ブログ村

最近の記事

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« いろいろ腹立たしいこの日本 その2 明治150周年についてのエトセトラ1 | トップページ | 安倍外交のご都合主義 ICAN事務局長の面会を断るが芸能人とブルガリで新年会 そしてロヒンギャ加害者の政府に『寄り添う』日本の倒錯 »

2018年1月 6日 (土)

いろいろ腹立たしいこの日本 その2 明治150周年についてのエトセトラ2

明治150周年についてのエトセトラ 1』の続き


ご存じのように、明治時代とは「廃仏毀釈」で荒れた時代だ。原田氏が述べているように、「長州型」政治は新たな国をまとめるため、天皇を神とする神道を無理やり作り出そうとした。

これまでと違う価値観において人心をまとめないと、またいつ幕府の残党が息を吹き返すかわからないからだろう。


しかしこの「神仏分離令」によって、本来の意図以上の暴走が人々の間に広がった。


『天皇も「一生の心残り」と悔やんだ、明治政府のある蛮行の記録 明治維新150年の光と影(2)』 真鍋厚(現代ビジネス2017.11.05.) http://gendai.ismedia.jp/articles/-/53392

天台宗総本山、比叡山延暦寺の鎮守神であった日吉山王社(現日吉大社・滋賀県大津市)では、

>ここでは、諸国の神官出身の「志士」たちからなる武装した一隊が、大津裁判所から伝達されている明治政府の「御趣意」に従え、と寺院側に詰め寄った。

>押しかけた一隊は実力行使にでて、神域内に乱入して土足で神殿にのぼり、錠をこじあけ、神体として安置されていた仏像や、仏具・経巻の類をとりだして散々に破壊し、積みあげて焼き捨てた。

そしてまた奈良の興福寺が一面破壊され、廃寺同然になってしまったのも有名な話だ。しかも仏像や経典・古文書などが二束三文で売り払われた上、なんとあの三重塔が30円、五重塔が250円で売りに出されたという無茶苦茶な話がある。


いくらなんでもこうしてやりすぎてしまうのが日本人だ。関東大震災後の朝鮮人大殺戮も同じパターンだ。デマを信じて頭に血が上り、ブレーキが利かなくなる。


中国の文化大革命での文化破壊や、ISの連中が自分たちのアイデンティティのはずのバーミヤン遺跡を破壊するのと同じ頭の悪さを感じる。


>各地の廃寺となった寺の数を知るだけでもその苛烈さが分かる。富山藩では、1600か寺以上あった寺院が6か寺にまで激減。薩摩藩でも1000か寺以上あった寺院が明治7年には全廃となり、藩内には一つの寺院も存在しなくなった。

>そもそもの無理は、千年以上の歴史を持つ「神仏習合」の文化を、「神」と「仏」に切り分けてしまおうとすること自体にあった。土着と外来の信仰が解きほぐせないほどに混淆したものにメスを入れれば、「流血」は避けられない。



明治とは、このような取り返しのつかない過ちを犯した時代なのだ。この時には、金欲しさに神社の森が神主らに売り払われていくのを南方熊楠が嘆いていた。

つまり、西洋から「金儲けのためにいろいろ売る」という「資本主義」が入ってきて、それをわけもわからず受け入れて売り買いをしていたのが当時の日本人だったのだろう。この安く買い叩かれた木々は、まんまと海外へ流れたことだろう。


明治というのは、最初から最後まで今の社会に影響し、いつもどこかで欧米が関わっている。どこまでも資本主義・下品な金の匂いがぬぐえぬ時代である。それは今の安倍政権において完全復活を遂げようとしている。それは「長州政治」を再興しようとする亡霊の仕業のように思えてならない。

再び日本はあの悪夢をなぞろうというのか。


『社説  文化の日の改称運動 復古主義と重なる危うさ』 毎日新聞2017年11月3日 東京朝刊 https://mainichi.jp/articles/20171103/ddm/005/070/041000c

>数年前から11月3日を「明治の日」に改称させるための政治活動が目立ち始めた。2011年に結成された明治の日推進協議会には、右派団体「日本会議」系の人びとが数多く名を連ねている。

>見過ごせないのは、安倍晋三首相と思想・信条が近い政治家が積極的に運動を後押ししていることだ。


しかも安倍はブラジル・サンパウロに『ジャパンハウス』なる 1)日本の「正しい姿」の発信(2)日本の多様な魅力の発信(3)親日派・知日派の育成 を目的とした施設を作っている。


『ジャパンハウス 開館 日本の歴史認識発信 ブラジル・サンパウロ』 毎日新聞2017年5月1日 東京夕刊 https://mainichi.jp/articles/20170501/dde/007/030/022000c


この間のサンフランシスコ慰安婦像問題に飽き足らず、この国は「誤った歴史」を全世界に発信したいらしい。そのうち海外から「あなたの国の歴史はこうですよ」と教えてもらわねばならなくなりそうだ。


世界中のテレビ番組で『あなたが日本に住まない理由』とか『ほんとはやばいよ日本人』などの『日本ヤベー』系の番組が好評を博しそうで私は今から戦々恐々である。

web拍手 by FC2

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« いろいろ腹立たしいこの日本 その2 明治150周年についてのエトセトラ1 | トップページ | 安倍外交のご都合主義 ICAN事務局長の面会を断るが芸能人とブルガリで新年会 そしてロヒンギャ加害者の政府に『寄り添う』日本の倒錯 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事