ブログ村

最近の記事

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
無料ブログはココログ

« 公用メール廃棄 官僚「私の認識では私的メモ」「メールを公文書にすると言うと上司に反対される」 この血税泥棒の低モラル | トップページ | 安倍政府、ついに年金開始年齢70歳以上を射程に 死ぬまで働かせて社会奉仕 »

2018年1月17日 (水)

ICAN事務局長、議員たちと会談 佐藤外務副大臣「核禁止条約は『アメリカ』の核抑止力の正当性を損なう」 向こうは被爆国『日本』の取組みについて聞いているのに

 さっき報道ステーションを見ていて、日本の議員のレベルの低さに顔から火の出る思いだった。来日中のフィン事務局長と我が国の議員たちが討論会を行ったのだが、自民議員の発言には本当に情けなさを感じた。


以下、そのことについて論じてみたい。


【報ステ】ICAN「日本も核兵器禁止条約に参加を」(2018/01/16 23:30)
http://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000118818.html

>フィン氏は、日本も核兵器禁止条約に参加すべきだと呼び掛け、日本が核兵器禁止条約に参加した場合の効果や影響について国会で調査してほしいと訴えた。これに対し、佐藤外務副大臣は「核兵器禁止条約が核廃絶という崇高な目的を掲げるものでも、参加すればアメリカによる核抑止力の正当性を損なうことにつながる。核兵器禁止条約に署名はできないが、現実的に核軍縮を前進させる道筋を追及する」と答えた。

ICAN事務局長 核兵器禁止条約への参加を呼びかけ(テレ朝ニュース 2018/01/16 17:19)  http://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000118784.html

>自民党は「核の抑止力を含めた防衛体制を取らないと国民の命を守れない」。立憲民主党は「国会のなかで議論を提起していきたい」と述べるなど、各党の立場の違いが目立ちました。


見ていると希望の玉木がなぜか英語で発言していたり、軍拡路線の単細胞・佐藤や日本医師会会長の息子・武見だかが出ていて「なんじゃこりゃ」と思わず声が出た。


特に佐藤ら自民議員の言い分がおかしすぎて、よりにもよって自民はどうして彼らをフィン氏に会わせたのだろう、と首を捻った。


そもそも問題なのは、安倍政権は『日本が世界からどう見られているか』という視点が徹底的に欠けているところだ。


今回フィン氏が来日したのは、ノーベル賞受賞の理由である、『核のない世界へ向けた貢献』のため、世界唯一の被爆国である日本の、その被爆地を見るためだ。


爆心地である広島・長崎においては、各市長が『核なき平和』を世界へ訴えてきた。それを安倍が認めるか認めないかは関係なく、全世界は日本を『唯一の被爆国である日本が核なき世界を目指して努力している』と受け取っている。


ノーベル賞委員会がICANを評価したのも、被爆者でもあるサーロー氏がその思いを受け継ぎ、発信しているからだ。

つまり、世界にとって日本は、平和憲法を持ち、核兵器を持たず、自分からは侵略戦争を行わない、核兵器のない未来へ向けて頑張っている国なのである。


だからフィン氏が今日の会談で「日本が核軍縮の問題におけるリーダーとなる素晴らしいチャンスだ。この問題に取り組む国として日本ほどふさわしい国はない」と言ったのである。


そこを勘違いしていたのが安倍率いる自民党だった。私が冒頭で『恥ずかしい』と言ったのはそこである。



なぜならフィン氏は「平和憲法を持つ被爆国日本としては、これからどうやって核軍縮への道筋をつけますか」と聞いているのに、佐藤は

「参加すればアメリカによる核抑止力の正当性を損なうことにつながる。核兵器禁止条約に署名はできないが、現実的に核軍縮を前進させる道筋を追及する」

とトンチンカンなことを答えたのだ。


「アメリカによる核抑止力の正当性」など誰も聞いていない。


大体、署名すると正当性が失われるというが、核をなくすことが全世界の悲願であり、核軍縮こそ目的なのだから当たり前だろう。『現実的に』核軍縮するとはこれいかに? そう言っている間に次々核保持国が増えていっているのですが。


しかもトルコやインドなどに原子力売りに行ってる自民が言う?
Cv8eampusaal8mx


アメリカの属国だというのならそう発言すればいいだろうが、日本は建前上は独立国だ。アメリカとはただの同盟国なのだから、こんな王様の顔を窺うような言い方をして質問から逃げることもあるまい。


実際、禁止条約に署名した国の方が多く、核の傘に頼らぬ未来について語った方が世界の株も上がるだろう。



さらには武見の「核の抑止力を含めた防衛体制を取らないと国民の命を守れない」などと、耳を疑う発言が飛び出したのが情けない。


これでは「核軍縮はしません」、取り方によっては「我が国も核配備を考えていきます」と言っているに等しい発言である。その考えはあなた個人の考えですか、それとも政府としての公の見解ですか、と尋ねたくなった。



フィン氏、ひいては世界から見れば、『平和憲法の国』日本が、核軍縮について意見を求めると、『核兵器の正当性』を説き出したわけで、訳がわからないはずだ。『ギャップがある』と彼女が述べたのも当然のことだ。


フィン氏はあくまで『平和憲法ありき』で語っているのに対し、自民党はどうも『すでに改憲後で場合によっては核保持も可能な日本』で語っているように映る。まったく議論が噛み合っていない。


(現に自民はロシアまで射程に含むミサイルや空母の導入、電子攻撃を可能にする設備を検討している。これは専守防衛を旨としてきた現行憲法の趣旨を超えた、敵基地攻撃能力の保持である)。


武力行使も視野に入っているのは自民党内の勝手な妄想で、現実は国民のだれもが現政権下での改憲を望まず、自衛隊志望者も激減している最中だ。勝手に前のめりになっている姿勢を、よりにもよってノーベル平和賞受賞者の前で開陳してしまうとは、本当に恥ずかしい話なのである。


フィン氏は何も政府与党と日米同盟のあり方や核配備・軍備増強論を論じに来たわけではない。『核なき世界』について論じにきたのだ。

そしてアメリカ様の都合云々ではなく、『日本の』の在り方を聞きに来たのだ。たとえ同盟が足かせになろうと、本気で核なき世界を実現させたいなら、その道筋をきちんと示すべきだ。

それが平和賞受賞者への礼儀であり、誠意だと思う。


つまり、『お前はどうするんだ? 一生アメリカの核の傘の下で生きていくつもりか。それなら永遠に核兵器はなくならないと思うが』という世界の疑いの目に、どうやって応えていくかという話だ。



誠意と言えば、フィン氏の面会要請に対する回答も酷かった。


「それ以上それ以下でもない」などと、何様のつもりか。平和賞はノルウェー政府公認であり、いわばノルウェー平和大使のようなもので、世界的権威もある(とはいえノルウェーはNATO加盟国で署名はしていない。しかしきちんとフィン氏と会って祝意を示している。つまり賞の権威は認めているのだ)。


だからいちいち政府は日本人のノーベル賞受賞にこだわるのだろうに。あのオバマだって平和賞受賞者だ。彼に向かって同じことが言えるか?という話だ。



自民一強の狭い中にいるせいで、菅さんも夜郎自大になっているようだ。

web拍手 by FC2

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« 公用メール廃棄 官僚「私の認識では私的メモ」「メールを公文書にすると言うと上司に反対される」 この血税泥棒の低モラル | トップページ | 安倍政府、ついに年金開始年齢70歳以上を射程に 死ぬまで働かせて社会奉仕 »

国際」カテゴリの記事