ブログ村

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« どこから突いてもダメな政府 末世の日本 自民はもう消えてくれ | トップページ | 政府『セクハラ罪という罪はない』を閣議決定。・・・だからそう言う事じゃないっての! »

2018年5月18日 (金)

遠い国イスラエル 撃ち殺されるデモ隊 子を殺すドローン しかしこれはアベが共同開発させたもの

          

Photo_2


上の写真はイスラエル軍がパレスチナデモ隊を追い払うため、催涙弾を落下させているドローンだ。現地で命がけの取材を続ける田中龍作氏が撮影した。(田中龍作ジャーナル http://tanakaryusaku.jp/


テレビの報道ではパレスチナ側に死者が60人ほど出た、という数字だけの報告がされるが、現地入りしている田中氏の記事を見ると、そんなものは人間の死を矮小化させる無謬だと自覚させられる。


よく知られているように、イスラエルは世界的にも精鋭の軍を持ち、男女ともに徴兵義務のある国だ。兵器開発に力を入れており、ガザ地区では日常的にドローンによる機銃掃射や催涙弾がパレスチナ人を襲う。


しかも日本はこのドローンをイスラエルと共同開発しており、まったく無関係ではない。むしろ加害者だ。


私はこのことを最近知り、アベ自民の罪深さに衝撃を受けた。


そもそもイスラエルは第二次大戦後、アメリカがわざわざユダヤ人のため、各宗教が聖地と争う『るつぼ』に作らせた国だ。米の軍需産業が支える国でもある。


今回トランプは事もあろうにエルサレムをイスラエルの首都と明言し、大使館を移動させた先は、朝鮮でいう板門店に当たる第一次中東戦争時の休戦ライン。エルサレムをイスラエルに明け渡せと言っているも同じだ。



ところで田中氏は一つ、面白い報告を書いてくれている。


GW中にアベが中東訪問した際、田中氏も取材に行っていたのだが、アベ一行が泊まるエルサレムのホテルで彼に声をかけてきた青年がいた。

ツアーコンダクターの青年で、『三菱御一行様』というプラカードを持っていた。田中氏が彼と話していると、スーツ姿のユダヤ人も話しかけてきた。

「アーユー、ミツビシ?」

田中氏はこれに否定も肯定もせず、

「武器をたくさん買ってくれますか?」

と英語で尋ねた。男は「メイビー(たぶん)」と答えたという。

さらに田中氏は踏み込み、

「戦闘機を?」

と尋ねると、警戒したのか、男はムフフと笑い返すだけだったという。


アベがアッバス議長と会談し、「イスラエルとの2国間共存に日本は援助を惜しまない」と口約束をした最中の出来事だった。


(【エルサレム発】安倍首相、F35戦闘機の三菱重工引き連れイスラエル訪問 パレスチナの神経逆なで http://tanakaryusaku.jp/2018/05/00018013



この話からはっきりしたのは、アベ一行はあまつさえ『蚊帳の外』にされた北朝鮮問題から逃げた挙句、三菱重工ら軍需産業の売り込みに出かけていたということだ。


おまけにアッバス議長には『アメリカと会談をするように(アメリカの言う事を聞け)』と伝え、イスラエルには『中東和平に協力する(パレスチナには譲歩させないと)』と『日本はどちらかというとイスラエル寄り』であると、世界に発信した。


確か、ジャーナリストの後藤さんがISに捕まった時も、イスラエルに行って余計な宣言をし、みすみす見殺しにした前科もある。


どこまでアベは金に汚いのか。それも人命を奪うもので金儲けをしようとする。


しかも、投石くらいしか武器のない、丸腰のデモ隊を無慈悲に撃ち殺すような国を全力で支持している。今はやりのドローンを、人を殺すために用いる国を、だ。


現地に行った他のジャーナリストからも、イスラエル兵の狙撃で息子を失った人が号泣するさまをツイッターで報じている。小さな女の子もドローンの催涙弾で殺された、と報じられている。


しかし、肝心の国連の職員はこのイスラエルの横暴に何もできないという。

田中氏の記事『【パレスチナ発】イスラエル軍は突然やって来て「72時間以内に家を壊せ」と命じた』の中で触れられていたが、UNOCHA(国連・人道問題調整事務所)の職員がやってきても、レポートを書くだけで何もしないのだという。


それは『村に入れなくなるから』だそうだが、見て見ぬふりをするなら別に村に入れなくても同じだろう、と思う。


イスラエルとアメリカは今や世界から孤立している。それをむやみやたらと迎合するのが安倍政権だ。


世界中から白い目を見られても、金が手に入ればそれでいい。いかに自衛隊や国民が恐ろしい目に遭っても、アメリカと自民が安泰ならそれでいい。それがこの政権の本音だろう。


安倍自民はかつてありえないほどの利己主義、破壊主義、営利主義を貫く政権なのだ。そりゃ日本の国富をばら撒くことも平気でするだろう。



誰が見てもおかしいイスラエルを止めようとしない日本は、それだけで信用されなくなる。


世界で唯一平和憲法を持つ日本だからこそ、今できることがあるはずだ。詭弁でも方便でも、『戦争をしないことで経済発展した』という実績とともに、戦争を行う愚を諭すべきではないか?


なのにアベは未だに『北朝鮮には対話よりも圧力』と言い、ミサイル訓練をやろうとする。

アメリカに会談するぞ、と言われてようやく『日朝会談だ』と言い出す始末。


アメリカに「右向け右」と言われ、「右を向かないわけにはいかない」アベ政権。



私たちは一体いつまで、こんなアホのために日本が汚されていくのを見続けないといけないのだろうか。

web拍手 by FC2

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« どこから突いてもダメな政府 末世の日本 自民はもう消えてくれ | トップページ | 政府『セクハラ罪という罪はない』を閣議決定。・・・だからそう言う事じゃないっての! »

国際」カテゴリの記事