ブログ村

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« この政府は嘘ばかり 防衛局、県に無断で土砂割合変更  さらには統計データ改ざんで消えた世界の信用 | トップページ | 沖縄 県民投票否決 自民の「勉強会」が後押し 配布資料で『否決しても県民の文句は門前払いすればOK』不安払拭 »

2019年1月13日 (日)

悪質! 防衛局は県に『工事入札前』の偽データで検査逃れ、辺野古埋め立て! 原発・ロシア・全方位で行き詰まる安倍政権

昨日に引き続き、辺野古埋め立てを続ける防衛局の詐欺っぷりが判明した。

辺野古工事 土砂割合変更 防衛省、契約前の文書提出     2019年1月12日 朝刊 東京新聞

>しかしこの検査は、業者が二〇一七年三~四月に行ったもので、防衛局が埋め立て工事の入札を行った一八年二月より前だった。防衛局は県に対し、事前に「検査は土砂の購入後に行う」との方針を示していたため、県側は「検査した土砂と工事で投入された土砂が同一か重大な疑義がある」と反発。また、防衛局が業者に工事を発注した際の仕様書では、県に承認を得ずに細粒分の割合を「40%以下」と変更していたことも判明。県は仕様を変更した理由の説明も求めた。

>また埋め立て工事に使われている土砂は県内七つの鉱山から採掘したものを混合していたのに、検査は一カ所の鉱山でしか行っていなかった。県は「混合後の土砂で検査すべきだ」としている。国に対し、十八日までに回答を求めている。

>防衛省整備計画局は契約前の報告書を出した理由について、本紙の取材に「検査結果を出した業者を信じているので、問題ないと判断した」と説明。防衛局は県の要請については、コメントできないとしている。


まるっきり防衛局は県に対して嘘のデータで申請をしていたことになる。


工事させろとうるさくいうから、県が防衛局に土砂の検査データを出せと言うと、提出されたものは、防衛局の工事入札前のデータだった。


防衛局は『検査は土砂の購入後に行う』と県に説明していたのにもかかわらず、だ。


しかもその土砂は一箇所の鉱山から抽出したもののみ。今海に投入されているものは他の6箇所の鉱山から採掘したものも混合しており、防衛局が提出したデータとは異なる。


おまけに昨日報道されたとおり、県が細粒分の割合を『10%程度』としていたものを防衛局は『40%以下』と大幅に基準を緩めて土砂を発注


つまり防衛局は沖縄県に対して丸っきり嘘をついて、偽のデータで報告し、工事を進めたことになる(そもそも防衛局の環境アセスも嘘ばっかりだったことがアメリカの報告書からもわかっている)。


ひとつではない。土砂の件だけで3つの嘘をついている。おまけに政府は行政不服審査請求を違法に利用し、港の使用許可が下りぬと知ると県を悪者にした挙げ句、琉球セメントとかいう岸信介ゆかりの企業の桟橋を県の条例をいくつも違反して利用、カミソリ付き鉄条網まで使って反対派を威嚇した。


そして例のアベの『サンゴはすべて移植した』発言。これも防衛省はまるっきりの嘘を言っていて、NHKはそれを無批判に流した。


だが、防衛省自身がこれを嘘だと認めている。


3812
         ↑野党の問い合わせに答えた証拠書類。埋め立て区域の2-1(区域2の一部でなく隣接の別区域)からサンゴを移していないことが判明。つまり防衛局及びアベは嘘をついている。(国民民主・玉木氏ツイッターより)


ここまで法を破り、条例を破り、人倫を踏みにじる政権があったであろうか。


防衛局が県に対し行ったことは詐欺だし、背任行為だ。しかも違法な手続きを行い、条例を破った。断罪しなければなるまい。





辺野古近海は世界的に希少な生物が生息するサンクチュアリだ。世界遺産に登録すべき希少価値の高い海である。

16

9


それを、ここまで法を破って破壊しようとする安倍政権とはなんだろうか。なのに口を開けば『観光大国を目指す』『日本の自然の美を世界へ』とか言い出すのだ。一方で『カジノで観光を活性化』などという世迷い言を口にする。


アベは沖縄が嫌いなのだろうか。自然は一度壊せば元に戻らないことがわからないらしい。そもそも興味がないのだろう。


私はこういった個人で責任のとれないことを平気で進める人間を信用しない。原発然り、辺野古埋め立てしかり。壊れたら二度ともとに戻らない。



なのに政府は沖縄の各市長に圧力をかけ、沖縄の民意を示す機会まで奪おうとしている。嘘だけでは飽き足らず、国民の意見表明すら奪う気だ。


さすがは改憲案から『基本的人権』の項を削除するだけはある。

2019年1月12日(土) 県民投票、予定通り実施 デニー知事「拒否は違法」 しんぶん赤旗

>デニー知事は、県民投票が法定署名数(2万3171人分)を大きく上回る9万2848人分の県民の署名で発案されたことを強調。「県と市町村には県民投票に関する事務を執行する義務がある」と述べ、「仮に当該事務を執行しない場合、同条例、地方自治法の規定に違反する」と語りました。



沖縄市長などは参加しないことを強調したらしいが、順序が逆だ。


反対署名が集まって議会が参加拒否を決めるならまだしも、『参加署名』が県民から発案されて集まって実行されるのである。


決してデニー知事が勝手に始めたことではない。法定署名数のおよそ4倍以上にも及ぶ、県民9万2848人分の希望があって叶った投票なのだ。


それを「二択しか選べないのは県民の意志を蔑ろにしている」と拒否するのは訳がわからない。そりゃお前の都合が悪いからだろと言う話だ。



勘違いも甚だしい。民意を議会が無視する。これが安倍政権の民主主義だ。



そして同じくアメリカへ新たな基地を進呈する思惑。馬毛島近隣の住民たちも反対が多い。あまりに無理筋を通そうとしすぎる。

2019年1月12日(土) 防衛省 馬毛島買収の動き 空母艦載機訓練移転が急展開 しんぶん赤旗

15日から初訪米する岩屋毅防衛相の“手土産”にする狙いも透けてみえます

>「馬毛島の米軍施設に反対する住民の会」の清水捷治副会長の話 すでに訓練移転が決まったかのような報道が相次いでいますが、まだ予算措置はとられておらず、国会審議もあります。仮にとられたとしても地元合意がない限り、絶対に実現できません。



この政権はすでに全方位で行き詰まった落日政権だ。モリカケ問題・ケチって火炎瓶問題の容疑者である首相が、いまだにのうのうと外交しているという事実。世界は驚いている。

安倍首相“暴走発言”にロシア激怒…北方領土交渉打つ手なし   2019年01月12日 09時26分 日刊ゲンダイDIGITAL

露外務省、第二次大戦の結果受け入れを要求 毎日新聞2019年1月12日 01時07分

>声明は「平和条約問題の解決策を見つけるための重要な条件は、東京(日本政府)が第二次大戦の結果を全面的に認めることだ。それにはクリル諸島(千島列島と北方領土)に関する我が国の主権も含まれる」としている。



ロシアについにここまで言われるって・・・。相当アベのこと、舐めてかかってるんだろうなあ。韓国にばっかり喧嘩腰だからつけ込まれるんだよ。歴代首相でここまで言われたの、アベさんが初めてじゃないかな。



そして厚労省のデータ改ざん。組織的隠蔽はない、と言っているが、誰が信じるのか。もうさんざん組織的隠蔽を見せられてるんだが。


勤労統計不正 抽出調査 なぜ誰が     2019年1月12日 朝刊 東京新聞


これ、住所記録がない人が「推計延べ一千万人以上」いるらしいのだが、住所不明な人に対し、申し出てもらって本人確認して不足分を支払う、と言っている。


そんなの気付かなかったらもらえないわけ?自分たちのミスでやったことなのに。


しかも、高プロを通した時のデータが間違っていたことになるのに、予定通り4月に施行するって。この政権、やっぱり頭がおかしいよ。


厚労省“統計調査”不正の大チョンボも…高プロ施行強行の愚 公開日:2019/01/12 06:00 日刊ゲンダイ



で、やっぱり頓挫した原発輸出。世界はアベが思っているほどアホじゃなかったわけだ。


最大3000億円 損失計上へ 日立、英原発計画を凍結     2019年1月12日 朝刊 東京新聞

日本の原発輸出案件事実上ゼロに 成長戦略見直しも 毎日新聞2019年1月11日 21時14分



これにより、これまでアベが『成長戦略だ!』と息巻いていた原発輸出が頓挫したことになる。イギリス、トルコ、リトアニア等々、採算の合わない計画に向こうが難色を示したわけである。


これはアベのマーケティングが完全に失敗したということだ。


もし原発事故後の政府の対策が的確で、『風評被害』なる便利な免罪符に頼らず、全国の放射能汚染状況をすみやかに調査し、立ち入り禁止区域を決定、避難のための手続きや補償を、そして甲状腺がんの検査を全国で行い、汚染地域の農家や酪農家、漁業従事者への補償と継続するための土地を貸す制度等々、


やるべきことをすみやかにやっていれば世界各国も『万が一事故が起こっても、日本を見習ってああいったリスク管理・対策を行えばいいんだ』と安心させれば、もう少しゴマカシがきいたろう(原発がどうしようもない負の遺産なのは変わらないが)。


なまじ調査を怠り、都合の悪いことを隠蔽し、あまつさえ放射線量の基準値を甘く設定、早々と避難解除したり、基準値を上回る農産物が出続けてそのたびに農家に『風評被害だ』と言わせるようなことをすれば、反対に海外の不信を煽るのは当然の話だ。



台湾が福島の農産物を輸入拒否したときも、日本政府はなんと言ったか。『失礼だ!訴えるぞ』と脅しにかかったのだ。こんなことをする政府を誰が信用するというのか?


アメリカの原子力政策を押し付けられ、中曽根元首相が強行した原発政策。誘致先の住民たちを札束で叩き、挙げ句に世界二例目の原発事故を起こした。

なのに反省なく原発輸出を企んだ安倍政権。


その結果、皮肉にも自身の不誠実な隠蔽・ごまかし体質が原発の『リスク高』を世界に広げることになった。アベのおかげで、世界は『原発から再生エネルギーへ』という新時代を享受するのである。



一方我が国は――



オトモダチ優遇。

「加計学園」と面会の元首相秘書官 柳瀬氏、ダイナブック役員に     2019年1月12日 朝刊 東京新聞


恥さらしのお・も・て・な・し。


東京五輪招致めぐる贈収賄で捜査 JOC竹田恒和会長の“正体” 公開日:2019/01/12 14:50 日刊ゲンダイ


教師だけでなく、医者も過労死で死ね、と。この政府の労働観はどうなっているんだろう。サンゴのときみたいに、労働者も土に挿したら次々生えてくるとでも思っているのだろうか。


2019年1月12日(土) 医師の残業 年2000時間上限 厚労省案 過労死ラインの2倍 しんぶん赤旗



最近メディアでもAI、AIとやかましいが、政治家と官僚の業務こそすべてAIに任せたらどうか。AIなら権力欲も金銭欲もないから、汚職や収賄、口利き、談合、もみ消し、隠蔽、天下り、セクハラ、パワハラ、痴漢、レイプ、過剰請求の心配がない。


『AI大国日本』で売り出すなら、それくらいセンセーショナルな方が話題になるだろう。面白がって海外でも流行るかもしれない。


『空飛ぶクルマ』?アホかと言いたい。オスプレイが落ちてきて住民が非難しているのに、素人に空を飛ばせて落下事故をどう防ぐのか?


それこそ安心して夜も寝られやしない。ヘリをつけてるということは、騒音もすさまじいだろう。

こういう愚にも付かぬ事を平気で語る政府もメディアも、どうかしているのではなかろうか。


AIで人々の生活が幸せに。理想的な労働環境を整備。今の日本にはその視点が欠けている。

web拍手 by FC2

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« この政府は嘘ばかり 防衛局、県に無断で土砂割合変更  さらには統計データ改ざんで消えた世界の信用 | トップページ | 沖縄 県民投票否決 自民の「勉強会」が後押し 配布資料で『否決しても県民の文句は門前払いすればOK』不安払拭 »

米軍・沖縄」カテゴリの記事