは、歴史学者で東京大学史料編纂所の本郷和人教授。令和の「令」の字に理由があるとして、3つの点を説明する。

>『令』は上から下に何か『命令』する時に使う字。国民一人ひとりが自発的に活躍するという説明の趣旨とは異なるのではないか

>もうひとつは、『巧言令色鮮し仁』という故事。“口先がうまく、顔色がやわらげて、人を喜ばせ、媚びへつらうことは、仁の心に欠けている”という意味で、この『仁』は儒教で最も大切な概念。今でいう『愛』を意味し、それに一番遠いのが巧言令色だと言っている。そこが引っかかる。


>皇太子殿下は日本中世史の研究者で、当然『令旨』という言葉もご存知だと思う。これは皇太子殿下の命令という意味で、天皇の命令ではない。つまり、『令』という字は皇太子と密接な結びつきがあるもので、天皇の密接な関係があるのは『勅』『宣』などの字。(天皇の生前退位で定める)新元号とは少しずれている」

>本郷氏はこれらを踏まえ、「普通に使うと使役表現となり、中世の人に読ませると『人に命令して仲良くさせる』となる。日本の古典から取ることは何の問題もないと思っているが、どうも自発的な感覚ではなくなってしまう」と改めて述べた。


ところが、フジテレビの解説委員の平井文夫という男は番組で「新元号を批判するとはけしからん。この厳粛な時に余計なことを言うな」と言い放ったのだ。余程問題点について触れられたくないのか、アベ様への忖度かは知らないが、こういう偏った発言を公にする方が『不遜』ではないか。


徳仁親王(次期天皇)がご自身でお決めになったのならまだしも、決めたのはアベ官邸じゃないか。なぜ違う意見を言ったらいけないのか。もしや天皇よりアベの方が偉いとでも思っているのなら、たいした思い上がりだ。


新元号を批判する者達よ!国民が時代の区切りをつけている厳粛な時に余計な事言うな(FNN.jpプライムオンライン) - Yahoo!ニュース

>執筆:フジテレビ 解説委員 平井文夫



こんな混乱の起こるメディア・政治について、戦史研究家の山崎氏はこんな嫌味のコラージュを作成した。

山崎 雅弘さんのツイート: "「令和」は「beautiful harmony」海外に説明へ(NHK)https://t.co/AJhAVna4eP この日本政府の説明を、昨年の琉球新報号外の「辺野古土砂投入」という見出しと差し替えてみた。 いろんな意味で、これが安倍政権のやり方。… https://t.co/vANs2xqZOq"

2_3
注:これはコラージュです

ほんと、どうなっていくんだろう・・・

web拍手 by FC2

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2019年4月 3日 (水)

宮古島弾薬庫 政府は住民に嘘をついて設置 これが安倍政権のやり方だ 住民の不安に「絶対爆発しないから大丈夫」

新元号フィーバーで目立たなくなっているが、『これぞ安倍政権!』というべき事態が起こっている。辺野古基地工事強行でも調査はしていないわ、サンゴ移植はしていないわで、嘘八百言いまくっているアベ政権だが、これはもう言い逃れできないレベルの嘘である。


なんと、進む沖繩基地集中強化の流れの中で、宮古島にも自衛隊基地が建設されたのだが、建設時、納得しない住民たちに対し、防衛省は『弾薬庫』の設置を隠して説明、しかし基地がで完成してみれば『弾薬庫』ができていた、という事件である。


ご存知の通り、自衛隊基地は米軍も使用可能で、この前も別の自衛隊基地で米軍機が発着していたことが確認されている。伊丹空港ですら市に対し何の説明もなくオスプレイが着陸、飛行機の発着が遅れるという問題が起こった(その後、何のアクションもない米軍)。

つまり、日米地位協定にあるとおり、国内の自衛隊基地・空港はいつでも米軍が使用可能、それも事前連絡不要、なのである。

事実、できたばかりの奄美自衛隊基地ではもう、上空を米海兵隊のオスプレイが低空飛行訓練するのが常態化しているという。

関連:Hiraku Kamishimaさんのツイート: "15時57分。自衛隊奄美駐屯地上空オスプレイ通過。 #OHアラート… " (動画)

Photo_7

この宮古島住民に対する不誠実な説明は、菅も記者会見で行っていることから、アベの意思である。


SHIN∞🌏さんのツイート: "望月「宮古島でのミサイル部隊配備について、昨日、地元の了解を得てやってるとのことでしたが、弾薬庫が置かれる七又、保良では、反対決議出るが、この現状でも、島民の合意、了解は得られているとの認識か」 ス「防衛省は平成27年…(少し長いので字幕を)」 市長?説明会? えっ?それで地元?… https://t.co/RTB1H5QEYr"(動画)



そもそも、この沖繩・鹿児島・基地強化建設ラッシュは、国会ではなく閣議決定で行なわれた。宮古島・奄美・石垣市、と立て続けに建設ラッシュが決まった。しかも奄美と宮古島では『地対空・対艦ミサイル部隊を設置』だと。・・・どこが『沖繩の基地負担を軽くする』だ。完全な二枚舌じゃないか。


3月26日に警備部隊を配置 宮古島陸上自衛隊配備計画 政府が閣議決定 - 琉球新報 -

>政府は22日、南西諸島に陸上自衛隊の部隊を新たに配置することを盛り込んだ部隊改編について閣議決定した。「宮古島駐屯地」の建設が進む沖縄県宮古島市には3月26日、警備部隊約380人が配置される。   このほか鹿児島県の奄美大島では、同日に奄美駐屯地(奄美市)と瀬戸内分屯地(瀬戸内町)に警備部隊と地対空・地対艦ミサイル部隊の計約550人が新編される。

>防衛省によると、宮古島市には20年3月に配備予定の地対空・地対艦ミサイル部隊を合わせ、最終的に7~800人の部隊規模となる予定。沖縄県内では石垣市でも陸自の部隊配備計画があり、防衛省が近く造成工事に着手する見通し。




そして、報道により発覚した『嘘の住民説明』。これは『国民のみなさまに寄り添う』という言葉が、いかにアベの口先三寸かを思い知らされる事件だ。アベにとってみれば、国民が敵に狙われようが、万が一の弾薬爆発で死のうが、知ったことじゃないのである。


本当に国民が大事なら、自分から視察に来て説得に来るはずだ。防衛大臣ともども、政府要人は誰一人辺野古を含め、基地建設地を訪れない。なのに、アメリカ様の高官へはいそいそと国民の頭越しに会いに行く。いいかげん、国民も目を覚まさないといけない。


東京新聞:陸自駐屯地 「保管庫」実は弾薬庫 宮古島民「だまし討ちだ」:社会(TOKYO Web) 

>南西諸島防衛強化の一環で宮古島(沖縄県宮古島市)に新設された陸上自衛隊(陸自)駐屯地に弾薬庫が設けられ、同駐屯地の警備部隊が使用する中距離多目的誘導弾と迫撃砲が配備されることが分かった。防衛省は「弾薬庫ではなく、小銃などの保管庫」と地元に説明していたが、本紙の取材に「説明が不十分だった」と認めた。島民からは「完全なだまし討ちだ」と批判が噴き出している。

>同省整備計画局は取材に対し、弾薬庫の設置を認めた上で「中距離多目的誘導弾や迫撃砲は具体的に名前を出して説明しておらず、不十分だった。住民から要望があれば説明し、理解を促していきたい」とした。

>同九月に若宮健嗣防衛副大臣(当時)が「ヘリパッドや地対艦・地対空誘導弾を保管する火薬庫を整備する計画はない」と伝えると、下地市長は「弾薬庫が一切ないと説明を受けて一安心している」と応じた。沖縄防衛局はその後、地元自治会への三回の説明会で「弾薬庫とヘリパッドは造らない。小銃などの小火器を入れる保管庫を置くだけだ」などと繰り返した。


そして、記者に弾薬庫の設置を追求され、なんと政府は「理解を促していきたい」。『理解』?なんかイージス・アショア設置の時も反対する地元に対し「理解いただけるよう努力する」と設置ありきだったのを思い出す。あちらは秋田知事が受け入れてしまったので、設置決定だろう。


彼らの頭に、「嫌がるなら別の場所にしよう」とか、「規模を縮小しよう」「住民ともっと相談して決めよう」という考えがまるでないことに戦慄する。



で、事前の住民説明会で配布した『概要図』には、その『弾薬庫』は『保管庫』と書かれ、二つある『保管庫』のうちの当該の方がなんと、もう一方の面積の『百八十倍』もあったという。

これは、『弾薬庫』と書くと住民の反対に遭うため、意図的に『弾薬庫』を『保管庫』と虚偽の名称で隠蔽して発表したのだ。そして、基地完成後の駐屯地の発足式のあと、その事実を認めたのである。


こんなゴマカシ強行の政府を、絶対に許してはならない。辺野古工事とまったく同じ構図だ。


東京新聞:防衛省、設計図と異なる説明 宮古島に弾薬庫:社会(TOKYO Web) 

>防衛局が住民説明会で配布した「施設整備概要図」には、「保管庫」と記された建物が二つあった。いずれも、隣接する「事務所」とほぼ同じサイズだった。  ところが、清水さんらが昨秋に独自ルートで入手した工事業者の設計図では、二つの「保管庫」の面積が異なっていた。一つは四メートル四方だったが、もう一つは五十四メートル×五十三メートルと約百八十倍もあった。

>清水さんらは那覇市でのヒアリングでも、その二日後の東京・参院議員会館での防衛省職員からのヒアリングでも「弾薬庫でないのか」と追及したが、防衛省側は「自動小銃などの小火器を入れる保管庫で弾薬庫とは違う」と言い張った。  しかし、駐屯地の発足式から三日後の三月二十九日、防衛省は取材に「小さい方は発炎筒や導火線などを入れる保管庫だが、もう一つは誘導弾などの弾薬を詰め、周りをコンクリートで覆い、盛り土をする弾薬庫だ」と明確に認めた。

>駐屯地周辺の野原(のばる)自治会が配備反対から事実上の容認に転じた際の会長だった平良信男さん(57)は「防衛局は発射装置だけで弾薬は一切置かないと説明し、自治会も容認に転じたが、話が全然違う。防衛局は島民にうそをつき続けた」と悔しがる。



作ってしまえばこちらのもの。今の政府は哀しいことにそういう頭の連中が仕切っている。だから後になって謝る。だって、作っちゃえばどうすることもできないもん。


政府はこの追及に対し、「じゃあ別の鉱山地区に一時的に移すわ」と。まったく不誠実。そこにも人は住んでるし、弾薬庫移設予定の場所からわずか200メートルのところに民家はある。やはりイージス・アショア設置予定の地元と同じ状況だ。そこに住む者のことなど何も考えてない。あの時アベはどう言ったか。「自衛隊は歩いて通えるからいいね」と言ったのだ。

関連:安倍首相「家から通えるイージス・アショア」答弁の無知と詭弁と恐ろしさ | ハーバービジネスオンライン



東京新聞:宮古島 弾薬庫問題 防衛相謝罪 一時島外…その後、島内新設庫へ:社会(TOKYO Web) 

>駐屯地の弾薬は一時的に島外に搬出するが、最終的には約十四キロ先の採石場「保良(ぼら)鉱山」に新設予定の弾薬庫へ保管すると説明。島内で保管することは変わらず、住民は「弾薬を持ち込むな」と強く反発している。

>一方、弾薬を搬出した後の駐屯地の弾薬庫について、防衛省整備計画局の担当者は「廃棄しない」と取材に明言した。今後の使い道は「小銃やこれに類する弾薬類を保管する。『弾薬類』の具体的な種類のお答えは差し控える」とし、公表しないと話した。


おとといくらいまでは『島外に搬出』とか言っていたくせに、防衛省は「廃棄しない」だと。そして議員に追及されると、今度は「もともと地対空、地対艦誘導弾を置くことになっている。その中に迫撃砲弾などを置く」 などと開き直ってしまった。


国民のみなさん。新元号で浮かれてる場合じゃありませんよ。こういう姿勢の政府に政治を任せたら、どういうことになるか。統計問題やモリカケ問題どころか、もっとひどいことになりますよ。水道民営化も、種子法廃止も、TPP(FTA)も、こういう発想から行なわれてるのを忘れてはいけない。




2019年4月3日(水) 陸自宮古島基地 実はミサイル弾薬庫だった 住民に「保管庫」とウソ 赤嶺氏に防衛相認める  しんぶん赤旗

>赤嶺氏は、保良地区でも弾薬庫の建設に住民から反対の声があがっていると指摘。防衛省の鈴木敦夫整備計画局長は「もともと地対空、地対艦誘導弾を置くことになっている。その中に迫撃砲弾などを置く」と述べ、問題視しない姿勢を示しました。



さらには、宮古島住民たちが「弾薬が爆発したら怖い」と不安を述べると、防衛省「ああ、絶対爆発しないから大丈夫」となんの確証もないことを言う始末。

じゃあ万一爆発したら?と問うと、「仮定の話には答えられない」。


いやいや、仮定の話をしてるのはあんただろ? 原発再稼働の時も、「火山爆発することはありえない」と言ったり、「地震対策は大丈夫」と無責任に言い放ったり、辺野古軟弱地盤の時も「そこは硬いので大丈夫(実は調べてない)」と言ったり、この政府は官邸が決めたことありきで何の確証もないことを平気で推し進める。


で、反論すると「仮定の話には~」「推論に推論を~」とまるで反論者がおかしいかのような印象操作をする。


東京新聞:弾薬、結局は宮古島 嘘のツケ 高齢地区に:社会(TOKYO Web)

>「報道で嘘(うそ)がばれたから、この地域に負担を押し付けるのか」。保良地区に住む会社経営平良長勇(たいらちょうゆう)さん(79)は、多目的誘導弾などの新たな配備予定の話を聞くと、声を震わせた。

>元市議の下地博盛さん(69)によると、「なぜ、こんな集落の近くに弾薬庫を置かないといけないんだ」と島民の怒りの声が飛び交った。弾薬庫からわずか二百メートルほどの場所にも民家があり、「配備は絶対認められない」と地元住民の反対は根強い。

>説明会で防衛局職員は「弾薬は絶対爆発することがないので大丈夫」と安全性を何度も強調したが、島民は「人がやることで『安全、安全』と言われても、間違いは必ずあるはずだ」と追及した。「万が一、爆発したら防衛省としてどうするのか」と対応を尋ねると、防衛局職員は「仮定のことには答えられない」と繰り返したという。

>平良さんは「沖縄戦では、日本軍の配置を拒否した渡嘉敷村の前島だけが唯一、米軍の攻撃を受けず、島民が生き延びた




上の記事にあるように、実は先の戦争の沖繩戦で、唯一島民たちが生き延びたのが、日本軍配置を拒否した前島だけだった。それはそうだ。敵はまず弾薬庫など、戦力を奪うことから仕掛けてくる。当然、最初に狙われるのは基地のある場所である。大阪大空襲などの都市部を焼き払うのは異例だ。

イージス・アショアをグアム・ハワイを守るために設置し、沖繩・鹿児島を大陸からの『防波堤』にしようとしているアメリカ。アベは中国の脅威を振りかざしながら、アメリカの防備に手を貸しているのである。中国が重要な貿易相手であるのに、戦争をするわけがない。戦前も、アメリカが中国の燃料援助していたのに軍部が戦をしかけて敗戦したが、さすがに同じ過ちをするとは思えない。


下の図を見ていただければ、そのことがなんとなく察せられるのではなかろうか。


Photo
黄色い部分に広がるアメリカのミサイル配備。その上方につながる、新基地の進む『石垣・宮古島・沖繩・奄美』のミサイル設置防衛ライン。これを単に日本の防衛のためと言えるかどうか。このやり方はかえって中国・ロシア・北朝鮮を刺激するだけだと思うし、現代の戦争において、このミサイル設置がどれほどの効果があるだろう、と疑問なのである。

南シナ海での武力紛争に巻き込まれたくない! フィリピンの国防相がアメリカとの防衛条約の見直しを主張 | BUSINESS INSIDER JAPAN


web拍手 by FC2

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

アベ首相、『令和』をNHK岩田記者に漏らす? そして自民幹部「今日は良い見せ場になった」

前の記事に書ききれなかったので、この件はこちらに。アベの『お友だち』で、アベ礼賛報道で有名なあのNHK岩田記者が、事前にアベから『令和』の新元号を教えられていたという。

その証拠に、岩田はアベが新元号発表してから20分しか経っていない午後のニュースで、スラスラとその典拠や意味について話したというのだ。たしかに、事前に知っていなければ原稿は用意されないはずだ。



安倍首相が「令和」を安倍応援団に事前リークか! NHK岩田明子が知っていたとしか思えない解説、田崎史郎も…|LITERA/リテラ

>岩田「『和』という文字にはもしかするとこだわりがあったかもしれません


>新元号は秘密中の秘密であり、実際に「昭和」に決まる直前には東京日日新聞(現・毎日新聞)が新元号を「光文」であると報道、それによって元号が「昭和」に差し替えられたと元宮内省の中島利一郎氏が告白しているほど。

どの新元号がいいのか、安倍首相は決めている──。これは重大発言だが、さらに田崎氏は、番組後半でこんなことまで言い出したのだ。 「最後はやっぱり誘導に近いものになると思うんですけども、途中まではやっぱり、しっかりみなさんの意見を聞くということ」


これはとんでもない話で、政権寄りの人間だけが得をする、というあってはならない空気を意図的に作り出しているのだ。何より、本来厳粛かつ、秘密裏に選定し、漏れてはならない天皇(宮内庁)の行事を、こんな一放送局の記者に漏らす総理大臣ってどうなの?


自分が皇帝にでもなったつもりか?天皇家の元号だぞ。決してアベなどというA級戦犯の孫が私物化していいものではない。大大的にアピールまでして、何様のつもりか。次期天皇より、国家公務員が目立ってどうするんだよ。何も言わない右翼がわからない。



しかし、岩田にはリークした新元号を、官邸・有識者には軟禁してまで隠していたというから、本当にわからない。

(2ページ目)有識者も“軟禁”…安倍官邸「新元号」発表へ秘密保持の異様|日刊ゲンダイDIGITAL

>いまだ元号制定の経緯すら国民に知らせない安倍政権の姿勢には違和感しかない。後世の検証に耐えられないだけでなく、『由らしむべし、知らしむべからず』という封建時代の発想すら感じます。驚いたのは発表直後から、NHKの女性解説委員が新元号の由来について、スラスラと答えていたこと。仮に政権側が距離の近い一部記者を選別し、事前に新元号に関する情報を漏らしていたとしたら、由々しきメディアコントロールです。



メディアコントロールというか、もし岩田や田崎から漏れたらどうするつもりだったの?あいかわらずアベの危機管理能力は低レベルだ。

首相の元号会見 保守色濃く、ネット世論を意識 - 毎日新聞

>安倍晋三首相が1日に行った新元号決定に関する記者会見では、選定理由として「国民の精神的な一体感」など保守的な発言が並んだ。インターネットを使いこなす若年層への期待感にも言及。夏の参院選を前に、安倍政権に比較的好意的とされるネット世論を意識したことをうかがわせた。

>首相に近い自民幹部は「今日は良い見せ場になったのではないか」と語った。


これ、毎日の記事なのだが、さらっと恐ろしいことを書いている。元号の選定理由が『国民の精神的な一体感』なのだと。アベに好意的なネット層に向けたとも書いてある。『アベに好意的』な層って、いつも批判すると開口一番『反日!』とか『パヨク』とか、口汚く罵ってくる層のことですかね。そりゃやっぱり『令和』は国民に服従を強いている、という説は的を射てるかもしれない。


『精神的な一体感』って戦前かよ! 国家総動員法や『欲しがりません勝つまでは』につながる発想である。国のトップが口にしていい言葉ではない。過去の惨禍の原因となったものなのに、それを新元号発表の際に口にする無教養。権力者としての資格がない。

首相に近い幹部が「今日は良い見せ場になった」と本音を開陳してくれている。やっぱり政権浮上のための奇策で、天皇の専権である元号を私物化したのだ。


『令』と『和』の字の選定は、やはりアベが最初から意識していたのではないか。岩田記者も「特別な思い入れがある」と白状している。



最後に、いつも国会書き起こしで著名なBUUさんが、NHKニュース9でアベが出た時の書き起こしをされているので、紹介させていただくことにする。 アベのコメントがすさまじくツッコミどころが多い。


岩田も、堂々と「天皇、ではなくて、内閣が、元号を決めると言うことにあたっては、やはり、この、元号には、内閣ですとか、総理大臣の考え方とか価値観、というものが重なってくるんだと思うんですけれども、」と新元号制定が『天皇ではなく、アベが決めること』『アベの価値観を盛り込んでいる』ことなどを白状してくれている。これ、ものすごく重大な発言だと思うのだが、あまり騒ぎになっていない。

岩田よ、『陛下』をつけんかい!



buuさんのツイート: "NHKニュース9 アレ「令和って言うのは、今まで、中国の漢籍を典拠としたものと違ってですね、自然の一つの情景が目に浮かびますね。厳しい寒さを越えて、花を咲かせた、梅の花の状況、それが今までと違う」 「中国の漢籍を典拠としたものと違って」???"

NHKニュース9 アレ「令和って言うのは、今まで、中国の漢籍を典拠としたものと違ってですね、自然の一つの情景が目に浮かびますね。厳しい寒さを越えて、花を咲かせた、梅の花の状況、それが今までと違う」

岩田明子「今日の総理の会見を聞いてますと、自然ですとか、キーワードあったと思うんですけど、やはりこの、国書を選ばれた。天皇、ではなくて、内閣が、元号を決めると言うことにあたっては、やはり、この、元号には、内閣ですとか、総理大臣の考え方とか価値観、というものが重なってくるんだと思うんですけれども、その中で、この国書を選ばれた、と言うことは、今、お話ありましたけれども、この、政治家としての価値観、ですね、保守政治家からの期待ですとか、それから保守政治家としての価値観というものはあったのでしょうか 」

アレ「あの、長い間歴史の中で、ずーっとですね、中国の、漢籍、を典拠として元号を決めておりました。しかし、この1400年、元号の歴史をつむいでくる中に於いてですね、やはり、この、ニッポンらしい、え、国書、からですね、あの、ほ、を典拠として、元号を、新たに、発表すべきではないか、 決めるべきではないか、という意見も、ま、強い中で、私もその通りだな、と言う風に思っとりました。ま、今回は、この、国書だけではなくて、漢籍も典拠とする考案もあったのでありますが、まさに、私もそのように思っていたんですが、有識者の皆様全員がそう思われた、と言う事は、多くの方々が その思いを一つにされたのかなぁと、思って、います。えー、まさに、厳しい寒さを越えて、梅の花が、花を開く、ま、それぞれの、人々が、自分の、夢や希望、を咲かしていく(国書と何の関係が?)、それぞれの人たちがそれぞれの花を咲かして行く、時代に、していきたいなと、思っています」

アレ「令和、に、込める思いについては、総理大臣談話として、発表させて頂きましたが、この新しい元号にですね、国民の皆様一人ひとりが、それぞれの思いを込めて頂きたい(は?)と思いますし、そういう皆さんの思いが、実現する、時代にするために、我々も全力を尽くしていきたい、政治の場として 責任を果たして行きたい、と思います」


アベは『新しい元号には国民ひとりひとりの思いを込めていただきたい』とのたまっているが、そう思うなら、自分の勝手な思いを込めない元号にしてほしい。『レイワ』ってやっぱり響きが暗いんだよなあ・・・。

やっぱり『善吉』じゃだめ? あ、だめですか

web拍手 by FC2

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

アベ新元号『令和』の危機感 『令』もそうだが、『和』も気になる 『レイワ』のアクセントも

 新元号『令和』について、国民の大多数が評価しているという記事に、暗澹たる気持ちになった。こう言いたくはないが、みなさん流されやす過ぎでしょう。アベの手柄かのように、内閣支持率が急上昇している。あの、元号の名称と、内閣の政務能力と、一体何の関係が・・・?

東京新聞:新元号「令和」を好感73% 日本古典が出典84%評価:政治(TOKYO Web) 

>内閣支持率は52・8%で3月の前回調査比9・5ポイントの大幅増。不支持は8・5ポイント減の32・4%となった。


先日のなうちゃんイチロー批判へのバッシングや、今回のメディア・スクラムによる新元号祭りを見ていると、そりゃ戦前、あんな無謀な戦争に突っ込むし、反対する人を「非国民!」と罵倒したりするよなあ、と。おまけで言えば、デマを信じて朝鮮人大虐殺もそりゃするだろう。南京大虐殺もね。そういう国民性なのだと、今回の報道を見て再認識させられた(もちろん、これがメディアによるプロパガンダで、真実でない可能性も多分にある)。



報道を見ていると、普段アベ批判する知識人でも、『令和』については好感を抱いている人も多い。私は昨日書いたように、やや疑問を覚えている。

『万葉集』と同時代の『古事記』においては、『令』の用例は『~させる』という命令の意がほとんどである。

確かに、令嬢とか令息とか、プラスイメージの意味もあるが、その使い方は限定的だ。なんでわざわざ『~させる』という意味を持つ漢字を新元号として採用したのだろう、と私は不思議でならない。

それこそ、『古事記』にはもっと豊かな言葉がたくさん出てくる。読み手にとって意図が分かれるような漢字を使う必要はないはずだ。



さっそく新元号への疑問の声が上がっている。

令和典拠の万葉集序文、「中国の文章ふまえた」が定説 [令和]:朝日新聞デジタル 

>。『中国の古典ではなく日本の古典から』ということにこだわった今回の元号選びは、ふたを開けてみれば、日本の伝統が中国文化によって作られたことを実証したといえる」とも指摘する。万葉集研究者の多田一臣・東大名誉教授も「蘭亭序」が下敷きだとして「日本の漢文的な作品は、どう取っても中国の作品に行き着く」と話す。

新元号「令和」 欧米メディアは「日本の右傾化」を懸念(飯塚真紀子) - 個人 - Yahoo!ニュース 

>筆者の元には、あるジャーナリストから、新元号について、「命令されることで和む日本人にふさわしい元号だ」という皮肉なメッセージも届いた。上からの命令には“イエス”と言って和を図ることで安心を得ようとする日本人だとでも言いたいのだろう。


「元号に罪ないが、政治ショー化フェアでない」内田樹氏 [令和]:朝日新聞デジタル 

統一地方選の最中でありフェアでない。元号のような文化的な制度にこのように露骨に政治的な策略を絡めたことについては、私は元号擁護論者として強い不快感を覚えている。


内田樹氏の指摘はまったくその通りで、先述の内閣支持率の件を見ても、ちょうど統一地方選の投票日前を狙ってこの新元号絶賛アピールを仕掛けている。統計問題やモリカケ、辺野古工事強行(未調査を調査済みとし、推計値で着工)、宮古島弾薬庫嘘つき問題、シナイ半島自衛隊初派遣など、政治問題を覆い隠す算段なのだ。


残念なことに、国民の大半は流されてしまっているように思う。結局、安倍政権にNOを突きつける最後のチャンスを、これでフイにしてしまうのだ。新元号がどうであろうと、アベの罪は消えない。このままではアベの思いのままだ。


ところで、『令和』の『和』についてなのだが、私の浅い歴史の知識でも、『~和』という元号にいいイメージはない。そういう点で言っても、今回の元号は不吉な感じがするのである。


大体、天皇が改元するときというのは、天災・飢饉・干ばつ・戦乱などが続き、国内の政権への不満を解消させる意味合いがある。『和』『安』『久』『天』『万』などはその典型例である。


なので、新元号に『和』が入る、ということは為政者の治世への危機感が現れているといっていい。


例えば、『和』のつく元号と起こった出来事を挙げていくと、


承和の変、仁和地震(仁和の大水)、安和の変、寛和の変、弘和・貞和(南北朝時代戦乱期)・永和(室町・戦乱期)、元和(大坂夏の陣・家康死去)、天和の大火(八百屋お七)、明和の大火、明和オーロラ出現、明和の大津波(明和の典拠と昭和の典拠は同じ『尚書』の「九族既睦、平章百姓、百姓昭明、協和万邦、黎民於變時雍。」)、そして昭和は第二次世界大戦で日本敗戦・・・。


とろくなことが起こっていない(もちろん、そうでないものもある)。危機感を覚えて『和』の入った新元号にしたのに、かえって天災が続く不運な年が多い。『昭和』の悲劇は言うまでもない。


この多くの先例から、今回の『令和』という年号には不安しかないのである。アベは不祥事が続き、自身の関与も疑われ続ける状況を打破すべく、この本来なら新天皇(つまり宮内庁)の裁量であるべき新元号発表を、自分の成果アピールの場にしてしまった。



これこそ天皇が国内不安を打破するため、新元号制定をするという『伝統』を、アベが横から奪って自分のために改元せしめた証左である。



そもそも、『令和』を発音してみると、『レイワ(↓)』とまるで発話者がお辞儀するような感覚がする。『礼』を思わせるのだ。


言いがかりかもしれないが、報道ではしきりに『レイワ(↓)』と上から下へのアクセントを強調していた。これを逆に『レイワ(↑)』とすれば、ちょっとだけ明るい気持ちになれるのに。


私は、こういったちょっとしたところが気になるのだ。これから最低十年は使うであろう年号だ、せめてアクセントくらいは希望を感じられるものであってほしい。



安倍首相は新元号発表の記者会見で「悠久の歴史と香り高き文化、四季折々の美しい自然、こうした日本の国柄をしっかりと次の時代へと引き継いでいく」とのたまっていたが、どの口が言うか。

辺野古では嘘をついてまで工事を強行し、あとになって「あ、ごめーん。調査してなかった。でも推計では大丈夫だから」と工事をやめようとしない。反論すると「推測に推測を重ねる議論だ」と突っぱねる政府がですよ?


ジュゴンの餌場となる海に「大丈夫だから土砂投入する」と平気で言う政府。どこが『美しい自然を引き継いでいく』だよ。ホントに嘘しか言わない。


最後に『保守』で有名な鈴木邦夫氏の名言を紹介しておく。安倍支持者と思われる口汚いネトウヨはよく内省してほしい。

鈴木邦男氏が明言 「私は愛国者」と声高に言う人は偽物|日刊ゲンダイDIGITAL 

「国のため」とか「私は愛国者」とか声高に言う人は偽物だと思いますよ。 外に敵をつくって支持を固めるのは、運動家の常套手段。政府や政党がそれをやるべきではない。 愛国心に右翼も左翼もない。周りに迷惑をかけず、人に優しくしている人が一番の愛国者です。



web拍手 by FC2 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2019年4月 1日 (月)

新元号発表 『令』は美しいという意?しかし同時代『古事記』の用法では・・・

ついに元号が発表された。さすがに『安』の字はなかったが、昭和に続いてまた『和』が入る。


万葉集では『令』の意味に美しいとか素晴らしいとか、褒める意味があるということで採用されたと報道されている。

確かにそうなのだが、我々は万葉の時代に生きているわけではないので、現代の我々がこの『令和』の文字に受ける印象は少し違うのではなかろうか。

うちの家人などはテレビを見ながら、「『令』っていう字は命令の『令』でしょ?なんか偉そうやねえ」とコメントしていた。実際、アベが総理で、こんなに各放送局に顔を出して『意義』とやらをあちこちで開陳してなければ、そんな印象は抱かなかったかもしれない。

実際、この政権のやり方は横暴で独りよがり、まったく国民の声に耳をかさない政権運営なものだから、余計である。


露骨な新元号、新天皇の政治利用「令和」幕開けの異様<上>|日刊ゲンダイDIGITAL


【新元号】外国人記者「安っぽくなくて良かった」 BLOGOS

>「さすがは日本会議の安倍政権。令和とは平和を命じるという意味。治安維持法だと長いので縮めて令和。これひどい名前。命令を守れば和は保てるということ。人種差別が得意な政権だから、日本人は命令に従えば平和ということ」。


こんなことを書いていると、「皇室を侮辱するのか」「お祝いモードに水を差すのか」といつかのイチロー選手へのなうちゃん騒動のようなバッシングにさらされそうだが、今回の元号選定にはほとんど陛下らや宮内庁は関わっておらず、アベお得意の『官邸主導』で決まったことは明らかになっている。


それに、『令』の字に『美しいと褒める』意があることは否定しないが、だからといって、全面的に賛成かというとそういうわけにもいかない。


テレビでは万葉学者たちが「聞いて驚いたが、確かにふさわしい」と新元号をほめていた。一説では決定に一役買ったのが、万葉学者の中西進氏ではないかという話も出ている。


ここで告白するのもあれだが、私は大学院では古代文学専攻で、一応専門的な研究をしていたことがある(学部では理系にいたのは内緒)。


その過去の記憶を掘り出してみると、やや気になることがある。院での講義で万葉の先生にもお世話になったが、彼は私が当時著名だった中西進の本を買ったと話すと、「え?何でっ?買ったの?」となんて馬鹿なことをしたんだ、とばかりに責められたのを覚えている。幸い、古本市で100円で買ったのでそう話すと、「・・・ああ。それなら、まあ、いい買い物したね」と安心した顔で安堵されたのを覚えている。

彼からすれば、中西進の考察はテレビや一般読者受けする書き方はできるが、学術的には少し怪しいところがある、という印象だったようだ。


私は万葉集とだいたい同時代に編まれた『古事記』の研究もしていた。その経験から、今回の『令』の選定にやや疑問があるのである。


『古事記』においても『令』の字はよく出てくるのだが、大抵(とうかほぼ)、神や天皇、あるいはその御子(~のミコト)というような上位者から、下位者に向かって『~をさせる』という意味で『令む(しむ)』という用法で使われる。


そもそも万葉集で歌われる歌は、『万葉仮名』といって、一音につき漢字一語が当て字のように用いられる(例外もある)。今回選定された梅の歌の『序文』は、その頃の民衆のそういった素朴な用法とは少し異なり、『漢籍』に長けた編纂者が説明のために書き記したものである。


ちなみに、万葉集とは、当時の為政者の命を受けた柿本人麻呂が、日本各地のこれといった歌を集め、『歌集』として見目よく編纂したものだ。その目的は、政権の基盤を整えるべく、天皇家を称え、あるいは優れた和歌を集めた歌集をつくることで、力を全国に知らしめるためだった。要は権力誇示のための国家プロジェクトだったのである。


なので、今回選定された梅の歌の『序文』は歌が詠まれた時よりものちに、編纂者が説明のために(あるいは読み物として盛り上げるために)書き記したもので、用法としては漢籍の影響を非常に多く受けている。



あの『浦島太郎』も詠まれており、『浦嶋子』として歌語りされている。


何が言いたいかというと、当然、ほぼ同時代に編まれた『古事記』の用法が、『万葉集』と大きく変わっているはずがない、ということだ。古代文学の研究の際は、出てくる字韻の例を探すために、万葉集、古事記、日本書紀はセットで調査する。これらはすべて奈良時代の『国家プロジェクト』のひとつである。


だから、古代(専門的には『上代』と呼ぶ)の『令』の用法の中に『~させる』という意があることは確かなのである(そもそも漢籍での用法)。


そこで思うのは、中西進氏が提案したのかどうかわからないが、『平和にならせシム』という上位者から下位者への用法も含められる、『令』を選んだのは意図的だったのではないか、ということである。


あるいは『和にさせシム』と国民に強制するような意味合いもあるかもしれない。実際、自民改憲案では『家族が互いに思いやりを持って問題を解決せよ』と書かれている。そう思うと、今回の新元号は確かに安倍政権の主導だな、と納得させられるのである。


どちらにしろ、アベが元号までも私物化し、天皇陛下による『譲位』を『退位』と勝手な処理をして意志をないがしろに、政治利用しているのは明白である。


なんとも強制性のうかがわれる元号なのに報道では盛り上がっているが、私としては寒々とした気持ちである。早く退陣させてまともな元号を徳仁親王には掲げてもらいたいものだ。『令和天皇』なんて、明治時代のような名前など、時代遅れだ。


やっぱり『昭和』『平成』はちゃんとした識者が考えてたんだなあ、と感慨を覚えた次第である。



追記 すでに"日本文学"万葉集の記述『令月』の典拠が特定された模様。画像もあげておられる。

Noriko Ikehiraさんのツイート: "「令月」は漢籍にこのような典故があります。今回の万葉集の梅の歌は、後漢の詩人張衡の「田に帰る賦」にある「仲春令月、時和し気清し(仲春のよき月に、時は調和し気は清らかに澄んでいる)」に近いよう。… "

Photo_8

あれだけ『日本の文学から』と吹聴してたのに、アベさん、および日本会議ってちょっと恥ずかしいね。『日本文学から漢籍は切り離せない』ということをそろそろ学んでほしいね。文化というものは、『相互に影響し合っている』という、当たり前のことを受け止められない大人が増えている。


それにしても、同じ『万葉集』から取るんだったら、ほかにもあったんじゃないかなあ、というのが私の見解である。

web拍手 by FC2

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

思い上がるなアベ 新元号『談話』で意義を発表 天皇をないがしろに元号の私物化まで

 ついに明日、アベが決めた新元号が発表される。

どんなものであれ、モリカケ問題、財務省文書改ざん、裁量制データ改ざん、統計不正問題、防衛省日報問題、辺野古違法工事強行(しかも未調査ものを『推計値』で根拠としていた)、障害者雇用不正問題、などなど、疑惑の晴れぬ政権の長であり、容疑者であるアベが我らの生活に(ある意味)直結する元号の決定まで行うという。


ゴーンや籠池などは長々と勾留するくせに、疑惑の総理大臣には取り調べもせず、野放しで外交・新元号制定までやらせる検察って一体何だ?



何かアベさんは元々中国がルーツの元号に対し、『日本古典』オンリーから決めるべきだとかのたまっているらしいが、その『日本古典』自体が中国文学とは切り離せないので、よくわからない話だ。


新元号“絞り込み”最終段階…日本古典も(日本テレビ系(NNN)) - Yahoo!ニュース

>これまでの元号はすべて中国の古典から選ばれているが、安倍首相は周辺に対し、「元号の出典は日本で書かれた書物がいい」と話しているということで、今回は、室町時代までに漢文で書かれた日本の古典に由来する案も候補にあがっているという。


それに、新元号を決める『有識者(?)』のメンバーを見ると、ますます首を傾げてしまう。


東京新聞:元号懇 山中教授ら候補 林真理子さん、宮崎緑さんも:政治(TOKYO Web)

>教育界からは鎌田薫前早稲田大総長(71)、マスコミ界から日本新聞協会会長の白石興二郎読売新聞グループ本社会長(72)、上田良一NHK会長(69)、民放連会長の大久保好男日本テレビ社長(68)の三人が参加する見込みだ。


文学からは林真理子、理系からは山中教授、マスコミ界(必要か?)からは読売本社会長、NHK会長、日本テレビ社長、経済界からは(必要か?)榊原元経団連会長が参加している。


えーと・・・新元号決めるんですよね?なんで元経団連の会長の榊原がいるんですかね?万博誘致の時も、五輪誘致の時も、関係ないのになぜか委員になって多額の金をもらっている。新元号に関して、いったい何の専門家なんですか


林真理子っていうのも気に入らない。瀬戸内寂聴などの文学畑ならともかく、大衆作家でNHK大河の原作を書いたってだけでしょう?

マスコミ界っていうけど、全部アベ友じゃないですか。TBSやテレ朝やテレ東がいてもいいんやで?



本来は新元号制定は天皇の専権事項だった。他のことは官吏にまかせても、儀礼、元号は天皇の領分だったはず。くじで決めた明治はともかく、大正・昭和ですら、枢密院で専門家にまかせて調査・決定し、ときの大臣には触れさせなかった。


それを、自ら『譲位したい』と言った天皇をおざなりにし、『退位』ということにし、皇太子殿下から元号決定権を奪うように勝手に『経団連のような専門家?』に元号決定をさせる始末。挙げ句に、アベは『談話』とやらで己の新元号への『思い』を発表する気だという。

アベよ、新元号に思いを込められるのは天皇だけで、お前はただの国家公務員にすぎない。国民に奉仕する存在なのだ。思い上がるな。

女系天皇の議論をさせぬため、マスコミには盛んに秋篠宮家の話題ばかり報じさせているのも気に障る。


私は別に天皇礼賛主義者でもないし、右翼でもないが、アベがこうして国の何もかもを私物化しているのを見ると、ふつふつと怒りが湧いてくる。右翼もよく黙っているなと我慢ならない。結局権力側にもたれるだけの『エセ右翼』なのだろうか。


新元号発表に「権力者は安易に元号にかかわるべきではない」|NEWSポストセブン 

>「元号について見識の深い人たち、特に皇室関係者の間では、“権力者が自らの権威づけのために、安易に元号にかかわることは避けるべき”と考えられています。  たとえば、明治天皇は15才という若さであったとはいえ、『明治』をくじ引きで決めたことは有名です。大正天皇も昭和天皇も、天皇の最高諮問機関『枢密院(すうみついん)』の判断に任せた上で、追認しました。『平成』も竹下登首相ではなく、小渕官房長官が発表した。  御代の名前の決定は、向こう何十年かの国の平安を左右するかもしれない責任重大な行為であって、過去の為政者たちでさえ慎重に距離を取った、畏れ多い行為なのです。私利私欲の道具にしていいものではありません」(宮内庁関係者)



なぜこれまで通り、宮内庁に一任しないのか。内閣府は国のすべてに口を出さないと気がすまないのか。まるで独裁政権だ。



(2ページ目)皇太子と2度も面会 安倍首相が気にする“犬猿の仲”の存在|日刊ゲンダイDIGITAL 

>なぜ、福田氏のことを気にしているのか。皇后になる雅子妃の父親である小和田恒・元国際司法裁判所所長と極めて親しいからだ。


新元号、11時半公表で調整 首相、自ら談話を発表へ | 共同通信 


新元号、各国にファクスで伝達へ 「興味ない」の見方も [平成から新元号へ]:朝日新聞デジタル 



しかも、決まった元号をなぜか『FAXで』各国に送りつけるという。この政権、FAX好きだなあ。


北朝鮮に送る時も、ロシアへ送る時も、いつも『FAX』である。ロシアなどは『一方的に送ってくるな!』と怒っていたのだが。



ところで、マスコミ界では『新元号の予想は白熱している』ことになっているらしい。『お祝い気分』だとか。


私の周りでは、アベが新元号を決めることにブツクサ言っている人は多かれど、新元号はこれだったらいいよね、などとお気楽に話している人はあまり見かけない。私の周りが特別なのだろうか。


新元号、予想白熱=人気の漢字は「安」:時事ドットコム

>昭和天皇の逝去による自粛ムードの中で決まった「平成」とは異なり、天皇陛下の退位に伴う改元。多くの人が予想する漢字からは、新時代の幕開けを祝うムードが透けて見える

新元号予想各地で盛況 生前退位でお祝い気分に - 毎日新聞

>新元号予想ランキング 1位 安永(あんえい)  486票 2位 安久(あんきゅう) 418票 3位 永安(えいあん)  236票

各紙によれば、アベの『安』が入った元号が『大人気』らしい。それは『人気』でなくて『不安』だからだと思うが、マスコミは政権のサクラ活動に余念がない。『祝うムード』って『不安ムード』の間違いじゃないか?


私個人としては、明治、大正、昭和、平成、と陰気臭い、かたっ苦しいイメージが嫌なので、もっと気分が明るくなるような元号をつけてほしい。安倍政権にはそれがまったく期待できない。


私としては希望として、『善吉(ぜんきち)』『末吉元年』のような目出度いものを望む。アナウンサーが「善吉天皇・皇后両陛下が」と話すのを聞けばお茶の間はほっこりとするような気がするのだ。新聞の字面を見ても、しかめつらしい顔をしなくてすむ。



冗談はさておき(半分本気だが)、平成を『他社に不寛容な時代』と答えた人が多かったことは示唆的である。


東京新聞:平成「良い時代」73% 「他者に不寛容」57% 共同通信世論調査:政治(TOKYO Web)

>女性の地位については「ほとんど向上していない」「まだ不十分」を合わせると86%を占めた。


これは平成の終わりに現れた政権が権力を私物化し、差別主義を守護、エンジンとして利用するような政権だったことと無関係ではないだろう。何事も、事の終わりの印象が、その全体の印象を決めてしまうものである。


差別主義者であり、かつ戦争で各地に脅威を振りまく大統領を、ノーベル平和賞に推薦するような総理大臣を我々は居座らせている。


その者の決めた新元号を、私は決して受け入れられないだろう。

新元号にもし『安』の文字があれば、きっと国会デモが起こるに違いない。『新元号のリコール』という、史上初めての署名運動を、私達は新たな時代の最初に見ることになるかもしれない。

web拍手 by FC2

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »