ブログ村

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月

2019年1月25日 (金)

愚策! 沖縄県民投票3択実施へ 妥協するな 国の強請りたかりに屈するな

 残念な知らせが入った。沖縄各市長が県民投票不参加を表明、県に圧力をかけていたのが実り、県は連中が求めていた『どちらとも言えない』を選択肢に含めた3択での投票実施が決まった。


「検討」から「5市の不参加回避へ」からの「与党会派3択反対」からの「全市参加へ」の紆余曲折。結局、5市の自民市長の言い分通り、「3択での参加」を県が呑んでしまった。

沖縄県民投票3択検討 県会議長 5市の不参加回避へ     2019年1月20日 朝刊 東京新聞

>関係者によると「どちらとも言えない」を加えた三択とし、不参加の自治体に協力を働きかける方向だ。

沖縄県民投票:条例改正を事実上断念 与党会派「3択」案に反対 1/21(月) 5:15配信

与党「3択」容認 辺野古県民投票 全市町村実施へ加速 2019年1月23日 15:39 琉球新報

>与党3会派の内、2会派は条例改正に反対の立場を取っていたが、県民投票に不参加を表明している5市に対して、県は水面下で3択の条例改正案を提案し、5市からいずれも「歓迎する」との回答を得たこともあり、方針を転換した。

2019年1月24日(木) 沖縄県民投票 3択も 県政与党会派 全県実施へ「柔軟対応」 しんぶん赤旗

>一方、県政野党の自民党県連は22日に記者会見し「県民投票条例および実施日を全県実施に向けて、仕切り直しをすること」などを求める声明を発表しました。

沖縄県民投票、全県で実施の見通しに 2019年01月24日 23時28分 TBS



・・・何というか、本末転倒。県民投票を全市で行うことが目的になっているが、問題は一市長にすぎぬ輩が市民の投票権を制限していることで、それを追求すべきではないか(違憲訴訟すればよい)。


このまま3択にした場合、基地『賛成』以外の選択肢が2つになるわけで、明確な『反対票』がばらけてしまう。すると、そもそも県民投票を行う意義自体が損なわれる。


これこそ自民官邸のしかけた巧妙な罠であり、なぜこんなあからさまな罠にはまるのか。ここまで来てなぜ愚かな真似をする。


これまで5市長が不参加を表明して県の3割の投票権を奪ったのも、最初からこれが目的の圧力であったというのに。証拠に、彼らは県の要請に際し、「3択にすれば考える」としらじらしく語っていた。


しかも、彼らが去年に出した条例案は「やむを得ない」「どちらとも言えない」を加えた四択だった。これだと『反対』がひとつに対し、『賛成』が2つとまったく馬鹿げた手前味噌だった。

これでは、せっかく命をかけたハンストを行った青年が気の毒だ。彼は二択でないと民意は示せないと表明していた。

県民投票「やはり2択に絞って」 ハンスト中の元山代表、3択改正案報道に考え示す 2019年1月19日 13:05 沖縄タイムス


これが通ると、ますます自民は図に乗って「圧力は効果アリ」とつけあがってくる。これは典型的な強請りたかりで、暴力団を相手にしているのと同じである。

現に、私は買取業者ともめたときも、まったく同じ状況に陥った。明らかに向こうに否があるのに、「買取手続きを進めたければ、このまま認めろ。でなくば全部送り返す。送料も全部お前負担だ」と言われた。

その時は二千円ほどのことだったので諦めたが、県民投票は譲ってはいけない。

大体からして、自民側はずっと悪辣な真似で県を苦しめてきた。ここまできて、どうして譲るんだ。今は踏ん張りどきだ。



あの不参加指南の宮崎とかいう繰り上げ当選議員(つまり選ばれてない)も、その背後には官邸の指示があり、菅との面談後に態度を変えた前科がある。


沖縄県民投票“不参加”指南の背後に安倍官邸の存在か!指南議員は安倍チルドレンで、沖縄ヘイトデマ勢力と共著も 2019.01.19 リテラ

>じつは、宮崎議員が県民投票の予算否決の呼びかけに邁進していた最中の昨年12月10日、宮崎議員は松川正則・宜野湾市長と連れ立って首相官邸を訪れ、菅義偉官房長官と面談をおこなっているのだ。

>松川宜野湾市長はこの面談から約2週間後の同月25日、下地宮古島市長につづいて県民投票への不参加を表明している。   そもそも宮崎議員は、2012年の総選挙において比例復活で初当選した“安倍チルドレン”だ。

>選挙戦で宮崎氏は「普天間の危険性除去に最も早くて確実な方法は県外」と県外移設を公約に掲げていたが、翌年、菅官房長官が「県外移設はあり得ない」と沖縄県選出国会議員を“恫喝”すると、宮崎議員は公約を撤回して辺野古容認派に。


辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判 公開日:2019/01/19 14:5 日刊ゲンダイ

>演説内容“コピペ”、台風発生中に宴会…  「アベ友」市長の中には“ポンコツ”もまぎれている。

2019年1月17日(木) 「予算否決全力尽くせ」県民投票妨害けしかけ 自民・宮崎衆院議員 沖縄の地方議員に しんぶん赤旗

>今回の資料は「予算案を否決することに全力を尽くすべきである。議員が損害賠償などの法的な責任を負うことはない」と強調しています。

>同資料は、県が違法確認訴訟を起こしても、投票日までに裁判所の結論が出る可能性は「ほぼゼロ」で、「裁判を通じて、市町村に対して投票事務を義務付けることや県が代執行することが認められる訳ではない」と解説しています。

>「『辺野古』県民投票の会」の新垣勉弁護士は「市長が予算を執行しなければ違法だと、宮崎氏もよく認識している文書だ」と指摘します。   その上で「市長が予算執行しなくても、県が市長に強制執行させることも罰則を科すこともできないと、暗に“違法行為をしても大丈夫”と述べている。これは政治的目的で法令の不順守を促すもので、法治主義、民主主義の観点から見逃せない」と批判しました。


奴らのやり方はまさに『政治的目的で法令の不遵守を促すもの』なのだ。

絶対に屈してはならない。

ハンストで表明した青年も、大人がほとんど反対を主張せず、真実を知ろうともせぬまま流されているのを見かねてのものだ。ネットで不当に叩く者も多かったが、ではこうして耳目を集める以外に、一市民にどのようなことができると?


デモもだめ、ネットでツイート、ブログ書いてもだめ、ビラを配ってもだめ、国会で野党が追求しても、一部健全なマスコミが懸命に追求してもだめ、一介の大学院生に何ができますか?

それをこの国の官房長官はどうコメントしたか。

菅官房長官「その方に聞いて」元山さんハンガーストライキに /沖縄 2019年1月19日

こんな冷酷な人間たちが国を牛耳っている。

勝手に県民投票不参加を表明した市長らに対し、市民はそれぞれ声を上げた。琉球大学での学生投票によれば、なんと75%の人が『基地反対』という結果が出た。

学生の中には、「移設に反対だという声を上げる場所がなかった。機会を設けてくれてありがとう」と語る人もいたという。移設反対を表明する場所がない。これこそが自民官邸の狙いなのだ。



2019年1月22日(火) 沖縄県民投票 うるま市長の不参加表明に抗議 私たちで民主主義守る 参加求める決起大会に300人 しんぶん赤旗

辺野古県民投票「市民の権利」 全県実施求める活動、全国に 社会|神奈川新聞|公開:2019/01/22 10:12

辺野古土砂投入 学生投票 琉大生「反対」75% 「国の強硬姿勢許せぬ」「県民の声を聞け」 2019年1月18日 16:47 琉球新報

>総投票数は1259票。「反対」467票、「どちらかと言えば反対」476票、「賛成」81票、「どちらかと言えば賛成」83票、白票もしくは「どちらとも言えない」152票だった。比嘉隆一郎学生会長は「学生が新基地建設に対する意思表示をする場がなかった。これほど多くの学生が反対の意見を持っていたというのは驚いたが、意思を示せる良い機会になった」と語った。

>学生投票の時には、執行部に「移設に反対だという声を上げる場所がなかった。機会を設けてくれてありがとう」と感謝する学生もいたという。

一人一人の意思表明する機会を/石垣 県民投票求める集会 2019年1月15日 05:00 沖縄タイムス

宜野湾市民 辺野古県民投票不参加の市を投票権侵害で提訴 公開日:2019/01/16 14:50 日刊ゲンダイ



この結果や動きを見て、県議会よ、本当に3択実施が民意だと思いますか?

一方で国は奄美を世界遺産に推薦した。この二枚舌。なぜ辺野古は推薦しない?そもそも、奄美とて自衛隊基地つくれば環境破壊で遺産もくそもない。

世界自然遺産、奄美・沖縄を推薦 2度目、20年登録目指す     2019年1月17日 17時17分 東京新聞

県議会も、政治的駆け引きは大事だが、県民たちの努力を無駄にしないことを最優先に行動していただきたい。何が一番大切か。法を捻じ曲げ、民主主義を破壊する動きこそ阻止するべきだ。

どうか3択などという愚策を呑むことは控えていただきたい。本土の無責任な意見かもしれないが、投票権を制限する市長こそやり玉に上げ、始末するべきと考える。



web拍手 by FC2

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2019年1月24日 (木)

またもフェイクニュースでミスリード 安倍さんは何しにモスクワに行ったのか?

 もうご存知の方もいるだろうが、昨日の安倍・プーチン会談速報の酷さは凄まじかった。何の進展もないのに、まるで北方領土返還の約束でもしたような見出しが溢れた。

一番看過できなかったのは、共同通信の記事。『二島決着示唆か』などとあたかも交渉が進んだかのようなミスリード文。

しかも英語版では『領土問題進展なし』と書いてあったという。これって確か、NHKが原発報道の際、国内向けには『心配ない』、国際版では『危機』と言いわけていた過去を思い出す。これって詐欺というか、国民への背任、犯罪でしょう。



Photoロ大統領、平和条約締結に意欲 2島決着示唆か  2019/1/23 12:12 共同

>条約を締結する意欲を日ロ間で確認したと表明した。日本からの経済協力拡大など両国関係の飛躍的発展を条件に、北方領土問題を2島返還で決着させる用意を示唆したものとみられる

上の記事でわかるように、期待して(?)記事を読めば「示唆したものとみられる」。要は何も進展ないですよ、と言っているのだが、素直に読むと安倍さんが頑張って何かを引き出した風に受け取ってしまう。日本語の妙である。

そしてもう一つ驚いたのがNHKの公式(!)ツイッターの見出しである。こうなっていた。
2_2
おっ?安倍さん何かやったのか、と興味を引くNHK公式のツイッター見出し。だがクリックすると・・・

日ロ首脳 平和条約交渉の加速確認も 具体的進展は見られず 2019年1月23日 0時56分 NHK

進展ないんかい!これ、見出し詐欺だろ。完全にフェイクニュースである。


もはや週刊誌レベルになったNHK。受信料返せ!

しかも『指示した』というのはあたかも安倍がプーチンに言ったかのようなミスリード文だが、実際は

北方領土での共同経済活動について、早期実現のために共同作業を着実かつ迅速に進展させるよう事務方に指示することで一致した』だけの話。

しかも『確認』の文字が出てくるのはなんと7回!各段落に一つは『確認しました』が出てくる。


結局、安倍さん、何の成果も出せず『確認』するために税金つかって外遊、旅費・宿泊費を税金で負担させたんだね。私人の奥さんと一緒に。ええかげんにせえよ。

なんか最近よく見る『確認』の文字。以前もトランプとかと会って拉致問題や北朝鮮問題のときにも『確認』しに行ったような。外交の安倍?笑わせるなよ。




元ロシア外交官の人もこうおっしゃっている。

(耕論)日ロ交渉の決着は? ゲオルギー・クナーゼさん、河東哲夫さん、宇山智彦さん 有料記事  2019年1月24日05時00分 朝日

>「記者発表を見ましたが、一歩も進んでいない印象です。…安倍首相は何のためにモスクワに来たのでしょうか」


外遊するたびに血税を何十億とばら撒くアベ。ここまで不祥事の続く中でよくやるよ。早く内閣総辞職なされよ。

web拍手 by FC2

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2019年1月16日 (水)

「私も投票できない」 デニー知事、沖縄市民なので投票できず。アホ自民の妨害工作『県民投票は費用対効果がない』

 ようやく報ステで沖縄自民の暗躍が報道された。


【報ステ】沖縄県民投票 自民党議員が不参加指南か テレ朝ニュース


官邸の走狗たる各市長らは「私はその勉強会には参加していない」と無罪を主張しているが、議員たちが出席し、マニュアルを手に入れているのだから関係がない。しかも主張が配布資料と一言一句同じなのだから言い訳にはならない。

事実、その勉強会が開かれたのは宜野湾市やうるま市だそうで、なるほど、そこの両市長は県民投票不参加を表明した。

報ステで後藤氏が「これって不参加の市を多くすることで県民投票自体をなくす妨害政策じゃないか。そのために官邸が最初から根回ししている可能性がある」と(いう趣旨のことを)指摘していたが、その通りだろう。

となると、ますます民意とは何かと考えてしまう。



2019年1月15日(火) 県民投票妨害へ資料 沖縄 自民国会議員が配布 不参加5市長の見解重なる しんぶん赤旗

>本紙が入手した同資料は「県民投票条例への対応について」と題し、弁護士資格を持つ自民党の宮崎政久衆院議員の名前が記載されています。   「投票結果を受けて(特に埋め立て反対が多数となった場合)、普天間飛行場の危険性除去をどのように進めるかが検討されていない」「5億5千万円の税金を投入して、市町村の事務負担も発生させて実施する意味が、費用対効果の面からも存在しない」などと記述されています。

>宮崎氏は本紙の取材に対し、資料の作成・配布を認めました。同氏の説明によると、少なくとも宜野湾市で2回、うるま市で1回、昨年11、12月に勉強会を開きました。



 この宮崎とかいう男が配布した宜野湾市、うるま市では投票不参加が表明された。

県民投票する意味が『費用対効果がない』。ならば官邸にそう言えよ。県知事選で県民の意思が示されたのに、違法手続きをして、条例違反まで重ね、しかも防衛局や官邸は嘘ばかり。自分のところの条例が破られているのに、なんで黙ってるんだ。観光で食ってるのに、なんでその資源が破壊されてるのに黙ってるんだ。

こいつら本当にアホか。

わざわざ県民投票することになったのは、官邸が県民の意思を無視して埋め立てするからだろうが。


しかも今度はその答えが出る前に埋め立てを進めようとさえしている。


どっちが『費用対効果がない』んだよ。無駄ばかりじゃないか。


警備費は数千億円で一日一千万。基地工事費用は2兆円超え。埋め立てを続ければ確実にサンゴは全滅。ジュゴンやウミガメも死滅するだろう。そののちに辺野古基地はイージス艦の常駐する、ミサイル基地となる。汚染物質垂れ流しだ。


普天間?辺野古は滑走路が短いため、一部返還しても、普天間は滑走路として使用され続けるだろう。


この自民系議員というのは、そういったことをすべて知った上でこう言っているのである。だから罪深い。

官邸の都合の悪いことは民意であろうと無視。官邸の都合に沿ったものだけが民意。もうさんざん我々は現政府に見せつけられている。



「沖縄はゴミ箱ですか」知事選で投じた有権者のむなしさ 有料会員限定記事  伊藤宏樹 成沢解語 2018年12月15日08時10分


現に政府の辺野古環境監視委員会のメンバーは御用学者ばかり。少し前にここでも触れたが、その中のひとりは「みんな都合の悪いことは耳をふさいで調査もしない」と失望して委員会から出た。

政府の辺野古「専門家」組織、その内実は サンゴ移植 有料記事  編集委員・野上隆生 2019年1月13日09時23分

そしてケッサクなのは、沖縄市長が投票不参加を決めたせいで、沖縄市在住のデニー知事が投票できなくなったことだ。


こんな馬鹿な話があるか?


「私も投票できない」 デニー知事、県民投票予算案の否決を指南した宮崎氏に不快感/沖縄 2019年1月15日

>2月24日に実施される県民投票を巡り、宮崎政久衆院議員(自民)が保守系の市町村議員を対象にした勉強会で、投票にかかる予算案を否決するよう呼び掛けた問題で、玉城デニー知事は14日、「県民、特に投票に参加しないと言っている市の住民がどう考えるかだ。私自身も県知事だが沖縄市民なので投票できない。そんなことがあってもいいのかという思いはある」と述べ、不快感を示した。


まるでギャグみたいな話だ。安倍政権というのは、やることなすこと無理筋でやるため、こういったギャグが度々発生する。この間安倍さんがご自分の見た映画の主役たちに「辺野古を守れ!」と言われたのもその一つだ。

一番のギャグはかつてお友達だった籠池が、今や政権批判のデモで腕を振り上げ、各地でアベ批判講演会を開いていることだろう。

アホなことをすると、いつまでもその因果がつきまとってくる。


厚労省データ改ざん問題では、やっぱり安倍さんは他人事で「遺憾だ」などと述べている。自分が指示して賃金上昇を演出させたのだろうに、「組織的隠蔽はない」だと。いやいや。ならどうして昨年12月に知った時点で誤りを指摘しないまま公表した?しかも今月9日にも誤ったデータのまま公表した。

不適切調査、統計法違反の疑いも 総務省が自民部会で指摘     2019年1月15日 19時29分 東京新聞

不適切調査、課長級が通知 厚労省、組織的関与か     2019年1月15日 夕刊 東京新聞


JOC会長竹田も一方的な7分間会見。まるで加計孝太郎の会見を思い出す。本当にやましいことがなければこんな真似はしない。外国人記者も多くいたのに、どうするつもりなのか。

このままだと、ゴーンの件も含めて日本はヤバイ国だと結論づけられる。

韓国からも「不誠実だ」となじられ、ロシアからは「無神経だ」と呆れられている。

今や政府はガタガタだ。

その窮余の策だろうか。『デマ拡散防止』を掲げてネット監視を表明した。


政府、デマ拡散抑止へ本格対策 選挙や災害時、法制化は見送り     2019年1月14日 17時28分 東京新聞


選挙や災害時にデマ流してたのはお前らの方だろうが。まったく信用できないのですが。政府が信頼できない国は最悪だ。まるで中国ではないか。


こういった動きもある。

スマホゲームで位置把握か 捜査当局、GPS利用可能     2019年1月13日 17時42分 東京新聞

スマホゲーム、捜査に利用か GPSで個人位置把握 2019年1月14日 朝刊 東京新聞



警察が望めば、調べたい人のメールアドレスや氏名、住所、携帯電話番号などでそのユーザーのスマホの位置情報が提供されてしまうという。


最近スマホゲームのCMばかりが流れて鬱陶しいのだが、それで遊んでいる若者たちは気をつけたほうがいい。例えば政権批判デモや基地反対デモを行っている者の情報(しかも位置情報なので危ない)が警察に知られてしまい、監視されるということだ。



さらには東京五輪のボランティアで使用されるという顔認証システム(by NEC)だが、早くも天皇在位30年式典で導入されるという。


政府、顔認証システム導入へ 2月の陛下ご在位30年式典で初実施 1/14(月) 5:00配信


式典後は個人情報は消去されるというが、まったく信用できない。なにせマイナンバー情報70万件流出させ、2000万件の過少給付が起こる政府だ。


・・・こう書いてくると、本当にこの国、大丈夫か? 支持者も目を覚まそうよ。

web拍手 by FC2

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2019年1月15日 (火)

自民「沖縄県民投票やらない方向へ。たたかいだ!」 民意無視の本末転倒 議員の資格なし

39この写真を見て、思わず「うわ!」と叫んでしまった。アベが大嘘までつき、スガやNHKが嘘をつき続けている間に、海はこんな無残な姿になっていた。もはやこの政権に憎しみが湧いてくるとともに、政府のあまりの無知・不見識ぶりに、何がなんでも止めてみせるとの闘志が湧いてくる。



それにしても、この政権はなぜ県民投票まで工事を待たないのか。十数年かかる工事の、その一、二ヶ月遅れたところで何が困るというのか?



辺野古、3月にも新区域埋め立てへ 政府 毎日新聞2019年1月14日 19時45分


しかも、基地の耐用年数はおよそ200年。普天間の軽減策と言うが、辺野古は滑走路としての機能よりむしろ、弾薬庫、及びイージス艦の配備港としての機能を期待されている。それは1995年の特別行動委員会(SACO)で合意されたものだ。



きょうSACO合意20年 沖縄への基地集中変わらず 2016年12月2日 07:11 沖縄タイムス

>最終報告に示された返還総面積5002ヘクタールのうち、米軍北部訓練場の3987ヘクタールは約8割を占める。返還条件のヘリパッドは、宇嘉川の河口部に設けた訓練区域と連動する形で、上陸訓練を実施する。辺野古も全長271・8メートルで大型艦船の接岸できる「係船機能付き護岸」や「弾薬搭載エリア」など、普天間飛行場にはない新たな機能を加える。

SACO最終報告(仮訳) 平成8年12月2日 外務省HP

>平成8年12月2日、SCCは、海上施設案を追求するとのSACOの勧告を承認した。海上施設は、他の2案に比べて、米軍の運用能力を維持するとともに、沖縄県民の安全及び生活の質にも配意するとの観点から、最善の選択であると判断される。さらに、海上施設は、軍事施設として使用する間は固定施設として機能し得る一方、その必要性が失われたときには撤去可能なものである



さらに、SACO合意では『必要なければすぐに撤去可能なもの』という規定がある。なのに耐用年数200年の立派な基地をつくろうと政府は焦っている(マヨネーズ岩盤なので難航すると思うが)。



今ホワイトハウスで提出中の署名運動にしろ、内容は別に基地建設をやめろというものではない。『県民投票まで埋め立てしないで』というささやかな希望にすぎない。


なのになぜたった2ヶ月の工事も待たないのか?安全保障環境うんぬんはまったく関係あるまい。県民の意志を無視する行為なのは明らかである。


辺野古環境3委員に寄付 受注業者が計1100万円 2015年10月20日 09:05 琉球新報



そして県民投票阻止へ向けていきり立つ自民系市長たち。しかも言うことなすこと矛盾だらけで意味がわからない。

県民投票、深まる溝 辺野古土砂投入1カ月 「市が投票権利制限」識者疑念     2019年1月14日 朝刊 東京新聞

>不参加の市のうち、普天間飛行場がある宜野湾市の松川正則市長は「投票結果によっては、普天間飛行場の固定化につながる懸念が極めて強い」と指摘。沖縄市の桑江朝千夫(さちお)市長は「二者択一で市民に迫るやり方は乱暴だ」と話す。

>住民投票に詳しいジャーナリストの今井一(はじめ)氏は不参加の動きについて「住民投票のボイコットを勧める運動は過去にあったが、自治体の不参加は初めてだ」と指摘。「県民投票にかかる費用は県が支出し、県内の全有権者が投票できる。一票を投じる権利を市町村が制限するのはおかしい」と全市町村の参加を訴える。



県民投票反対の法定署名数が提出されてないし、県民投票をやって何が不都合だというのか。県が負担するのだから、市が予算案を否決する必要もない。


もしかすると県民投票すれば意外に五分五分かもしれないのだから、やってみなければわからない。それほど危機感を感じているのだろうか?(誰にとってか考えると馬鹿らしくなるが)。


証拠に宜野湾市長は「結果によっては普天間飛行場の固定化につながる」と本音を吐露している。だから普天間返還は政府は約束していないって言っているだろう。そういう印象操作はもういいから。



こんな市長たちの横暴に、沖縄弁護士会は声明を発表した。

2019年1月12日 11時55分 沖縄弁護士会が県民投票で声明を発表 琉球放送

>天方徹会長は「(県民投票の)設問のあり方であるとか、これについてもご意見が色々あって、そういったことについても例えば、県民投票の場において白票を投ずるであるとか、棄権をするであるとか、何らかの記載をして投票するであるとか、いう意見表明をそれぞれできるはず」と話し、声明では、投票できる県民とできない県民が生じることは、法の下の平等の見地から「極めて不合理」だと指摘しています


ところがこの市長らを支える自民系市議たちは、堂々と『県民投票を阻止する!大事なたたかいだ!」と講演で意気軒昂に語ったというからどうしようもない。

昨日報じた弁護士議員の宮崎という男の配った『県民投票案否決しても大丈夫マニュアル』によって、自信を得たようだ。おかげで今日も新たにうるま市長が不参加を表明した。まるっきり民主主義の否定である。アホである。

2019年1月14日(月) 自民“県民投票阻む” 沖縄 県議・市議ら平然と発言 しんぶん赤旗

>自民党県議・石垣市議らは12日、同県浦添市内で開かれた保守系団体主催の演説会で、住民の参政権・投票権を奪うことになる県民投票阻止を呼びかける発言を、平然と行いました。

>この演説会は、同県民投票を県内各市町村で実施させないことが主要テーマ。自民党の又吉清義県議は「(県民投票に)私も議会でしょっぱなから反対する第一人者だ」と自己紹介。「われわれは今、大事な政治のたたかいをしている」と訴えました。

>自民党の砥板芳行石垣市議は「県民投票を皆さまのお力で、やらない方向に持っていきたい」と述べました。宮崎衆院議員もあいさつしました。


これは完全にアウト。


市民側から訴えがあってのことならまだしも、市長や市議から言ったらダメ。市民の負託を得た~とかいっても、法定署名数の4倍以上の県民が希望している以上、県民投票希望者は『多数派』である。


それを市長や市議などの個人的な思想で拒否を決断してはいけないし、勝手に『阻止する方向』へ活動するなどというのはもってのほかである。


この市議らの行動に対して、再び不参加決議のリコール運動が起こり、またもや法定署名数以上の署名が集まったらどうするつもりなのだろう。


もしそれをも『議会の決議のほうが重い』などと言おうものなら、今度こそ『民主主義議会の否定』とのそしりは免れまい。


しかもこの背景にあるのは『法的に県民の反発は受け流せる』という解釈なのだから、まったく民意を無視した姑息な考えである。『損害賠償請求は法的拘束力はないし~』と勝手気ままに無視する気なのだ。


議会・議員の本末転倒であり、議員にさえなれば何をやってもいいとの傲慢さが見て取れる。



そもそも、この『県民投票をやらない方向へ』と偉そうに石垣市議はのたまっているが、この間石垣市議らは『東京からの電話』により、慌てて県民投票反対へ回った経緯があるのはバレている。おそらく、よその市でも同じだろう。

石垣市議「東京の自民から電話がすごかった」 沖縄県民投票 2018年12月27日 08:17 沖縄タイムス


なんというケツの穴の小さい連中か。自分たち沖縄の問題なのに、東京の官邸にヘコヘコするとは。そのくせ地元民へはこういった横柄な態度で臨む。東京の顔色しか窺えない議員など、早く辞めたらいいのに。



そして、防衛局はアベさんが大嘘をついたせいで、サンゴ移植を進めるとのこと。この国はアベが何か言うと、それに合わせて事実が作られていく特殊な国ようだ。

辺野古埋め立て 土砂投入前にサンゴ移植急ぐ 防衛省 2019年1月11日 20時44分 NHK

>しかし、残りのおよそ7万4000群体の移植は県の許可が得られていないことなどから進んでいません。  このため防衛省はサンゴが生息する区画に土砂を投入する前に移植するため、今後、県との調整を急ぐことにしています。


この『県の許可が得られていないことから』という、さりげない印象操作。『許可が得られていない』のではなく『最初から申請していない』のである。防衛局は埋め立て区域内のサンゴについては申請していない。しているのは『区域外』の一部だ。


なのにそれを追及した記者が産経に攻撃されたり、この国は無茶苦茶である。産経よ、もう売上が限界なのにまだ政府に媚びるのか。

産経と菅官房長官が「辺野古赤土投入問題」追及の東京新聞・望月記者を「事実誤認」と攻撃! 安倍首相の“サンゴ嘘”に続き 2019.01.14 リテラ


辺野古基地建設反対していた山城氏への不当勾留について、国連もついに問題視した。あいわらず政府は『受け入れられない』とイキっているが。

国連部会「山城議長の勾留は恣意的」 日本政府に見解伝える     2019年1月14日 朝刊 東京新聞

不平等な日米地位協定について、特に米軍を国内法でさばけない理由を、外務省は『国際法』を盾に言い訳してきたが、現実にはそれは『不存在』なことが布施氏などのジャーナリストにより判明。


すると今度はHPの記述から『国際法』の部分を削除した。

政府、説明から「国際法」削除 米軍に国内法不適用根拠 有料会員限定記事  専門記者・藤田直央 2019年1月13日05時00分 朝日

>米軍が日本で活動する際のルールを定めた日米地位協定に関し、政府は日本の法律を米軍に原則適用しないと説明する理由に国際法をあげることをやめた。国内法の適用による基地問題解決を求める声が強まるなか、適用しない根拠となる国際法を示せないことへの批判をかわす狙いだ。


これは沖縄が直面している問題に直結する内容で、この理不尽があるから普天間は苦しんでいるし、辺野古はいらない、という話につながっているのだ。

米軍を国内法で裁けないからこそ、オスプレイやヘリが何度堕ちても撤去できず、米兵の犯罪も減らないのだ。沖縄の問題はまさにこの『不平等な』関係にある。

それを政府は必死に根拠をごまかしてまで存続させ、基地建設を強行して世界遺産級の海を破壊している。これほどの大罪はないだろう。国民に対する背信行為だ。

及び腰で本質に触れないメディア従事者も同罪だということに早く気がついて欲しい。

web拍手 by FC2

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2019年1月14日 (月)

沖縄 県民投票否決 自民の「勉強会」が後押し 配布資料で『否決しても県民の文句は門前払いすればOK』不安払拭

 どうにも息苦しい毎日である。アベが大嘘を披露したのにどこも突っ込まず、それを垂れ流したNHKも居直ったまま。


外遊へ逃げたアベ、ロシアから北方領土を認めろ!と言われ、韓国とのレーダー問題も行き詰まったまま。厚労省のデータ改ざんは出口が見えない。挙げ句に五輪誘致の賄賂疑惑で、暗い雰囲気が漂っている。


今朝ようやくサンモニで目加田氏がNHKの体質を批判してくれていたが、本来ならどこのチャンネルでもこの話題で持ち切りでなくてはおかしい。


最近大きな顔で沖縄各市長が県民投票不参加を言い出しているが、その根拠となった『勉強会』があったことを沖縄紙がスクープした。


なんと弁護士資格を持つ自民議員が、いざ県民投票案を否決した場合のリスクについてレクチャーし、『否決しても県民の文句は門前払いすればOK。相手しなくていい』と太鼓判を押していたのだ。


自民系衆院議員の作成資料に県民投票「否決」への道筋 勉強会で配布 2019年1月13日 05:00 沖縄タイムス

>自民系衆院議員が作成し、保守系議員を対象にした勉強会などで配布された複数の資料を入手した。地方自治法(地自法)の解釈を示し、県の見解を否定する部分もある。住民から議員個人への損害賠償請求には「『門前払い』になる」と想定し、関連予算を否決することに対する議員の不安を払しょくする内容になっている。資料は予算案を否決する根拠となった可能性がある。



よく言えたものだと思うが、本当に自民はコスいなあと感心する。本当に卑怯だ。

このマニュアルにより、各自民系市長は自信を深め、堂々と『県民投票不参加』と表明。全員が「議会の意向を尊重する」と言っているのはその証らしい。


何のための県民投票なのか、そのことも考えず、東京の官邸の意思に唯々諾々と従う沖縄の市長や議員たち。非常に恥ずかしいし、無益だ。



県民投票に反対しているのは沖縄、うるま、宜野湾、宮古島、石垣、与那国の6市町議会。どれも基地があるか、これから自衛隊基地建設予定の場所ばかりだ。つまり、自民系の長が治める場所である。


このうちの与那国町長は「(不参加では)民主主義が軽々に扱われる」と経費支出を決定。



沖縄市長などは本当に情けない。顔もいかにも自民系の悪そうな顔だ。



沖縄市長、県民投票不参加を再表明 「議会2度否決は重い」 一問一答も 2019年1月13日 14:28 沖縄タイムス

>-昨日、知事は予定通り県民投票を実施すると表明したがどのように考えるか。   「反対している人たちの少数意見に配慮がなく、強権的になっている。いかに多く県民を参加させることができるか、私たちの目線に立って協議をした方がよかった。県議会は改めて仕切り直すという思い切りの良さも必要ではないか」

>-住民の直接請求と議会の議決を天秤(てんびん)にかけるような状況だが。   「本当に苦悩した。直接請求した彼らの努力も評価するが、やはり市長として議会を尊重せざるを得ない。私の悩んだ末の決断としか言いようがない」

この市長の、記者の質問への回答がすごい。


「反対している人たちの少数意見に配慮がなく、強権的」だと。


県知事選の結果に配慮せず、いくつもの法や条例を違反し、「サンゴは移植した」という子供じみた大嘘までついて埋め立てを強行しているのはどっちだ?


だったらその少数意見の『投票反対派』の人々が自身で署名活動を行い、法定署名数まで集めて議会に提出すればよい。


『強権的』というが、そもそも県民投票が行われることになったのは、法定署名数の4倍以上の数の県民が、『県民投票で基地埋め立ての是非を問いたい』と希望したからだ。


間違ってもデニー知事が勝手に決めたことではない。民主主義の手続きの一環なのである。


そして沖縄市長はそれに対してなんと言ったか。『直接請求した彼らの努力も評価するが、やはり市長として議会を尊重せざるを得ない』。


決して『少数派』ではない県民の希望に対して、『やっぱり議会(市長)の決定が優先するよね』とそれこそ『門前払い』したわけである。


自らの都合に沿った『少数派』の意見へは『配慮』を求めるが、都合の悪い『多数派』は『門前払い』する。これが自民の素顔であり、考え方なのだ。


官邸でふんぞり返るアベ一派も、まさに『自己都合の権化』だ。都合がいい時は『国民の支持が得られている』といい、都合が悪いと『支持率には一喜一憂しない』と言う。


今回の県民投票も、仮に埋め立て反対が多数派になっても『工事は粛々と進める』と言う始末。


昨日も書いた『埋め立て土砂細粒割合ゴマカシ事件』についても、防衛相は屁理屈をこねた。


なんと今埋め立て中の場所は『閉め切って投入しているので、環境保全図書の記載と齟齬があるとの指摘はあたらない』だと。



沖縄県に無断で変更、埋め立て用土砂“問題はない” TBS

>「今行っている作業は、(護岸を)閉め切って岩ずりを投入しているので、環境保全図書の記載とそごがあるとの指摘は当たらない」(岩屋毅防衛相)   岩屋氏はこのように述べた上、護岸を閉め切らずに埋め立てを行う場合は、細粒分の割合を10%前後とする考えを示しています。



あきれて物も言えないとはこのことだ。閉め切ってるから大丈夫だ?


いやいや、条例違反の赤土を投入していてアホかと言っているのだが。閉め切ろうが開放しようが、投入する細粒割合を40%にしている時点でアウトだから。


しかも昨日の報道によれば、その投入土砂の採掘場所について、一箇所しか検査してないのもわかってるから。


それでもって、サンゴの移植も埋め立て区域からまったくしてないのもバレてるんです。


こういう嘘を平気でつき、論理のすり替え、ごまかし、印象操作をし続ける。この政府は本当に姑息で反吐が出る。結果を出していればまだいいが、全方位で失敗。それもどうしようもない大失敗を重ねている。


安倍政権はこれ以上ない厄災だ。基幹統計までいじって雇用増大演出に利用する(正確にはそれまで職員が統計に入れずにいたのを突然入れたため)。

厚労省「毎月勤労統計」デタラメ調査は安倍首相への忖度か 公開日:2019/01/13 06:00 日刊ゲンダイ


しかし辺野古の美しい海をこのような下卑た手段で潰されるのは我慢ならない。これからも抗議し続けなければならない。


web拍手 by FC2

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2019年1月13日 (日)

悪質! 防衛局は県に『工事入札前』の偽データで検査逃れ、辺野古埋め立て! 原発・ロシア・全方位で行き詰まる安倍政権

昨日に引き続き、辺野古埋め立てを続ける防衛局の詐欺っぷりが判明した。

辺野古工事 土砂割合変更 防衛省、契約前の文書提出     2019年1月12日 朝刊 東京新聞

>しかしこの検査は、業者が二〇一七年三~四月に行ったもので、防衛局が埋め立て工事の入札を行った一八年二月より前だった。防衛局は県に対し、事前に「検査は土砂の購入後に行う」との方針を示していたため、県側は「検査した土砂と工事で投入された土砂が同一か重大な疑義がある」と反発。また、防衛局が業者に工事を発注した際の仕様書では、県に承認を得ずに細粒分の割合を「40%以下」と変更していたことも判明。県は仕様を変更した理由の説明も求めた。

>また埋め立て工事に使われている土砂は県内七つの鉱山から採掘したものを混合していたのに、検査は一カ所の鉱山でしか行っていなかった。県は「混合後の土砂で検査すべきだ」としている。国に対し、十八日までに回答を求めている。

>防衛省整備計画局は契約前の報告書を出した理由について、本紙の取材に「検査結果を出した業者を信じているので、問題ないと判断した」と説明。防衛局は県の要請については、コメントできないとしている。


まるっきり防衛局は県に対して嘘のデータで申請をしていたことになる。


工事させろとうるさくいうから、県が防衛局に土砂の検査データを出せと言うと、提出されたものは、防衛局の工事入札前のデータだった。


防衛局は『検査は土砂の購入後に行う』と県に説明していたのにもかかわらず、だ。


しかもその土砂は一箇所の鉱山から抽出したもののみ。今海に投入されているものは他の6箇所の鉱山から採掘したものも混合しており、防衛局が提出したデータとは異なる。


おまけに昨日報道されたとおり、県が細粒分の割合を『10%程度』としていたものを防衛局は『40%以下』と大幅に基準を緩めて土砂を発注


つまり防衛局は沖縄県に対して丸っきり嘘をついて、偽のデータで報告し、工事を進めたことになる(そもそも防衛局の環境アセスも嘘ばっかりだったことがアメリカの報告書からもわかっている)。


ひとつではない。土砂の件だけで3つの嘘をついている。おまけに政府は行政不服審査請求を違法に利用し、港の使用許可が下りぬと知ると県を悪者にした挙げ句、琉球セメントとかいう岸信介ゆかりの企業の桟橋を県の条例をいくつも違反して利用、カミソリ付き鉄条網まで使って反対派を威嚇した。


そして例のアベの『サンゴはすべて移植した』発言。これも防衛省はまるっきりの嘘を言っていて、NHKはそれを無批判に流した。


だが、防衛省自身がこれを嘘だと認めている。


3812
         ↑野党の問い合わせに答えた証拠書類。埋め立て区域の2-1(区域2の一部でなく隣接の別区域)からサンゴを移していないことが判明。つまり防衛局及びアベは嘘をついている。(国民民主・玉木氏ツイッターより)


ここまで法を破り、条例を破り、人倫を踏みにじる政権があったであろうか。


防衛局が県に対し行ったことは詐欺だし、背任行為だ。しかも違法な手続きを行い、条例を破った。断罪しなければなるまい。





辺野古近海は世界的に希少な生物が生息するサンクチュアリだ。世界遺産に登録すべき希少価値の高い海である。

16

9


それを、ここまで法を破って破壊しようとする安倍政権とはなんだろうか。なのに口を開けば『観光大国を目指す』『日本の自然の美を世界へ』とか言い出すのだ。一方で『カジノで観光を活性化』などという世迷い言を口にする。


アベは沖縄が嫌いなのだろうか。自然は一度壊せば元に戻らないことがわからないらしい。そもそも興味がないのだろう。


私はこういった個人で責任のとれないことを平気で進める人間を信用しない。原発然り、辺野古埋め立てしかり。壊れたら二度ともとに戻らない。



なのに政府は沖縄の各市長に圧力をかけ、沖縄の民意を示す機会まで奪おうとしている。嘘だけでは飽き足らず、国民の意見表明すら奪う気だ。


さすがは改憲案から『基本的人権』の項を削除するだけはある。

2019年1月12日(土) 県民投票、予定通り実施 デニー知事「拒否は違法」 しんぶん赤旗

>デニー知事は、県民投票が法定署名数(2万3171人分)を大きく上回る9万2848人分の県民の署名で発案されたことを強調。「県と市町村には県民投票に関する事務を執行する義務がある」と述べ、「仮に当該事務を執行しない場合、同条例、地方自治法の規定に違反する」と語りました。



沖縄市長などは参加しないことを強調したらしいが、順序が逆だ。


反対署名が集まって議会が参加拒否を決めるならまだしも、『参加署名』が県民から発案されて集まって実行されるのである。


決してデニー知事が勝手に始めたことではない。法定署名数のおよそ4倍以上にも及ぶ、県民9万2848人分の希望があって叶った投票なのだ。


それを「二択しか選べないのは県民の意志を蔑ろにしている」と拒否するのは訳がわからない。そりゃお前の都合が悪いからだろと言う話だ。



勘違いも甚だしい。民意を議会が無視する。これが安倍政権の民主主義だ。



そして同じくアメリカへ新たな基地を進呈する思惑。馬毛島近隣の住民たちも反対が多い。あまりに無理筋を通そうとしすぎる。

2019年1月12日(土) 防衛省 馬毛島買収の動き 空母艦載機訓練移転が急展開 しんぶん赤旗

15日から初訪米する岩屋毅防衛相の“手土産”にする狙いも透けてみえます

>「馬毛島の米軍施設に反対する住民の会」の清水捷治副会長の話 すでに訓練移転が決まったかのような報道が相次いでいますが、まだ予算措置はとられておらず、国会審議もあります。仮にとられたとしても地元合意がない限り、絶対に実現できません。



この政権はすでに全方位で行き詰まった落日政権だ。モリカケ問題・ケチって火炎瓶問題の容疑者である首相が、いまだにのうのうと外交しているという事実。世界は驚いている。

安倍首相“暴走発言”にロシア激怒…北方領土交渉打つ手なし   2019年01月12日 09時26分 日刊ゲンダイDIGITAL

露外務省、第二次大戦の結果受け入れを要求 毎日新聞2019年1月12日 01時07分

>声明は「平和条約問題の解決策を見つけるための重要な条件は、東京(日本政府)が第二次大戦の結果を全面的に認めることだ。それにはクリル諸島(千島列島と北方領土)に関する我が国の主権も含まれる」としている。



ロシアについにここまで言われるって・・・。相当アベのこと、舐めてかかってるんだろうなあ。韓国にばっかり喧嘩腰だからつけ込まれるんだよ。歴代首相でここまで言われたの、アベさんが初めてじゃないかな。



そして厚労省のデータ改ざん。組織的隠蔽はない、と言っているが、誰が信じるのか。もうさんざん組織的隠蔽を見せられてるんだが。


勤労統計不正 抽出調査 なぜ誰が     2019年1月12日 朝刊 東京新聞


これ、住所記録がない人が「推計延べ一千万人以上」いるらしいのだが、住所不明な人に対し、申し出てもらって本人確認して不足分を支払う、と言っている。


そんなの気付かなかったらもらえないわけ?自分たちのミスでやったことなのに。


しかも、高プロを通した時のデータが間違っていたことになるのに、予定通り4月に施行するって。この政権、やっぱり頭がおかしいよ。


厚労省“統計調査”不正の大チョンボも…高プロ施行強行の愚 公開日:2019/01/12 06:00 日刊ゲンダイ



で、やっぱり頓挫した原発輸出。世界はアベが思っているほどアホじゃなかったわけだ。


最大3000億円 損失計上へ 日立、英原発計画を凍結     2019年1月12日 朝刊 東京新聞

日本の原発輸出案件事実上ゼロに 成長戦略見直しも 毎日新聞2019年1月11日 21時14分



これにより、これまでアベが『成長戦略だ!』と息巻いていた原発輸出が頓挫したことになる。イギリス、トルコ、リトアニア等々、採算の合わない計画に向こうが難色を示したわけである。


これはアベのマーケティングが完全に失敗したということだ。


もし原発事故後の政府の対策が的確で、『風評被害』なる便利な免罪符に頼らず、全国の放射能汚染状況をすみやかに調査し、立ち入り禁止区域を決定、避難のための手続きや補償を、そして甲状腺がんの検査を全国で行い、汚染地域の農家や酪農家、漁業従事者への補償と継続するための土地を貸す制度等々、


やるべきことをすみやかにやっていれば世界各国も『万が一事故が起こっても、日本を見習ってああいったリスク管理・対策を行えばいいんだ』と安心させれば、もう少しゴマカシがきいたろう(原発がどうしようもない負の遺産なのは変わらないが)。


なまじ調査を怠り、都合の悪いことを隠蔽し、あまつさえ放射線量の基準値を甘く設定、早々と避難解除したり、基準値を上回る農産物が出続けてそのたびに農家に『風評被害だ』と言わせるようなことをすれば、反対に海外の不信を煽るのは当然の話だ。



台湾が福島の農産物を輸入拒否したときも、日本政府はなんと言ったか。『失礼だ!訴えるぞ』と脅しにかかったのだ。こんなことをする政府を誰が信用するというのか?


アメリカの原子力政策を押し付けられ、中曽根元首相が強行した原発政策。誘致先の住民たちを札束で叩き、挙げ句に世界二例目の原発事故を起こした。

なのに反省なく原発輸出を企んだ安倍政権。


その結果、皮肉にも自身の不誠実な隠蔽・ごまかし体質が原発の『リスク高』を世界に広げることになった。アベのおかげで、世界は『原発から再生エネルギーへ』という新時代を享受するのである。



一方我が国は――



オトモダチ優遇。

「加計学園」と面会の元首相秘書官 柳瀬氏、ダイナブック役員に     2019年1月12日 朝刊 東京新聞


恥さらしのお・も・て・な・し。


東京五輪招致めぐる贈収賄で捜査 JOC竹田恒和会長の“正体” 公開日:2019/01/12 14:50 日刊ゲンダイ


教師だけでなく、医者も過労死で死ね、と。この政府の労働観はどうなっているんだろう。サンゴのときみたいに、労働者も土に挿したら次々生えてくるとでも思っているのだろうか。


2019年1月12日(土) 医師の残業 年2000時間上限 厚労省案 過労死ラインの2倍 しんぶん赤旗



最近メディアでもAI、AIとやかましいが、政治家と官僚の業務こそすべてAIに任せたらどうか。AIなら権力欲も金銭欲もないから、汚職や収賄、口利き、談合、もみ消し、隠蔽、天下り、セクハラ、パワハラ、痴漢、レイプ、過剰請求の心配がない。


『AI大国日本』で売り出すなら、それくらいセンセーショナルな方が話題になるだろう。面白がって海外でも流行るかもしれない。


『空飛ぶクルマ』?アホかと言いたい。オスプレイが落ちてきて住民が非難しているのに、素人に空を飛ばせて落下事故をどう防ぐのか?


それこそ安心して夜も寝られやしない。ヘリをつけてるということは、騒音もすさまじいだろう。

こういう愚にも付かぬ事を平気で語る政府もメディアも、どうかしているのではなかろうか。


AIで人々の生活が幸せに。理想的な労働環境を整備。今の日本にはその視点が欠けている。

web拍手 by FC2

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2019年1月12日 (土)

この政府は嘘ばかり 防衛局、県に無断で土砂割合変更  さらには統計データ改ざんで消えた世界の信用

辺野古のサンゴについてアベさんが大嘘を吐き、メディアの追求が出始めたところで噴出する厚労省・総務省によるデータ改ざん、そしてJOC会長竹田恒和(あの皇孫詐欺の竹田恒泰の父)フランス当局起訴の報道。


もう何がなんだか。アベのためにどんどん日本ブランドが毀損されていく。



□勤労統計改ざん2004~。2007年には消えた年金問題。2018に裁量労働制データ改ざん。まったく懲りてない・・・

56にも及ぶ基幹統計に影響があり、勤労統計が不正マニュアルでもって書き換えるよう指示があったという。


勤労統計、改変ソフトで偽装 失業給付過少 数十億円     2019年1月10日 朝刊 東京新聞

失業給付など過少支給、数百億円 「不適切統計」で、厚労相謝罪へ     2019年1月10日 19時00分 東京新聞

勤労統計不正 失業給付など数百億円過少 対象1000万人超、予算案修正     2019年1月11日 朝刊

不適切調査促すマニュアル 勤労統計、必要な手続きせず変更     2019年1月11日 18時35分 東京新聞



この間日銀が「GDPの数値がおかしい」と政府に元データの提出を求めていたが、それを裏付けた形だ。おかげで雇用保険の失業給付や労災保険などの過少給付が明らかになった。


政府はこれから調査を開始するというが、1000万人以上の影響があるものを、これから逐一当該者を洗い出し、勤務先等に照会をかけ、過少分の支払いを行っていくのだろうか。現在の人手不足でコストカットしている(省庁弁)状態で可能なのだろうか?


どこかで見た光景だなあ、と考えたら、『消えた年金問題』だ。その時「最後のお一人にいたるまできちんと年金をお支払いしていく」とおっしゃったのが安倍さんだが、あれからうんともすんとも言わない。この問題が起こったのは2007年。勤労統計改ざんが始まったのは2004年。


もう厚労省はヤバイだろう。


つい昨年、裁量労働制データ改ざんが行われ、謝罪したばかりだ。消えた年金問題での反省もなく、というか、勤労統計改ざんしながら(マニュアルまで作りながら)消えた年金問題を起こしたわけである。


今回で三回目。仏の顔も三度まで。もう我々納税者が甘い顔をする必要はない。この省庁を根幹から作り直す必要がある。


BS報道1930で松原氏が踏み込んだことを言っていた。


疑いたくはないが、安倍が所得が上がった上がったと強弁していたのに合わせてデータがいじられた恐れがある、と。


しかも問題を把握していながら、政府は昨年12月21日に同年10月の確報値を公表していた。今月9日には勤労統計11月分の速報値を発表した。


意図的でなくて何だというのか。財務省のイライラする答弁を思い出す。アベに不利にならないように文書まで改ざんされ、事実が捻じ曲げられた。


基幹統計が信用できないということは、日本という国そのものの信用に関わる。これらの統計で各国(企業)が判断して外交をしているので、その根幹が疑わしいとなれば、取引などできなくなる。


まるで一昔前の中国である(今もか)。東京五輪招致の根拠すら危うくなってきた現在、もう日本を相手するのは、金だけ欲しい発展途上の独裁国家だけになるだろう。実際、安倍さんが仲良くしてるのはトルコやミャンマー、インドやイスラエルなどだ。錚々たる危険な面子である。




□辺野古サンゴ安倍さん大嘘問題、菅、防衛局は『埋め立て区域は全部移した!』。NHKも肯定報道!

そして、12日のNHKニュースウォッチ9を見て堪忍袋の緒が切れた。


45分ころから『普天間返還への思い』と題して元防衛省事務次官のドキュメントを流し、橋本龍太郎元総理が返還に向けて沖縄と話し合い、いかにお互い譲歩して決めていったかを強調。そして最後に元事務次官から「今の状況は最悪だ。県も国も譲れるところは譲らなければ」というコメントを引き出した。


県側に譲れる部分があるか?市長選や県知事選を経て県民の意思は明らかになったのに、ルール違反を重ねて、嘘までついて強行しているのは政府の方だ。両論併記によって県の責任を問いたいらしいが、本当に筋違いな報道だった。


しかもその直後に例のアベの大嘘『埋め立て区域のサンゴの移植は全部した』について放送。


あれだけ専門家が誤りを指摘しているのに、菅が「きちんと区域内のものは移した」と強弁した模様だけを流し、『地元紙やデニー知事が抗議』というだけ。


実際は


首相の「サンゴ移した」発言 菅氏、誤認指摘に明確回答なし     2019年1月11日 朝刊 東京新聞

安倍首相のサンゴ移植発言が波紋 政府、打ち消しに懸命 毎日新聞2019年1月10日 20時12分




挙げ句には防衛局の言い分『埋め立て区域内のサンゴはすべて県に移植申請している』という嘘っぱちを垂れ流す始末。防衛局が申請しているのは、『埋め立て区域外のサンゴ』だ。

3812
         ↑野党の問い合わせに答えた証拠書類。埋め立て区域の2-1から移していないことが判明。つまり防衛局及びアベは嘘をついている。(国民民主・玉木氏ツイッターより)


NHK独自の取材による見解はひとつも語らず、政府の嘘をそのまま報じたのである。


ふつう、最低限『サンゴ研究の専門家は区域内のサンゴはひとつも移植しておらず、県も区域内の申請は受け取っていないということです』くらいは言うものだろう。


そもそも、サンゴは植物でないので、『移植した!』と大きな顔をされても、サンゴが死滅する可能性のほうが高いのである。生えている岩ごと移動しなければ確実に枯死する。


一度防衛局職員に聞いてみたい。「サンゴってどうやって増えるか知ってます?」と。「え?種だろ?挿したら増えるよね?」とか言いそうで怖い。


この今回のニュースウォッチ9の報道こそが、日曜討論でのアベ大嘘批判への答えだと思っている。これにより、越えてはいけない一線を越えた感がある。


NHKはもう政権放送であると認めたのだ。問い合わせに対しNHKは居直っている。


居直りNHKに批判殺到 安倍首相「サンゴ移植」の嘘タレ流し 公開日:2019/01/11 14:50 日刊ゲンダイ

>「番組内での政治家の発言について、NHKとしてお答えする立場にありません。また、他社の報道についてはコメントいたしません」(広報部)



最近、NHKに限らず、顧客の問い合わせに対し、こういった「~しません」「~いたしません」という、何様かと思う返答をよこす企業が増えている。単に言葉を知らないのか、自分たちを格上だとでも思っているのか、こういった勘違いした使い方をする。慇懃無礼というか、敬語の使い方が間違っている。


そのくせ、自分たちの都合を通すときは「~させていただきます」とか変にへりくだりつつ、厚かましい日本語を使う。


もう受信料は払わん。政府の嘘を聞くためになんで金を払わねばならない?その数千円でいいもん食べたいわ。



□もう一つ明らかになった防衛局の大嘘

辺野古工事で防衛省 県に無断で土砂割合変更     2019年1月11日 朝刊 東京新聞

>岩石以外の砕石や砂などの細粒分を含む割合を「概(おおむ)ね10%前後」と明記。県の担当者も「防衛局からは、承認審査の過程で海上投入による濁りを少なくするため、細粒分の含有率を2~13%とすると説明を受けていた」と明かす。

>ところが、沖縄防衛局は一七年十一月、埋め立て用の土砂を調達する際、細粒分の割合を「40%以下」として業者に発注していた。防衛省整備計画局は本紙の取材に「なぜ変更したかは分からない」としている。

>県は、当初の規格とは異なる土砂が投入されている可能性があるとして、土砂の品質を確認するため現場の立ち入り調査を求めているが、防衛省は「調査を求める法的根拠を示せ」として応じていない

驚きの防衛省居直り。『10%前後』という話が、どうして『40%』になるのか。基準の4倍!なぜ変更したかわからない?よく言えたもんだと思う。


しかも確認したいという県の立ち入り調査を拒んでいる。悪気ないなら受け入れるのが普通だ。やましいことがあるから調べさせたくないのだろう。


しかも法的根拠を示せ?寝言は寝て言え。目ん玉が節穴でなければ、埋め立てた海が赤く染まり、濁ってるのがわかるだろう?わからなければ眼科行けと言う話だ。


防衛局が基地をつくる先の県に嘘を言ったわけで、背任罪ではないか。


・・・まあ、すべてがアベ次第で決まる政府だ。『赤土は使っていない』と閣議決定されるのがオチだろう。


沖縄県、防衛局に調査を要求 辺野古の投入土砂「重大な疑義」  2019/1/11 19:35 共同



沖縄は世界3位! 春休みの人気旅行先ランキング 2019年1月10日 11:17 琉球新報


アベ一派が思っている以上に世界は沖縄に価値を置いている。これ以上無理筋なことをせず、すべての県民に県民投票の機会を与え、その意思を尊重して次の手段を考えるべきだ。

web拍手 by FC2

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2019年1月10日 (木)

フェイク王アベ「サンゴは移植している」は埋め立て区域外 なぜかテレビメディアは追求せず 馬毛島買収も肯定的報道

 6日NHK日曜討論で開陳した安倍の大嘘。実は4日に収録済みの録画だとわかり、ネットでは紛糾している。

前もってわかりながら、NHKは事実誤認の首相の発言について言及せず、そのまま垂れ流したことになる。これはいくらなんでも受信料を徴収している報道機関のすることではない。

NHKが完全にデマ拡散機と化した瞬間だった。

一方で『クイーン』のブライアン・メイの呼びかけにより、辺野古基地反対署名はついに20万を超えた。

辺野古署名、20万筆 メイさんら賛同 米回答義務の倍に     2019年1月9日 朝刊 東京新聞

期限までには惜しくも間に合わなかったが、署名の呼びかけ人のところにホワイトハウスから連絡があり、政府から回答があるまでは署名活動を続けて良いとのことだそうだ。


アベの嘘について、専門家たちは次々と疑問を呈し、在沖メディアは怒りの社説を書いた。 


辺野古埋め立て 首相が「あそこのサンゴは移植」と発言したが…実際は土砂投入海域の移植はゼロ 2019年1月8日 05:00 琉球新報

>安倍首相は「土砂投入に当たって、あそこのサンゴは移植している」と述べたが、現在土砂が投入されている辺野古側の海域「埋め立て区域2―1」からサンゴは移植していない。

>埋め立て海域全体では約7万4千群体の移植が必要だが、7日までに移植が終わっているのは別海域のオキナワハマサンゴ9群体のみにとどまっている。

>サンゴの生態に詳しい東京経済大学の大久保奈弥准教授は「発言は事実と異なる。サンゴを移植しても生き残るのはわずかで、そもそも環境保全策にはならない」と指摘した。



アベは「サンゴを移植した!大丈夫だ」と言い放ったが、現実には7万4千群体のうち、たったの9群体。それも今土砂が投入されている区域ではゼロだ。

専門家も言っているが、サンゴはイソギンチャクの仲間で、動物である。アベはあたかもサンゴが挿し木できる植物であるかのように語っているが、別の場所にブスッと差し替えて根っこが生えるものでもない。


サンゴを移植しようとすれば、くっついている岩ごと運ぶしかないと思うのだが、それをやっている様子はない。しかも、アベの口ぶりだと周囲の海洋生物自体を動かしている感じなので、ますます困難な作業を行ったことになる。


そもそも、サンゴだけ移動したところで、周りの環境に馴染まないと死んでしまう、繊細な生き物だというのは以前から有名である。海水温度が上がっただけで大量に枯死する。


安倍首相発言「環境負荷抑える努力」 玉城デニー知事や自然保護団体からは疑問の声 沖縄タイムス

>日本自然保護協会の安部真理子主任は「サンゴを移植したと自慢げにいうが、貝など移植した甲殻類、移動生物のモニタリングはできておらず環境保全措置としては意味をなしていない」と指摘した。


『モニタリングできていない』というのは事実だろうと思う。実際、環境アセスが環境保護の観点からもデタラメだと、日本だけでなく、アメリカの専門家も指摘している。

最近明らかになった統計改ざんからも(GDPの改ざんにより、日銀も元データ出せ!と怒っている。しかし菅は「ありえない」と認めず)

厚労省、勤労統計で問題隠し公表 対象の一部を調査せず     2019年1月8日 19時24分 東京新聞


雇用保険など過少給付か 勤労統計 不適切調査04年から     2019年1月9日 夕刊 東京新聞


この政府が都合の悪いことは隠したりいじったりするのは明らかだ。許せないのは、自然環境は一度壊せば戻らないことを奴らがわかっていないことだ。


観光観光と口ではいいながら、やっていることは自然破壊。日本にしかない豊かな自然を壊し、カジノをつくって観光客誘致と言い出す。こんな愚かな政府が他にあるか。


観光客は『日本にしかないもの』を見に来るんだよ


一国の総理自身がフェイクを垂れ流し、報道がそれに追随する。この国はたった6年でフェイク王が治める国となってしまった。


<社説>首相サンゴ移植発言 フェイク発信許されない 2019年1月9日 06:01 琉球新報

>安倍晋三首相がNHK番組「日曜討論」で、米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古の埋め立てについて「土砂投入に当たって、あそこのサンゴは移している」と、事実と異なる発言をした。一国の首相が自らフェイク(うそ)の発信者となることは許されない。

>首相の発言は準備されていたはずである。簡単に確認でき、すぐに間違いと指摘されることを、なぜ堂々と言うのだろうか。県民の意向を無視し違法を重ねて強行している工事の実態から国民の目をそらすため、意図的に印象操作を図っているのではないか。


印象操作はアベの十八番だが、ここまで来ると報道機関の退廃ぶりが気にかかる。これについて望月記者が菅官房長官に尋ねたところ、菅は案の定、「問題ない」と答えた。

それに対し、疑義を差し挟む大手メディアは皆無。上村とかいう司会が「質問は簡潔にお願いしまーす」と開始5秒で邪魔する始末。

これはもう我が国に報道の自由がない証拠である。


そして、やはり宮古島市長は頭を下げるデニー知事の要請を拒否。県知事が頭を下げてるのになんという態度だろうか。


宮古島市長、県民投票への協力要請を拒否、沖縄知事と面会 毎日新聞2019年1月9日 18時55分

>下地氏は「市議会の意思を尊重する」と回答し、不参加の方針は変わらないとした。


市民は投票したいと言っているのに、「議会の意思を尊重する」とはこれいかに?民意ってなんぞ?投票で選ばれたら関係なくなるのだろうか。石垣市のようにガンガン東京から電話がいっているのは想像がつく。



一方で糸満市では市民の訴えを聞き、投票に参加する旨を決定した。民意ってそういうものだと思うが。


2019年1月9日(水) 県民投票 糸満市が実施へ 市議会予算再議 議長裁決 可決 しんぶん赤旗

>再議で県民投票予算反対から賛成に変わった玉村清市議の話 電話やはがきがたくさんくる。それだけじゃなく直接会いに来て、「市民の権利を奪わないで」と訴えられて、ものすごい反響に驚きました。

>ぼくは、知事選で佐喜真淳さん(前宜野湾市長)を応援し、今でも普天間(米軍普天間基地)を辺野古に移した方がいいという考えは変わらない。県民投票が(辺野古埋め立ての賛否を問う)2択というのもおかしいと思っている。でももう、きょう決断しました。さあ、県民投票をやりましょう。ぼくも投票に行くよ。賛成に○か白票に入れるかもね。

正直、県民投票が二択はおかしい、という理屈はとんとわからない。基地を受け入れるか受け入れないか、という問題は「なんとなく」決めてはいけない問題だと思うし、「どちらかといえば」だって賛否に分けられるものだ。


基地が来れば、周辺に暮らす人々の生活が100年単位で変わってしまう。出て行け、と言ったところで長い交渉が待っているし、時間が経つにつれて土地が汚染物質によって汚され、環境は破壊されていく。米兵による犯罪や落下事故も起こり続けるだろう。


それらすべて引っくるめて「イエス」か「ノー」かを決める投票である。


「どちらでもない」「どちらかといえば」という気持ちが入る余地のないものだ。


ホワイトハウス前ではアメリカの人々が反対運動を行ってくれているが、日本本土ではどうか。自分たちの国の話なのに、無関心すぎる。



ようやく馬毛島の買収騒動が報道されたが、政府見解を述べるだけの内容だった。読むとまるで地権者がだだをこねて防衛省を困らせたかのように見える。


米軍機訓練候補地 政府が馬毛島を160億円で買収へ[2019/01/09 11:47] テレ朝ニュース


米軍の訓練場所を進呈するため、防衛省のヤクザ職員があの手この手を使って社長を挿げ替え、安い価格で買収したというのに。


2018年11月29日 (木) ついに馬毛島もアメリカの手に 売国続ける安倍政権 ヤクザ防衛職員、所有企業を乗っ取り?


というか、こんな広い空間があるなら、辺野古をやめて馬毛島に基地を造ったらどうか。滑走路も十分な長さがありそうだし。わざわざジュゴンやサンゴの海を埋め立てる意味がわからない。



石垣島、宮古島、与那国島、馬毛島、九州の駐屯基地にミサイル基地の建設が行われている。自衛隊基地だからと油断してはいけない。地位協定により、米軍は自衛隊基地の使用を許されている。新司令部も先日立ち上がり、自衛隊を指揮する部隊だと報道された。


そして艦船の空母化。いつの間にか沖縄はアメリカのための要塞化へと動き出している。


F35A最新鋭機116億円 防衛省、単価を初公表  2019/1/8 21:01 


27機買うそうで、3132億円・・・。これだけあればいったいどれだけの人が助かるか。年金減らす必要ないよね?



そして新年早々に語った改憲への決意。じっちゃんの意志を受け継ぎ、日本をアメリカへ差し出す作業が終わろうとしている。


沖縄「基地の島」化、岸信介氏の思惑 外交文書に一端 有料会員限定記事  木村司 2019年1月7日12時03分

特集ワイド 安倍改憲でどうなる自衛隊 変わらないわけがない 会員限定有料記事 毎日新聞2019年1月9日 東京夕刊


自分の頭で考えぬ国民が多い中、政府に反対する者だけが迫害を受けている。


芸人が政治を語るな、音楽家が政治を語るな、作家が(以下略 と言われる割に、政権を代弁する松本人志や小籔千豊、志らくやつるの剛士は悪く言われない不思議。しかも大きな顔である。


ウーマン村本が“干され”経験を告白! ローラ、水原希子…権力の横暴に声をあげる芸能人を排除するスポンサーとメディアの醜悪 2019.01.09 リテラ

>問題は、政治的発言や現政権に対する批判を織り込んだ漫才を披露したことで、『THE MANZAI』(フジテレビ)以外のネタ番組に出演できなくなっただけでなく、観光大使を降ろされ、挙げ句、街宣右翼の恫喝にまで遭っているという事実だろう。つまり、やはり政治的発言が原因で仕事が制限されているのである。

>2017年9月に水原がサントリー「ザ・プレミアム・モルツ」(以下、プレモル)のイメージキャラクターとしてCMに出演すると、プレモルの公式ツイッターアカウントがヘイト攻撃によって大炎上する事態に発展したのだ。


どうなってるのかね、テレビ界も。ここまで政治が絡んでくると興ざめである。この政権擁護者を黙らせてから「政治発言は~」と言ってほしいね


大王製紙のアホボンやホリエモンも政権擁護をするが、前科者である。なぜそっちへ回ったのか、と考えると、戦後罪を問われない代わりに売国した岸信介とダブるところがある。



そんでもって『外交のアベ』は大嘘をついて説明することなく、オランダへ飛んだ。行く意味があるのか疑問だ。


北方領土が切迫する中、羅臼ではまたもロシアによる臨検が行われ、漁に支障が出ているという。最近増えているそうで、ロシア政府の強硬な姿勢が垣間見える。

ロシア臨検相次ぎ一時連行も 羅臼漁協のスケトウダラ刺し網漁 1/9(水) 9:08配信

だが、日本政府からも、ネトウヨからも強い言葉は出てこない。尖閣や竹島では異常なぐらい騒ぐのに。日中戦争では負けた日本。一方ロシアは国際法違反で北方領土を手に入れた。もっと強く言ったらいいのにと思う。

あるいは冷戦を再燃させないために涙を飲んでるのか?



とはいえ、アメリカ高官はこう言っている。


在日米軍トップ「日韓の問題は対話で解決を」[2019/01/09 16:54] テレ朝ニュース

>韓国軍による自衛隊機へのレーダー照射問題などで悪化している日韓関係について、マルティネス司令官は「長年にわたる歴史の問題があることは理解している」としたうえで、日本と韓国が対話によって問題を解決すべきだと強調しました。また、ロシアのプーチン大統領が北方領土返還の条件として、アメリカ軍の基地が設置されないよう日米の確約を求めていることについては、アメリカが現時点で基地を置く計画はないとしたうえで、「建設的な議論が日本とロシアの間で行われることを期待している」と述べました。


アメリカにとっては日韓のもめごとなど、部下の意地の張り合い程度にしか思っていないらしい。自民の中には国連で騒いでやる!と意気込んでいる者もいるらしいが、相手にされないだろう。

北方領土に基地を造る予定はない、と言っている。となれば安倍さん、チャンスですよ!今こそアメリカから言質をとって「北方領土に基地を造らない。4島返還させます」と約束させてください。

なのに外国に行っちゃってるもんなあ・・・。やる気あるのか。

日本の海外の評判はボロボロ。

米メディアが日本の司法に懐疑 ゴーン事件を報道 テレ朝ニュース

>ニューヨーク・タイムズ 「弁護士が取り調べに同席できず、接見相手も限られている」 「日本は商売をしやすい国だと考えてきた人々を動揺させた」  ワシントン・ポスト 「検察側の主張ばかりが報道されていることに批判も出ている」


『外交のアベ』の看板はもう下ろしたらいかがですか?

web拍手 by FC2

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2019年1月 8日 (火)

安倍さん、年始早々お茶の間で嘘をつく。そして『辺野古の海を守って』視聴映画の主役にまで言われる大スケールギャグを披露

安倍の不始末のせいで、韓国レーダー問題が長引いている。企業と工員の問題である徴用工問題で、なぜか安倍は血気盛んに政治問題化、口出ししてナショナリズムを煽っている。


動画公開などせず、内々で謝罪要求すれば、難なく収まった問題だろう。世界に公開したせいで、韓国はメンツにかけて後に引くわけにはなくなってしまった。長期化は免れないと思う。


というか、その勢いでアメリカに地位協定問題をふっかけろよ。基地問題なんてすぐに片がつくと思うが。あと、北方領土問題も。このナショナリズムをなぜアメリカとロシアには向けないのだろう。

□県民投票不参加を表明する自民系市長たち。だがそれは『違憲』だよ



さて、こっちも長期化している辺野古基地問題。

自民が力を持つ石垣、宮古島、宜野湾などでは市長が不参加を表明しているが、

沖縄県民投票不参加、再び表明 宮古島市長     2019年1月4日 19時59分

市民たちは「なぜ私達のところだけ参加できないのか。不平等だ」と怒っている。

県民投票の参加について在沖メディアが調査すると、ほぼ8割の県民が「行く」と答えた。

辺野古埋め立て問う県民投票78%「行く」 全市町村「実施を」71% 本紙、OTV、JX通信調査 10%が「行かない」 2019年1月4日 05:00 琉球新報

>地域別に見ると、実施が不透明な宜野湾、沖縄、うるま、糸満を含む本島中南部地域で、78・03%の人が投票に「行く」と答え、「全市町村で実施すべきだ」も70・74%に上った。宮古島市は市長が県民投票不参加を表明しているが、宮古地域(同市、多良間村)では80・00%の人が「全市町村で実施すべきだ」と答えた。


見てみると、不参加を(勝手に)表明している宮古島市では8割と、むしろ参加への意欲が強い。これを見ても、いかに自民が都合の悪いことをさせまいとしているかがよくわかる。


中の沖縄市も拒否を議決したが、

辺野古埋め立て県民投票、沖縄市も3市目の拒否

理由が「二者択一で市民に意を迫るやり方はあまりにも乱暴だ」って意味不明。『どちらかといえば反対』『どちらかといえば賛成』『なんとなく』に何の意味が?基地は『いる』『いらない』のどちらかでしょう?



宮古島といえば、これまでも取り上げたように、自衛隊のミサイル基地が建設予定だ。反対している住民たちも多く、防衛省の木で鼻をくくったような説明に反感を抱いている。

2018年12月25日(火) ミサイル基地 癒やしの島にいらぬ 沖縄・宮古島市民いまも強く 命の水脅かす 軟弱地盤、空洞や断層も しんぶん赤旗

>自衛隊は、「島の地下水への影響はない、ヘリなども飛ばない」というばかり

>この中で自衛隊は「飛ばない」としてきた軍用ヘリの飛行用燃料施設があること、離島奪還作戦訓練を「陸海空の自衛隊が共同で実施し、司令部も設置される」ことなどを認めています。

>「観光客が宮古空港に降り立ち、口にするのは『空気がいいね、空が全部見えるね』です。まったり感が人気の島に、生命の水を脅かし、軍用ヘリやオスプレイが飛び交い、戦争につながるような基地はいりません」

2018年12月25日(火) 説明と違う 住民憤り 宮古島 赤嶺氏ら基地工事視察 しんぶん赤旗

当初の説明にはなかった、ヘリが離着陸できるグラウンドや燃料庫などが、建設中のミサイル基地内に造られていることが、これまでに明らかになっています。

観光についての地元の人のコメントは本当にそのとおりで、これまで観光でやってきた土地に、ミサイル基地など作ってどうするつもりなのかといいたい。言ったら悪いが、ミサイル基地などある場所に、人はわざわざ観光に行くだろうか。我々は美しい海、豊かな自然や生き物たちに会いに沖縄に行くのだ。


そして同じく県民投票不参加を表明している石垣市。議会で不参加を決議するとき、何度も市長が議員を呼び出し、東京・自民からもしつこく電話での圧力があったという。

自分の土地の問題を、東京の人間に決めさせるなよ。

石垣市議「東京の自民から電話がすごかった」 沖縄県民投票 2018年12月27日 08:17 沖縄タイムス

そして、ここでも自衛隊基地ができる。住民たちは住民投票実施を請求、有効数を超えたので提出したものの、市長は「議会が否決したらしないよ」とけんもほろろ。

3
じゃあ民意って何なんでしょうね。議会とは?何事もトップダウンで決まる後進国。辺野古の県民投票と態度が同じ。さらにはこの市議会、自衛隊基地建設に関わる重要書類を破棄していたという衝撃の事実。


Photo2

基地がアメリカに使われないと言えますか? との問いに、否定できない自民。


県民投票の不参加を勝手にきめる市長らの行動について、憲法学者の木村草太氏も『憲法違反だ』と指摘している。


木村草太氏が緊急寄稿 「県民投票不参加は憲法違反」 2019年1月7日 06:44 沖縄タイムス


□辺野古基地建設は普天間の軽減策?いえいえ、沖縄基地建設ラッシュです。




実は問題は辺野古だけではないのだ。なぜなら『普天間の返還による負担軽減』といいながら、沖縄のあちこちに基地建設ラッシュが起こっている。自衛隊基地は事実上、地位協定により、米軍が使えることになっている。


戦艦『いずも』、『かが』の空母化、および対応する戦闘機の大量購入とセットで考えると、日米一体運用の構想が透けて見えてくる。


「辺野古基地?ふーん普天間の軽減のためなんでしょ?仕方ないよ」、という思考で止まっているのは、とても危険だということだ。


証拠にその普天間は返還の目処が立っていないのは以前の元防衛相の稲田の発言から明らかだし、今の防衛相も『五年以内の返還はない』と言っている。


そして普天間は今現在米軍機が忙しく発着しており、とても返還などに応じられる様子はない。そもそも、辺野古は滑走路が短いので、どちらにしろ普天間は飛行機の発着に使われるだろうと言われている。



普天間飛行場、「外来機」飛来が急増 昨年同期比では6.5倍に 会員限定有料記事 毎日新聞2018年12月26日 19時55分


原状回復もすべて日本負担129億円。

沖縄の米軍返還地の原状回復 日本政府が129億円負担 会員限定有料記事 毎日新聞2018年12月16日 19時35分


あげくに日本の誇る温泉街・由布院までオスプレイ飛来の危機。

2018年12月17日(月) 温泉に米軍あわない 大分 田村氏ら観光協会と懇談 “由布院ブランドの脅威”“オスプレイ恒常化困る” しんぶん赤旗

>桑野氏は「駐屯地の自衛隊とは共存してきたが、米軍演習は容認できない。沖縄の負担軽減になるとも思えない。危険なオスプレイ訓練が恒常化されることのないよう声を上げたい」と語りました。



だけど安倍さん、こんなこと言っているんですよ。

日本文化を世界に「日本博」準備を指示 首相 2018年12月26日 18時36分 NHK

>安倍総理大臣は「わが国の『文化』や『美』が世界の至る所に発信され、より深い理解につながっていく、その集大成として『日本博』を位置づけたい」と述べました。  そのうえで「総合テーマである『日本人と自然』のもとに、『日本の美』を各分野にわたって体系的に展開することを試みるプロジェクトとして進めていきたい」と述べ、企業や団体などの協力を得ながら準備を進めるよう関係閣僚に指示しました。



日本人と自然』による『日本の美』で観光客を呼びたいのなら、なんでこんなことするの?しかも地元の人に嘘までついて強行するし。目的がわからない。全国要塞化でもしたいのかね。


余談だが、『日本の文化』といつも強調する割に、英語教育に熱心なのはなぜなのか。沖縄の基地で子どもたちに英語を学ばせようとしたり、外務省主導で基地内での教員研修を行わせたり。


挙げ句に小学校教員の半数に英検準一級の資格を取れと。


2018年12月29日(土) 小学校採用 政府方針に現場困惑 半数を英検準1級に しんぶん赤旗


そこは『漢検準一級』と言うところでは?


□アベ、『クイーン』の映画を見るも、『クイーン』のメンバーから『辺野古のサンゴ礁守って』と言われる。

さて、安倍さんは年始に奥さんとお母上と一緒に、『ボヘミアン・ラプソディ』をご観賞なさったようだが、『よかった』と感想をお漏らしになっている(皮肉)。

首相動静―1月1日、2日 2019年1月2日19時15分
【午後】2時47分、東京・六本木のホテル「グランドハイアット東京」。3時、東京・六本木の映画館「TOHOシネマズ 六本木ヒルズ」。昭恵夫人、母親の洋子さんと映画「ボヘミアン・ラプソディ」を鑑賞。

安倍首相、クイーン映画を観賞「良かった」 毎日新聞2019年1月1日 20時21分


ところが、その安倍さんご満悦の映画の主役の一人、『クイーン』のギタリスト、ブライアン・メイ(本物)が『辺野古のサンゴを守ろう!』と辺野古基地反対署名を呼びかけた。

クイーンのブライアン・メイさんが辺野古署名呼びかけ 「サンゴ礁守って」 毎日新聞2019年1月7日 10時47分


なんというか、これほどのスケールの大きいギャグを見せてくれるのは、安倍さんならでは、だと思う。


辺野古中止 米請願 署名目標達成後も増加 米アーティスト協力 2018年12月22日 05:30 琉球新報


ノーム・チョムスキー氏「恥ずべき行為」 土砂投入に海外識者ら日米批判 12/25(火) 8:15配信 琉球新報




そもそも、環境アセスからして、ジュゴンの餌場への配慮の欠如など、不備だらけで強行している辺野古埋め立て。それ以外にも次々不備が指摘されている。

2018年12月19日(水) 新基地周辺 高さ制限超360件 沖縄県の承認撤回 正当性示す しんぶん赤旗

>北上田氏は「防衛局は、県に埋め立て承認願書を出した2013年以前の11年(平成23年)から、高さ制限抵触を分かっていた。にもかかわらず、願書に一切その事実を記載せず、約8年間も県に明らかにしてこなかった。極めて許しがたい。県の埋め立て承認撤回は当然だ」と語っています。

辺野古、高さ制限超え358件 鉄塔など 撤去費は日本側負担     2019年1月7日 朝刊 東京新聞

>撤去や移設が必要になる場合もあり、費用は日本側が負担する。昨年末時点で、国から県や地元に建造物の数や内訳について説明はなく、地元住民からは国の姿勢を問題視する声が出ている。

2018年12月28日(金) 辺野古警備261億円 市民を監視・弾圧 1日約1700万円 しんぶん赤旗


これも宮古島や石垣島などでの防衛省の不誠実と同じく、わかっていてわざと触れずに強行しているのだ。

撤去や移設の費用が全額日本負担って、どんどん基地建設費用が増えていく。辺野古警備でアルソックやライジングサンが過大請求してウハウハなのに、どれだけ血税を垂れ流せば気が済むんだ。

消費増税? 寝言は寝て言え。



□アベ、『サンゴは移した』とお茶の間で大嘘を披露。即座にサンゴ研究者から否定される。

3810

3811
そしてアベ、最大のミス。日曜討論で大嘘を言ってしまう。『辺野古のサンゴを移した』と言ってしまったのだ。即座にサンゴ学者から『それは嘘です』と指摘される。

安倍首相が辺野古の「サンゴを移した」と大嘘! 本当は準絶滅危惧種のヒメサンゴを移植せず土砂投入したのに 2019.01.0 リテラ

>土砂を投入しているK4護岸付近では、準絶滅危惧種であるヒメサンゴが見つかっていた。当初、防衛局はこのヒメサンゴを移植しようと特別採捕許可を申請していたが、移植先の選定が適当ではないとの理由で不許可に。すると、防衛局はこのヒメサンゴを移植対象から外して護岸工事を進めた。つまり、ヒメサンゴを移植することなく土砂は投入されたのだ。

>だいたい、移植されたオキナワハマサンゴにしても、5〜10月の移植はサンゴの産卵期や高水温期にあたり死ぬ可能性が高いため、防衛局もこの時期の移植を避ける姿勢だった。にもかかわらず、昨年8月に防衛省でおこなわれた環境監視等委員会では「ハマサンゴは比較的高水温に強いという話があった」として方針転換。国内で前例のない遮光ネットで直射日光を避けるなどという策で移植に踏み切ったのだ。これにはサンゴの研究者である東京経済大学の大久保奈弥准教授も「オキナワハマサンゴが高水温に強いと示した論文はない。絶滅危惧種である以上は1群体も死亡させてはならず、白化死亡の恐れがある高水温期に移植を許した委員会の見識を疑う」と指摘している(沖縄タイムス2018年8月3日付)。



これにはさすがにデニー知事も反論。

389

そしてサンゴ研究者の大久保氏がツイッターで指摘すると、すかさず(笑)火消し反論ツイートが。
38
382ところが氏は難なく論破。

383
しかし今度は図表を用いたツワモノが再度揚げ足を取り始める。際どい位置関係を把握しており、こんなこと素人では難しいので、官僚か何かの仕業だろうか?


さすがに舌を巻く大久保氏。だが論理的に指摘。以後相手は沈黙。
384
どちらにしろ、アベはこんな細かいことわかって発言していないのは明白で、即座に反論しなかったNHKキャスターや野党も、一部はサンゴを移したのは知っていたものの、どこまでの範囲なのか、自信がなかったのではないか。



・・・まあ、結構な数のサンゴを潰してしまってるのは確かなんですが。
385386387388

これで『観光立国』?『日本の美』?『日本人と自然』?

へそで茶を沸かすわ。

本気で頭大丈夫?と政府の要人に聞きたい。

何にしろ、この安倍の発言のために防衛局は大わらわだろう。つじつま合わせのために、また事実が歪められ、都合のいいものに書き換えられたり、文書が破棄されたりするのでは、と危惧している。

職員も死ななければよいが。

□政府に反発する沖縄に向けられるデマ攻撃。だがそれは『金のため』。


一部のネトウヨが必死になって攻撃する沖縄。そしてそれに煽られてデマを拡散し、ヘイトを行う恥知らずなネトウヨ(改めアベウヨ)。

結局はデマ記事を書く人間が金儲けのためにやっていたことだと露呈した。沖縄の人々は、こんなことのために深く傷つき、葛藤し、アイデンティティを失いかけたのだ。


もちろん、この影に在日米軍の影もあるのは以前もどこかで触れたと思う(米軍は反米と反基地建設とを分けていない。そのため在沖メディアや反対派住民をひっくるめて『アカ』と呼んでいる)。

「炎上」で閲覧増 ネットギーク、基地抗議を侮辱 連載「沖縄フェイクを追う ネットに潜む闇」<3>~収益目的で攻撃❶ 2019年1月4日 05:00 琉球新報

>ネットギークのサイト閲覧数をネットで調べたところ、18年9月は300万を超えていた。それ以上閲覧されていた月もあるとみられる。1回の閲覧で得られる運営者の利益はサイトによって異なるが、ネットギークの運営者は月に100万円程度の利益を得ていたとみられている。目を引く扇動的な見出しや過激な内容であるほど、閲覧数が増加する傾向にあり、その結果、運営者はより多くの収入を得られることになる。

収益目的で攻撃 沖縄フェイクを追う /沖縄 2019年1月6日

>ファクトチェック取材班は、ネットギークが記事を編集するために使っている“手引書”を関係先から入手した。「netgeek編集ルール」と題する2分冊の合計25ページの資料で、表紙には「社外秘」と書かれている。ページをめくると、収益を増やすために、攻撃的な内容を含む記事が量産されていく構造が浮かび上がる。   第1分冊の15ページにはフェイスブック(会員制交流サイト)で記事が広く拡散されるにつれ、1本の記事の報酬が上がるという独自の賃金体系が示されていた。

>その一方で「編集ルール」の末尾には、執筆者に向けて「運営者にかかわる情報は一切漏らさないこと」と記している収益のために他者を攻撃しつつ、自らの正体を必死で隠そうとするネットギークの実態が浮かび上がる。



そして『マスゴミなんてデマばかりだ』というこういったデマ記事執筆者の論調は、昔から『政府批判』を封じ込める格好の手段だったことを指摘する記事も。

「新聞はデマだらけ」言説は、80年代保守論壇ですでに大流行だった イタイイタイ病の被害もデマと目された 藤田 直哉 現代ビジネス

> 「専門家でもない裁判官が、法廷でイタイイタイ病の原因はカドミウム中毒であると判定するというのは、まさに文字通り、近世の魔女裁判そのものというほかはない」(p110)と香山は言っているが、イタイイタイ病の原因はカドミウムである。

>日記に症状を書き込んで自殺した若い女性を「被害妄想」と呼ぶ意見を肯定的に引用し、遺体からカドミウムを検出した岡山大学の水質学者・小林純教授に対して捏造だと叫んでいる。「公害告発」が「大変もうかる商売」(p121)であるとか、「賠償金や治療費にありつくことができる人々はイ病になりたがり」(p122)など、被害者や活動家への人格攻撃が続く。現在でもよく聞くパターンの理屈である

>どうして、香山本人がブレーンを務めている中曽根と近しい田中角栄や、旧三井財閥や大企業ばかりが犠牲者・被害者として擁護されるのか、不自然だと判断せざるを得ない。



もはや『デマを振りまく新聞というデマ』というわけのわからない状況だが、とくに挙げた文章の最後の部分。どうして政府要人側が加害者側を被害者として擁護するのか?


原発事故の話でもまったく同じ構図である。被災者が『風評被害だ』と抗議するならわかるが、なぜか加害者側の政府機関や、東電側が『風評被害だ!』とのたまっている。意味不明である(それを真に受けてる国民も意味不明)。


むしろ被災者は放射能数値のモニタリングポスト撤去を行おうとする政府に抗議しているし、早々と補助を打ち切り、避難解除を命令する政府に不信感を抱いている。

それをあたかも被災者を代表したような口ぶりで『風評被害だ!』とぬかす人間たちの気が知れない。




長々と書いてきたが、どれもこれも、根がつながった問題であるのはわかっていただけたと思う。


とりあえず、この政権の暴走を止めぬことには『観光立国』への道は遠くなってしまうのは確かである。

web拍手 by FC2

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2019年1月 5日 (土)

セクハラ・接待なんのその。 罪人も『手腕(笑)』でポストの与えられる国・日本 一方、安倍さんは年末年始ゴルフ・会食三昧

※セクハラ官僚の部分について修正しました。福田違いでした。申し訳ありません。


 互いに意地の張り合いになってきた韓国船レーダー問題。アベが独断でカメラ映像を公開させたために問題がこじれた模様。


一番わからないのが、カメラ映像は政府要人や防衛省内で公開するならまだしも、一般公開してしまった点だ。哨戒機の性能や連絡方法・手順等が、全世界に周知されてしまったわけで、あまりメリットがあるとは思えない。


アベがまたぞろ支持率浮上、あるいは目くらましに国民を焚きつけるためにやらせたのでは、と疑ってしまう。


根本的な問題として、韓国と戦争になることなどありえるのか。


韓国はアメリカの主要な同盟国であり、日本とは同胞である。日本にも韓国にも米軍基地がある。喧嘩を始めたとして、この状況をアメリカがどう考えているか、何もアナウンスがない。


一部で韓国船を叩き潰せ!と威勢のいい人士たちがいるが、いきなり攻撃すればアメリカが黙っていないのはわかりそうなものだが。なんせ、日本には『主権がない』のだ。


さて、ある時は北朝鮮にケンカを売り、ある時は中国に、またある時は韓国にも喧嘩腰で挑む安倍政権であるが、アメリカとロシアにケンカを売ることはしないのである。


そんな政権では、一度(人により何度も)問題を起こしたオトモダチも、すぐに要職に復帰できることが知られている。


大金をポケットに入れた甘利や、献金を受けて説明しない下村、選挙法違反をしつつ辞めない片山さつき、ドリル小渕、責任を取らぬ麻生、パンツ大臣、レイプ犯山口ノリマキ・・・挙げていけば切りがないほどスキャンダルにまみれている。


過去セクハラで退職した官僚どのも茨城県の顧問として採用されることがわかった。なのに県はそれを発表しておらず、記者に聞かれて初めて分かったという。


さらには接待を受けて懲戒処分を受けた元文科官僚が東京オリ・パラ組織委に名を加えるという。どうなってる日本。

茨城県 セクハラ懲戒の元厚労省局長を顧問に 「それを上回るメリットある」 12/28(金) 8:39配信

>県厚生総務課などによると、顧問は非常勤で週2~3回の出勤。給与は月額30万円で、健康福祉行政についてのアドバイスなどを行うという。県は顧問への採用について発表していなかった。

>大井川知事は「県には医師確保など喫緊の課題があり、非常に有益なサポートを頂けると考えた」と述べ、採用に問題はないとの認識を示した。   福田氏について、厚労省は処分発表の中で、昨秋から今年2月にかけて、特定の女性職員に対し、食事に誘うメールなどを何度も送ったと説明していた。

セクハラ懲戒の人物を顧問に 茨城県の“言い訳”と医師事情 公開日:2019/01/06 06:00 日刊ゲンダイ

懲戒処分の元文科官僚が組織委入り 東京五輪・パラ 毎日新聞2019年1月3日 23時09分


セクハラ官僚、週2回の出勤で月額30万円! 県に話を聞けば、「セクハラ問題での悪イメージ以上に得られるメリットがある」とのこと。

へ~、すごいな~。茨城県では、女性職員はいないんですかねえ。

経歴を買ったというが、『専門家』などこの男でなくともいくらでもいるだろうに。単に人脈が欲しいだけではないか。

政府内部では、いかな犯罪を犯しても『手腕(笑)』があれば再びポストが与えられる模様。


そして加計問題で活躍したあの人も。

2019年1月13日(日) 柳瀬元首相秘書官が天下り 海外原発事業失敗 東芝関連会社に しんぶん赤旗

東芝による米国の原子炉メーカー、ウエスチングハウス(WH社)の買収を「画期的」と雑誌でのべるなど、柳瀬氏は後押ししていました。   東芝の子会社となったWH社は17年に経営破たん。東芝も債務超過に陥りました。   日本共産党の辰巳孝太郎参院議員は17年5月の参院経産委員会で「買収を高く評価したのが柳瀬さん、あなたなんですよ」と柳瀬氏を追及しています。   本紙の取材にダイナブック社は「どちらから(就任を)お願いしたかはお答えできない」と回答。再就職の経緯については「(柳瀬氏は)重要な役職の経験があり、本人の能力や知見、経験を総合的に判断した。本社業務に対して有益なアドバイスをいただけると期待して就任していただいた」と答えました。経産省は「(再就職は)承知している。適正に行われている」としています。

加計問題での答弁も酷かったが、東芝に米原発企業WH社の買収を後押ししていたのはコイツだったのか。あんなアメリカの不採算事業をアメリカの言われるままに買い取らせ、東芝を潰した戦犯である。

『重要な役職の経験があり』って、ダイナブック経営に何の関係が?また不採算事業を買収させて関連会社のダイナブックも潰す気かね?


もう主力の半導体事業まで手放した上に、今度は何を手放すのだろう。

今さらダイナブックは官邸の人脈を手に入れても立ち行かないだろうに、何の得があって柳瀬を天下りさせたのか。東芝にとって自社解体のレールを敷いた憎っくき仇であろうに、役員として迎え入れるなんて、どこまで愚かなんだろう。社員たちはどう考えてるんだろう。



高プロ通して残業時間上限をとっぱらったり、労働法改正で内部告発できにくいようにさせたり、入管法で『人手不足』だからと安上がりな労働者を募ろうとしたり、東京五輪ではボランティアを募って一人1000円で使い倒そうとしたり、政府は『労働者』をいくらでも替えの利くパーツと思っているようなのに、不思議な話である。



そのくせ平気で『人材不足』『人手不足』『有能なら即採用』というメッキ看板を掲げて世を謀っている。


人手が集まらないのは、相応の賃金を払わず、過重労働を強いているからだ。仕事募集のチラシを見ても、どこも介護・掃除・ごみ収集・建設現場などのきつい仕事しかない(しかも安い)。


新自由主義経済の悪い部分が顕著になっている。


今の経営者にとって『有能』なのは、上司に逆らわず、残業も喜んで行い、賃金の低いことに口を出さない従順な社員のことである。おまけに上司の意図を忖度し、企業を批判する者に攻撃してくれればもっとよい。


実は最も『替えの利く』職業のひとつが政治家と官僚である、と以前AIが答えを導き出したことが話題になった。


同時に、もっともホワイトカラーの仕事でもある、と報道されたこともあった。

しかし、政治家の中には、国会でペーパーを読むだけの単純労働されている方もいらっしゃるので、やっぱり替えの利く職業ではなかろうか。ペーパーを読んで、その中にない質問を受けたら「書いてない質問はするな!」と逆ギレする総理である。


そして、先日裁判沙汰になった『アベ選挙違反おにぎり騒動』であるが、何と不起訴になった。

おにぎり配布の福島市議を不起訴処分 17年の安倍首相演説時で 毎日新聞2019年1月4日 20時01分

>地検は処分の理由を明らかにしていない。


最近、政府に絡む事件で『不起訴』という文字ばかり見るようになった。そして必ず『地検は処分の理由を明らかにしていない』が来る。

検察ってなんのためにあるんだろう。世界からゴーンの拘留が『人質司法だ!』と批難されているのに、検察は意地になって再拘留を決めた。

そんなことに意地を張るなら、モリカケ問題で意地を見せろよ。弱いものいじめしているみたいでみっともない。戦前軍部がとりあえず反乱分子と決めつけて拘留し、虐待死させた過去を彷彿とさせる。三木清も獄中死した。

きっとこの国では政治的に都合の悪い者は長期拘留させて嫌がらせするのが『伝統』なのだろう。だから『伝統』に口を出されると意地になる。

一方、この年末年始、山本太郎は炊き出しに出て奉仕活動に専念していたそうで、この寒い中頭が下がる。ネットでは『売名行為だ!』とわめく者がいるらしいが、ならお前がやってみろと言いたい。

この寒さの中、売名のためであろうと、炊き出しを続けることがいかに体にこたえることか。

こういう慈善活動で支持を集めるのは古来よりの伝統だが、我が国の総理大臣、自民党議員はそうは思っていないようだ。

この年末年始のアベさんの行動を追ってみると、ゴルフ・スパ・高級会食三昧 IN HOTEL である。



首相動静―12月29日 2018年12月29日18時53分

>【午前】7時40分、千葉県袖ケ浦市のゴルフ場「カメリアヒルズカントリークラブ」。安倍寛信三菱商事パッケージング社長、岸信夫自民党衆院議員、松崎勲森永商事社長、増岡聡一郎鉄鋼ビルディング専務、籔本雅巳錦秀会グループCEOらとゴルフ。   【午後】3時48分、東京・富ケ谷の自宅。5時31分、東京・六本木のホテル「グランドハイアット東京」。6時29分、中国料理店「CHINAROOM」で成蹊大時代の友人と食事。同ホテル泊。


首相動静―12月30日 2018年12月30日19時31分

>【午前】8時7分、神奈川県茅ケ崎市のゴルフ場「スリーハンドレッドクラブ」。昭恵夫人、富士フイルムホールディングスの古森重隆会長夫妻とゴルフ。   【午後】4時7分、東京・六本木のホテル「グランドハイアット東京」。20分、「NAGOMIスパアンドフィットネス」で運動。6時31分、すし店「六緑」で、昭恵夫人や増岡聡一郎鉄鋼ビルディング専務らと食事。同ホテル泊。



首相動静―12月31日 2018年12月31日22時45分

>午前】10時、宿泊先の東京・六本木のホテル「グランドハイアット東京」内の「NAGOMIスパアンドフィットネス」で運動。   【午後】3時25分、東京・六本木の映画館「TOHOシネマズ 六本木ヒルズ」。昭恵夫人、母親の洋子さんと映画「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」を鑑賞。


首相動静―1月1日、2日 2019年1月2日19時15分

>【午後】2時47分、東京・六本木のホテル「グランドハイアット東京」。6時28分、

>フランス料理店「THE FRENCH KITCHEN」で昭恵夫人、母親の洋子さん、岸信夫自民党衆院議員ら親族と食事。8時55分、全員出る。同ホテル泊。   

▼2日   【午前】7時45分、神奈川県茅ケ崎市のゴルフ場「スリーハンドレッドクラブ」。経団連の御手洗冨士夫、榊原定征両名誉会長、渡文明JXTGホールディングス名誉顧問とゴルフ。   【午後】3時54分、グランドハイアット東京。6時32分、すし店「六緑」で昭恵夫人、夫人の父で元森永製菓社長の松崎昭雄氏らと食事。9時39分、全員出る。同ホテル泊。

首相動静―1月3日 2019年1月3日22時01分

【午前】11時12分、宿泊先の東京・六本木のホテル「グランドハイアット東京」内のレストラン「フィオレンティーナ」で、昭恵夫人らと食事。   【午後】0時1分、昭恵夫人と同ホテル周辺を散歩。16分、報道各社のインタビュー。17分、同ホテル。30分、「NAGOMIスパアンドフィットネス」で運動。4時53分、東京・富ケ谷の自宅。7時46分、麻生太郎副総理兼財務相。9時15分、麻生氏出る。

首相動静―1月4日 2019年1月4日21時45分

>4時46分、東京・永田町のザ・キャピトルホテル東急。レストラン「ORIGAMI」で秘書官と食事。


・・・。確かに自費であれば勝手に高い飯でも何でも食ってゴルフをすればいいが、本当に『自費』なのだろうか。

そういえば、麻生が高級店ばかり利用し、支払いは事実上税金だったという記事があった。


税金使うのと本質同じなのに 麻生氏団体 年2000万円「会合費」     2018年12月1日 朝刊 東京新聞

麻生財務相が2017年も「人の税金」で“愛人のクラブ”に792万円! 森友問題、公文書改ざんの渦中に リテラ

2018年12月18日(火) 安倍内閣 問題発言連発の閣僚 非課税の政治資金で豪華飲み食いの実態 1000万円超 三つ星店も しんぶん赤旗



なのでこのアベの飯代も、我々の税金であるという可能性は大いにある。


それにしても、一方の政治家がこの寒さの中、年を越せない人のための炊き出しを行う中、閣僚が贅沢三昧って違うだろ。個人の自由だと言う人もあるが、違うと思う。


彼らは国民によって政治を任された代議員であり、血税によって養われている。国民のために尽くす義務があるのだ。ポーズだけでも弱者に寄り添うこともできないのか?


飲み会を優先した挙句、被災地を後になって訪問し、安全なところで「頑張ってください」っていうだけなのか。

ここまで連日ゴルフをする首相。経団連の重鎮とも会っており、これだけ見ても利害関係者とのゴルフの弊害はわかりそうなものだが、連中はゴルフの解禁を言い出している。

超党派議連  法改正の動き「五輪へイメージ改善を」 利害関係者と国家公務員、ゴルフ解禁?     2018年12月31日 06時56分 東京新聞


ただでさえ一国の総理が利害関係者とのゴルフにかかりっきりなのに、それを合法的に解禁したらどんなことになるか(しかもアベは加計孝太郎容疑者ともゴルフした)。



彼ら富裕層は消費税を上げろ上げろとうるさいが、実際には彼らの納税額が少なく済んでいるという指摘がある。



庶民が払え。日本人富裕層の納税額が米国の半分以下という不公平 人気記事国内2018.12.04 MAG2NEWS

>主要国の個人所得税の実質負担率(対国民所得比)世界統計白書2012年版より     日本  :7.2% アメリカ:12.2% イギリス:13.5% ドイツ :12.6% フランス:10.2%  この個人所得税というのは、先進国ではその大半を「高額所得者が負担しているもの」です。

>つまりは、日本の金持ちの税負担は、先進国の中で一番低いわけです。しかも、かなりの差が開いてのワースト1位なわけです。

>所得税の税収が低いということは、高額所得者の税負担が低いということなのです。だから、ざっくり言えば、日本の金持ちは、アメリカの金持ちの半分以下しか税負担をしていないということなのです。もし、日本の金持ちが、アメリカの金持ちと同等の所得税負担をすれば、約40兆円の税収となるのです。今よりも、24兆円近くも増収になるのです


40兆円!増税で得られる税収がせいぜい数兆円だと思えば、とんでもない数字である。

金持ちから普通にとればこれだけ税収が得られるのに、なぜ政府は社会保障こそ諸悪の根源のごとく削ろうとするのか。自民支持者は考え直すべきだ。とはいえ、自民支持者は金持ちが多い。実は私の親類にも支持者がいるのだが、やはり金持ちだ(しかも子どもは読売社員。悪い人ではないのが悲しい)。

一部の金持ちにこの国は食い潰されようとしている。


おまけ。そういえば、ツイッターで辺野古工事の募集がかかってるぞ、と話題になっていた。

私も検索してみたが、本当にあった。基地工事かはまだ不明である。

353637

場所は辺野古。月給37万以上、経験者は40万、食事支給、社会保障完備、交通費支給、重機等の資格があれば尚可、5年ほどかかる工事――らしい。


これは基地工事の募集なのだろうか。『約五年ほどかかる予定の職場です』というところが気にかかる。


マンションやビル工事に5年というのは少々かかりすぎる。近所の病院が大規模リニューアル工事をして、巨大な老人ホームまで付設したのだが、それでも3年で終わった。

募集の書き方からして、五年で終わるかどうかあやふやな感じだ。

なんだかな、と新年早々複雑な気分になった。

web拍手 by FC2

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2019年1月 1日 (火)

あけましておめとうございます NHKへの違和感、相変わらず『外交のアベ』は平常運転

 新年、あめましておめでとうございます。


今年も歪んだ日本の姿について発信していく所存ですので、どうぞよろしくお願い申し上げます。 


 さて、昨日『ゆく年くる年』を見ていて違和感を覚えた。毎年この番組は、地方の名刹や参拝する人々の静かな姿を淡々と映し、年が改まる厳粛な空気が感じられて好きだった。


しかし、昨晩の内容はどこか局側の意向が反映され、やらせ的な匂いが感じられた。それに、なぜか東京スカイツリーからの放送。その後に被災地域の中継。いつもだったらアナウンサー自身が被災地から中継するのでは?と思った。


そして極めつけは零時ジャストで入った『新元号発表 安倍首相方針固める』のテロップ。一気に年越しの厳粛さが吹っ飛んだ。


前々から決まってたことを、なぜそのタイミングで?沖縄平和祈念堂が映った瞬間であった。


だいたい、『安倍首相方針固める』という文字、必要か? ふつう、『政府方針固める』ではないか? だいいち、別に零時ジャストで流すほどのニュースでもない。誰もが見ているから流したとしか思えない。


そもそも、その前にやっていた紅白も気に入らない。嵐が福島の飯館村に行った映像をさも復興が進んでいるかのように流していたが、問題はそこじゃないだろう。


政府がなぜまだ放射能除去の進まぬうちから、東電が数値を隠しているうちから、ガン検診を中止するとか言っていたり、汚染土を捨てる場所が見つからないのに、全国に公園や花壇土として再利用するとか言い出していること、果ては未だに山梨や秋田から基準値を超えるキノコ類が出ていることなど、問題が山積みなのだ。


復興に水を差すのか、風評被害だ、と善人ぶって言う人があるが、被災者でなく、事故を起こした政府や東電の側が『風評被害』という単語を使うことに違和感を覚えないのだろうか。


つい最近も、東電がタンクに貯蔵した汚染水の濃度について、誤魔化していたのが明らかになったばかりだ。本当に信用できる組織なら、あれから8年も経った段階でそんな真似はしない。


信用できる政府なら、事故を起こした東電を税金を使って助けたりしないし、海外に輸出したりしない。


政府が真実に蓋をしようとしているのを、なぜ公平・中立を主とするNHKが後押しするのか?


気持ちの問題にすり替えようとしているところが本当に卑怯だと思う。


事実をきちんと隠さず公表し、対策を進めるのが政府の務めだし、チェルノブイリでロシアが行った施策を一切行わないのはなぜなのか。故郷に帰れないのではなく、帰れなくしたのは政府の責任だ。耳の痛い『風評被害』を指摘する者の責任ではない。

NHKは政権の見解を垂れ流すだけが仕事なのか?随分簡単な単純労働である。高校生でもできそうなのに高給である。

一方、アベはさっそく今年もアホな年頭所感を述べている。


「日本の明日を切り開く」 首相が年頭所感     2019年1月1日 朝刊 東京新聞


『戦後日本外交の総決算を果断に進める』だそうで、岸信介の果たせなかった売国を完結させる決意を述べた。


容疑者の一人であるアベ夫人と一緒に動画に映り、「今年は歴史の転換点になる」とか何とか、妄言を垂れ流していた。きっと改憲のことだろう。

Photo


売国のために辺野古基地を推し進めるアベ。石垣市や萱野湾市など、アベの息のかかった市長は軒並み県民投票に不参加を表明、市民が怒っているのだが、県民に世論調査したところ、やはりという結果が出た。



辺野古、73%が県民投票に賛成 沖縄で電話世論調査     2019年1月1日 17時39分 東京新聞

>市長が不参加を表明している宜野湾市での賛成は約73%だった。
2019年1月3日(木) 新基地県民投票 実施“賛成”74% 沖縄県内意識調査 しんぶん赤旗

>調査で県民投票実施に「賛成する」と答えたのは、うるま69%、沖縄76%、宜野湾73%、糸満75%、宮古島63%、石垣は56%と、6市のどこでも50%を超えています。



ほれ見て見ろと言いたい。政府は県民投票が決まったら決まったらで、全力で工作を開始すると思うが、まずはその機会を奪おうとする辺りが小賢しい。何がそんなに困るのか。

そして戦後外交の総決算をするアベのロシア外交、本当に迷走している。

二年前にこうおっしゃっていたアベさん。

Photo_5



今年11月にはこうおっしゃり

「歯舞・色丹に米基地置かない」安倍首相、プーチン氏に 有料会員限定記事  2018年11月16日05時11分 朝日


12月にプーチンは疑問符。「本当かよ」と辺野古の現状を見て苦言を呈す。

プーチン氏「日本の決定権に疑問」 北方領土と米軍基地 有料記事  モスクワ=喜田尚 2018年12月21日02時00分 朝日


するとアベさん、年の瀬に弱音を吐露。「この案件は難しんだよ。国民もわかってると思うけど」と予防線を張った。

安倍首相、北方4島返還「国民、困難さをよく理解」 有料記事  2018年12月30日21時21分 朝日

>日ロ交渉について「今、残念ながら4島には日本の島民が住んでいない。ロシア人しか住んでいない中で、その帰属を日本に変えることの困難さを(国民に)よく理解していただいているのかなと見ている」と語った。



プーチン、それを悟ったか新型ミサイルの発射実験を公開、北方領土にミサイル基地を作る予定を表明した。

ロシア、北方領土に防衛線 ミサイル増強構想判明 平和条約交渉に影響も 会員限定有料記事 毎日新聞2018年12月30日


すると今度はアベさん、


在日米軍「敵対的でない」 安倍首相、露大統領に説明 毎日新聞2019年1月1日 19時04分

と北方領土に米軍基地置くかもだけど、「敵じゃないよ」と弁明。あれ?11月に言っていた「歯舞と色丹には基地置かない」はどこへ?


アベ外交とは矛盾との戦いである。

いくらタヌキの化かし合いと言っても、いい加減なことは言ったらいかん。


そして極めつけの捕鯨団体脱退。その愚をニューヨークタイムズにも指摘された。

日本はクジラ虐殺やめよ=IWC脱退再考求める-米紙 2019年01月01日 16時52分 時事通信

>地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」などからの離脱を表明したトランプ米大統領の政治手法との類似性に言及し、「それは日本が見習うべき手本ではない」と訴えた。


いや、本当にそれ。そんなことだけアメリカの真似すんなよ。それとも戦前軍部のリスペクトかね。


去年最後のニュースだったこれを考えると、本当に呆れるばかりだ。


超党派議連  法改正の動き「五輪へイメージ改善を」 利害関係者と国家公務員、ゴルフ解禁?     2018年12月31日 06時56分 東京新聞


これが今の日本のレベルらしい。

アベよ、頼むから今年は静かにしていてくれ。

web拍手 by FC2

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »